エントリー

ミツバサンコーワ EDR-21

バイク用ドライブレコーダーを購入。ミツバサンコーワといえば、初期よりバイク用ETC車載器を製造しているメーカー。CB400SBに同メーカーのETCを付けて以来、乗り換えるたびに移植しながら使っているが、9年間不具合なし。防水、防塵、耐震動性能は折り紙付きで、その実績を買った。

購入したのは、GPS無しの前後2カメラバージョン。液晶モニタは無く、スマホとWiFiで繋いで、専用アプリで設定、管理するタイプ。カメラが大きいので躊躇していたが、思っていたより安く売っていたので衝動買い。

到着前日にACC電源の取り出し口を作っておいたこともあって、サクッと取り付け完了。リヤカメラは、ナンバープレートホルダーに3mmのネジ穴を切り、両面テープとネジでガッチリ固定。ケーブルは、フェンダーレスキットに添わせる形で車内へ引き込んだ。

DSC00011.JPG

フロントカメラは、掟破りのココ↓↓。すぐ上に外気温センサーがあるので、何か影響が出れば移設を考えるが、収まりが良いのでかなり気に入っている。但し、一度取り付けるとカメラの角度調整が困難。

DSC00013.JPG

本体はリヤシートの下。キャリアを取り付ける際に、フェンダーを外す必要があるため、それを考慮して両面テープではなく、ベルクロで固定している。

DSC00021a.JPG

ETC車載器とサイズが近く、重ねてベルクロバンドで固定しみた。

DSC00020.JPG

スイッチ/インジケーターは、ハンドルのスイッチボックスの上。ポリパテで小さな土台を制作して貼り付けた。

DSC00034.JPG

取り付けてすぐテスト走行。設定は素の状態で、時刻合わせすらしていない。

フロントカメラ

リヤカメラ

PC用のアプリをダウンロードすれば、前後の映像を同時再生しつつ、3軸Gセンサーの波形を見ることができる。(GPS付きであればマップ表示も使える。)

一応16GBのmicroSDが付属してはいるが、1時間ほどで満杯。扱うファイルが大きく、大容量のものが欲しい。

B07VP9DG18
ミツバサンコーワ
バイク専用ドライブレコーダー 前後2カメラ EDR-21
価格:¥ 27,314
(2019年12月現在)
評価:5つ星のうち4.0 4.0

Amazonで見る

APS-C復帰

半年前にα7IIIを購入し、フルサイズ環境へ移行。レンズまで資金が回らず、55mm+85mmという偏った構成となっている。次に欲しい「寄れる広角」は手ごろなAPS-C用レンズで補い、クロップモードを併用する手はどうか?と考えていた。そうすると、いずれ買うであろう望遠ズームは尚更APS-C用の方が・・・。

折しもα6600の登場で、先代のα6500が一気に安くなり、α6400も中古市場で見るようになった時期、軽量化に加え、差額でレンズの拡充が見込めるメリットもあるので、α6x000シリーズへの復帰を画策し始めた。レンズは残す方針で、マウントは変えず、「ボディ内手振れ補正搭載のα6500」 vs 「現行機でAF性能が優れたα6400」の2択。迷いに迷って、先にレンズの方から決めることにした。

選んだのは、Sonnar T* 24mm F1.8 ZA。APS-C専用の割に高価ではあるが、中古市場へ回って適正価格に落ち着いてきた印象。最短撮影距離0.16m。シンプルかつ高級感のある外観は、Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZAにソックリ。

DSC00280.JPG

同時購入するつもりだった2本目のレンズは保留とした。コンパクトなE 35mm F1.8 OSSか、フルサイズ用のFE 35mm F1.8のどちらかを加え、(35mm換算)36mm-52.5mm-82.5mm-127.5mm を純正レンズのf1.8で揃える予定。どちらも人気のため、急がず、頃合を見て追加する。

そして、ボディは所有レンズが全て非OSSで、今後SIGMAやTAMRONにも手を出しやすい点、そもそも動画や動きものを撮る機会が少ない点、大きめのレンズを付けた時のホールド感、などなどを考慮してα6500に決めた。

DSC00281.JPG

レンズ込みでα7IIIボディ単体の重さと変わらず軽快。確かに、AFの精度は少し落ちる印象だったが、カスタムキーで「フォーカススタンダード」や「ピント拡大」を充てるなどして対応すれば大丈夫そう。予備バッテリーや充電器はα6000時代に買ったものがそのまま使える。

B01MG8FE20
ソニー(SONY)
α6500 ILCE-6500
価格:¥ 91,100
(2019年11月現在)
評価:5つ星のうち3.9 3.9

Amazonで見る
B006HC8D04
ソニー(SONY)
Sonnar T* 24mm F1.8 ZA SEL24F18Z
価格:¥ 78,180
(2019年11月現在)
評価:5つ星のうち4.8 4.8

Amazonで見る

日立スチームオーブンレンジ MRO-VS7 R

夏のエアコンに続いて家電が故障。

先週、電子レンジを使用中に突然電源が落ちて使えなくなった。一瞬ブレーカーを疑ったが、他の家電は動いている。棚から出して色々試してみたが復旧せず、完全に壊れている・・・2004年製造の15年選手。これまでよく頑張った。

無いと困るので、早急に調べて検討&即決。サイズと価格と機能のバランスから「MRO-VS7」に決めた。暫く見てない間に、過熱水蒸気オーブンレンジが安くなっていて驚いた。

IMG_9985.jpg

冷蔵庫、ガス台、洗濯機あたりもベテラン選手なので、突然の故障を考えておかなくてはいけない。

B07G3W7YMD
日立(HITACHI)
スチームオーブンレンジ 22L MRO-VS7 R
価格:¥ 28,800
(2019年11月現在)
評価:5つ星のうち3.9 3.9

Amazonで見る

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ