エントリー

カテゴリー「GS1200SS」の検索結果は以下のとおりです。

洗車

IMG_0099.JPG

淡路島ツーリングを労って洗車とチェーンメンテを実施した。

また明日から雨予報で暫く乗れないけれど、次回の出撃に備えて万全の状態で待機。

バイク部活動報告 (淡路島一周編)

D9 #1氏、D2 #4氏と某所で待ち合わせ。淡路島一周ツーリングに行ってきた。雨男は卒業したので、梅雨の真っ只中でも曇り→晴れの天候。

まずは、D2 #4氏のニューマシンを拝見。戦闘的なフロントマスク。コンパクトな車体にモンスター級のパワー。同級生のY氏もやってきて暫し歓談。

IMG_0058a.JPG

いざ、高速に乗って淡路島へ。淡路島南ICで降り、一般道で西岸を北上。軽トラ地獄にはまりながら、昼頃に北端の「道の駅あわじ」に到着。

海鮮丼を食す。

淡路牛バーガーも食す。

怪しげなドリンク「スーパーハイオク」を飲む。味はチェリオやデカビタみいたいな感じ。飲み残してバイクに積んでいたら、40分でホットハイオクになった。温めるとスーパー不味い。

帰りは東岸を南下。たこせんべいの里へ。お土産購入。バイクへの積載に悩んだ。

さらに南下。細い対向峠道や舗装状況がイマイチな海岸通りを経て、沼島汽船のターミナルで休憩(仕事が入ったので作業)。

最後の目的地は「道の駅うずしお」下から大鳴門橋が見られる。

ファミレスで夕飯を食べて解散。

本日の走行距離:273.4km/走行時間:6時間50分(休憩・信号待ち除く)

明日は背中が筋肉痛(予定)。

お疲れ様でした。

ボックスシートテール(改)

GS1200SSのボックスシートテールは小物入れを兼ねているのだが、穴が後ろにあり、荷物の出し入れはいちいちボックスを外す手間が要る。しかも開口部が小さいので実用的では無い。容量はそこそこあるのに勿体ない。

そこで、以前ウェブサイトで見つけた改造をBright Logicさんに依頼。本日戻ってきた。

前面に穴を空け、カーボン製の蓋を左右2個のカウル止めファスナーで固定している。

蓋を外すとこんな感じ。裏からでは入らなかった合羽とブーツカバーが出し入れできた。

オイル交換

夏に向けてオイル交換。自分でやるのは初めてだが、D9 #1さんの作業が参考になった。まずは、オイル4L、オイルジョッキ、廃油処理パックを購入。

6月~9月の暑い時期を乗り切るため15W-50を選択。銘柄は安価で無難なCastrol POWER1 4T。油冷エンジンとの相性も悪くないそうだ。

十分な暖機後、ドレンボルトを外すと、真っ黒なオイルが・・・。

2.5L入れてみて暖機。エンジンを止めオイル窓を見ながら少しづつ足して行く。こういう作業時につくづくスタンドを買っておいて良かったと思える。GSは最終的に3L弱のオイルを飲み込んだ。

早速近所を試乗してみたが出足は堅い印象。その分、油温計の上昇は緩やか。夏の間はこれで乗って、秋口には少し良いオイルを奢ってみようと思う。

B003PGO566
大澤ワックス
BOLL オイルジョッキ フタ付 GC-1
価格:¥ 491
(2019年11月現在)
評価:5つ星のうち3.4 3.4

Amazonで見る
B00LMR86WE
AZ(エーゼット)
オイルパック 4.5L 廃油処理用〔オイル吸着剤〕(CB001)
価格:¥ 473
(2019年11月現在)
評価:5つ星のうち4.1 4.1

Amazonで見る
B002TUORWG
カストロール(Castrol)
POWER1 RACING 4T 10W-50 4L 二輪車4サイクルエンジン用全合成油
価格:¥ 4,080
(2019年11月現在)
評価:5つ星のうち4.3 4.3

Amazonで見る

GS1200SSピンバッチ

その存在は知っていたものの手に入れる術が無かったピンバッチ。偶然深夜のネット徘徊で見つけて即、衝動買いした。

海外で製造されたものらしいが、このマイナー車(しかも青白!)を選んで製品化した勇気に拍手。

手頃な価格で輸入販売してくれたDouble Artさんにも感謝。

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ