エントリー

Hengyijia 25mm F1.8

先日のデイキャンプで、X-M1とFILTER LENSの組み合わせを持参。距離を調整しながらバイクを撮ったりするのは問題なかったが、テーブルフォトが全然ダメ。F8とはいえ、フォーカス固定レンズで万能に撮るのは無理があった。

他のレンズか、XQ2でも持っていけば解決するところだが、安価な組み合わせで雑に撮りたい欲があって、雑な中華レンズを雑に注文してみた。

DSCF7093.JPG

今回購入した 25mm F1.8というレンズは、複数の中華メーカーから同じ外観で出ている定番品。恐らく中身も一緒。ただし、ブランド力に差があったり、代理店が仕切っていたりして値段に格差がある。Neewerや7artisans名義だと一万円前後で販売されている代物が、ヘンイージア名義なら Amazonで5,980円!レンズフードの他にUVフィルターやレンズポーチまで付いていた。(レンズの前周に「DISCOVER」と印刷されており、Hengyijia製かどうかは怪しい。)

DSFP1223.JPG

▲X-Pro3 + Hengyijia 25mm F1.8  (PROVIA/ISO=320/F=1.8)

指標はアテにならないし、絞りがデクリック式。裾が広がるデザインの鏡筒がFXマウントに合ってないなど、細かい不満点もあるが、X-M1とのマッチングは良い。フードとフィルターは使わず、薄型のレンズキャップに交換してコンパクトに運用する、

DSFP1227.JPG

周辺減光と湾曲が出るが、オールドレンズ風の味わいと捉えれば悪くない。6千円でこれだけ映れば文句無し。ピントリングの感触も良く、かなり寄れるのも魅力。

DSCF7094.JPG

▲X-M1 + Hengyijia 25mm F1.8  (VELVIA/ISO=400/F=1.8)

DSCF7096.JPG

▲X-M1 + Hengyijia 25mm F1.8  (PROVIA/ISO=100/F≒5.6)

B06VTK8HZM
Hengyijia
25mm F1.8 シルバー FXマウント
価格:¥5,980
(2022年05月現在)
評価:5つ星のうち3.8 3.8

Amazonで見る
B00CCKE8MW
ETSUMI
ワンタッチレンズキャップ 46mm用 E-6492
価格:¥201
(2022年05月現在)
評価:5つ星のうち4.2 4.2

Amazonで見る

吸気系カスタム第二弾

これまでカスタムした中で、特に効果的だったのがパワーインテークダクトの交換。変化が如実に感じられ、「吸気系のカスタムは効く」と刷り込まれた。今回はもう一歩踏み込んで、エアファンネルと、エアフィルターの交換に挑む。

まずは、カウルとタンクを外す。予め計画的にガソリンを減らしておくと作業が楽。

DSCF0097.JPG

続いて、エアクリーナーボックスを丸ごと車体から外す。予習した手順通りに繋がっているダクトなどを取り、無事外れたらスロットルからエンジン内にゴミが入らぬよう、養生テープやタオルで塞いでおく。

DSCF0100.JPG

ここからは、しばし屋内で作業。エアクリーナーボックスを開け、接着剤でガチガチに着けられている純正ファンネルを除去する。事前調べで苦労しそうな作業工程としてマークしていたが、一個外せばコツが分かった。

DSCF0102.JPG

綺麗になったら、いよいよ新しいファンネルを組み付けて車体へ。フレームの隙間からイモネジを回さないといけないので、取り付け角度が重要。

DSCF0103.JPG

クリーナーボックス内を掃除機で清掃してから、新しいエアフィルターを装着。取付寸法が同じ車種間で共用されることが多いパーツだが、このメーカーは、それぞれの車種に対して専用の設計。さすが、WORLD SBK御用達のMWR。

あとは、逆の手順で戻し作業。各部を再チェックして完了。この後、蓋をしてガソリンタンクを乗せるので、見えなくなってしまうのが勿体ない。

DSCF0107.JPG

※追記(翌日試走):街乗りでは低速域で若干のトルク減が感じられたが、RAPiDBIKEが燃調に介入してくれているのか、違和感無く乗ることができた。0km/hからの加速にも大きな差異は無し。本領を発揮するのは高回転時。伸びが凄まじく、排気量アップくらいのインパクトがあった。実にけしからん。


TRICKSTAR
エアファンネル ZX-25R AF-034-J
価格:¥ 39,600
(2022年5月現在)

Yahoo!ショッピング

MWR
エアフィルター ZX25R KWMC-040-20-HE
価格:¥ 16,720
(2022年5月現在)

Yahoo!ショッピング

デイキャンプ⑦

久々にD9#1さんとデイキャンプ。昨年6月以来のホーム(門入ダム)。ここまで水位が低いのは初めて。

DSCF7081.JPG

▲X-M1 + FILTER LENS 24mm (PROVIA/ISO=200/F=8.0)

到着後直ぐに米を炊き、今回の秘策であるカツ丼を調理。出汁を入れた鉄板に、自宅から持参した玉ねぎを敷き詰め、スーパーで購入したトンカツを乗せて温める。

IMG_1414.jpg

一旦ご飯の上にトンカツを避難させ、卵で閉じた玉ねぎを掛けて完成。なかなかうまく出来た。

IMG_1415.jpg

今週中に出来るだけガソリンを減らしておく必要があり、門入ダム初見参のZX-25Rで出陣。新しいシートバッグにフル積載だったが、特に問題なく快適に走行できた。

DSCF7090.JPG

▲X-M1 + FILTER LENS 24mm (VELVIA/ISO=640/F=8.0)

阿波町の人気店「イタリアンジェラート ドルチェ」で食後のデザート。チョコマーブル×麦(はったい粉)をチョイス。

IMG_1427.jpg

本日の走行距離:79.5km。お疲れ様でした。

FUJIFILM X-M1

2013年発売のX-M1は、フジXマウント最初期のエントリー機。ビューファインダーを省いたコンパクト設計ながら、X-Pro1譲りの1630万画素 ローパスレス仕様 X-Trans CMOSを搭載する。数カ月後に登場した廉価版のX-Aシリーズに統合される形で後継モデルは発売されず、一代限りの生産となった。

この年式の入門用カメラとしては先進的で、チルト液晶やWifiを搭載。最新のカメラと比較しても操作性で大きく劣る事はない。なお、バッテリーも現行機で広く使われているNP-W126Sと互換性があるので心配無用。

プラスチック筐体で重厚さや高級感は無いが、とにかく軽量。FILTER LENSやWtulensを使えばポケットサイズ。

DSCF0095.JPG

但し、不満も少々。まずは、フィルムシミューレーションが5種類のみである点。これは、X-E1との差別化のためか?画像エンジンに一世代古いEXR Processor IIが採用されていることが原因。そして、カスタムの範囲が狭いところ。(具体的には、マウントアダプター設定で任意の焦点距離が入力できるのが下位2つだけだったり、Qボタンメニューの並べ替えが不可だったり。)

当初はオールドレンズ用に使うつもりだったが、トイレンズやコンパクトプライムシリーズ、あるいはXCレンズを付けてフォーカスを気にせず撮る方が快適だと思う。

DSCF7040.JPG

▲X-M1 + FILTER LENS 24mm (PROVIA/ISO=200/F=8.0) 

B00DLQU1OK
FUJIFILM
X-M1 シルバー F FX-X-M1S

評価:5つ星のうち3.7 3.7

Amazonで見る

ゴーゴーカレー

リヤショック交換で体感性能が向上したC125に乗って隣県まで走行。

今月22日に営業を終了するゴーゴーカレー屋島パークまで行ってきた。

IMG_1403.jpg

四国唯一の直系フランチャイズ店だったが、惜しくも四国から消滅。当面、松茂の赤から(金沢カレー研究所)だけが頼りとなってしまう。

IMG_1404.jpg

20220607.jpg

本日の走行距離:99km

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ

AD