エントリー

イージーラッパー

現在は廃番となっているが、KTCでマルチバンドという商品があった。50cm×7cmの布バンドで、裏地と表地が面ファスナーのようにしっかりくっついて、音なく剥がれる不思議な素材。3年以上経っても殆ど劣化していない。

_DSF0485b.jpg

この素材がパソコンやカメラを保護するラッピングクロスとして普及しているようなので、SサイズとMサイズを一枚づつ買ってみた。Mサイズの方は何となくPENTAX製。

IMGP0272.jpg

カバンの中で物同士がぶつかって傷つくのを防ぐため、インナーバッグを多用していたが、これならそれほど重くならず、コンパクトに纏まる。

IMGP0273.jpg

B015DMWGJC
ジャパンホビーツール
イージーラッパーS (28×28cm) ブラック JHT9574-SBK
価格:¥1,810
(2021年10月現在)
評価:5つ星のうち4.7 4.7

Amazonで見る
B07VKRCP4D
PENTAX
イージーラッパー M (35×35cm) ブラック/グリーン O-CC179
価格:¥2,218
(2021年10月現在)
評価:5つ星のうち4.3 4.3

Amazonで見る

ドレスアップパーツ

ドレスアップパーツを2点追加。

フレームホールの剥き出し感がずっと気になっており、Ducati Scramblerでも使っていたフレームホイールキャップを取り付け。機能的には殆ど意味が無く、洗車時に水が入りにくくなる程度。

_DSF0484.jpg

続いてタンク上部のガードプレート。本来は、伏せた姿勢でヘルメットとタンクが接触して出来る傷、凹みを軽減するためのパーツ。この場所にグローブやヘルメットなどを置くことが多かったり、スマホの充電ケーブルが当たったりするので、それらによる傷を防ぐのが主な目的。カーボンステッカーだと”感じ”が出ないので購入してみた。

_DSF0483.jpg

B09C65X4M3
SNIPER
ZX-25R フレームホールキャップ ゴールド SP0132GD
価格:¥7,480
(2021年10月現在)

Amazonで見る

A-TECH
ZX-25R タンクフロントプレート 綾織ドライカーボン クリア塗装済
価格:¥ 7,569
(2021年10月現在)

Yahoo!ショッピング

Duet Display

コンパクトに持ち運べるGPD microPCは最高に便利だが、流石に6inchモニタは小さくて狭く、様々な工夫をしながら使っている。そんな中、簡易なサブモニターとしてiPadが使えるのでは?と思いついて検索してみると、Duet DisplayというアプリがWindows PCに対応していることが分かった。

とりあえず、アプリを購入(期間限定50%OFF=1,220円)してiPadにダウンロード。microPCの方にもWindows用アプリ(無料)をインストール。双方起動してUSBケーブルで接続・・・。

IMG_1233.jpg

数秒待つとiPad miniが拡張モニターとして認識され、デスクトップ画面が表示された。Photoshopを使ってみると、若干のもたつきはあるが、安定して動いている。しかも、microPCでは使えないタッチ操作やPencilでの入力が可能。これなら戦力になる。

IMG_1237.jpg

更にDuet Airでワイヤレス接続化できるが、こちらは年間契約で毎年約2,000円かかる。有線接続に比べて安定感が幾分落ちるだろうし、使用頻度を考えると勿体ない気がする。試用期間があるので、どこかのタイミングで使ってから決めたいと思う。

ZX-25Rツーリング

コロナ禍で疎遠になっていた愛媛の知人から「新車を買った」と連絡があり、久々にツーリングすることに。なんと、そのバイクがZX-25R!先方もこちらが乗り換えた事を知らず、奇しくも同車種二台で走ることになった。

AM9:00に道の駅 土佐さめうらに集合。中土佐町の黒潮本陣を目指すことに。439号を西へ向かい、須崎西IC~中土佐ICの無料区間のみ高速道路を使用。AM11:00前に到着した。

IMGP0262.jpg

先約にバイクの大所帯が居たが、それほど待たず、お目当てのカツオにありつけた。

IMGP0264.jpg

食後は横浪黒潮ラインを走行。武市瑞山銅像に寄った。その後は、高知市街を縦断してイワサキで休憩。大豊町まで走って解散。

納車一週間で慣らし運転をあっさり終了。普段からハイスピードツアラーに乗り慣れているとあって、ペースが速く、置いていかれる場面もしばしば。お疲れさまでした。

IMGP0268.jpg

211010.jpg

本日の走行距離:391km

装備: フィンジャケット、EXPジーンズ

SIGMA 60周年記念

SIGMA創立60周年記念のTシャツが届いた。9月9日に行われた24mm F2 | 90mm F2.8の新製品Webプレゼンテーションで山木CEOが着ていたもの。当初はスタッフ用に制作されたものらしいが、その場のリクエストに応え、鶴の一声で販売が決まった。

前面はSIGMAのロゴがシンプルにプリント。左肩に60th ANNIVERSARYと小さく入っている。

_DSF0476.jpg

背中に大きくSIGMAフォントで「60」。60周年=還暦ということで赤!

_DSF0477.jpg

それから、少し前に届いていたハンカチ。オンラインショップ登録者にキャンペーンで配られたもの。60(年)に続いて、720(月)→21,915(日)→(時間)→(分)→(秒)と書かれている。うるう年はもちろん、うるう秒までしっかり計算されている。

_DSF0450.jpg

α200と一緒に望遠レンズを買って以来、AマウントからEマウントに乗り換えても、気づけばSIGMAのレンズは常に所有している。価格や性能はもちろん、サポートが素晴らしく今後も世話になるつもり。最近はコンパクトなレンズが増えてきたので、是非フジXマウントにも参入してくれると嬉しいのだが・・・。

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

過去ログ