エントリー

テストラン

最近購入したDJI ACTION2と、ダウンベストのお試しを兼ねて一区間だけ高速道を走行してきた。

カメラ位置を前回より6~7cm前へ出し、モジュールなしの本体のみをマウント。最も狭い画角で撮影している。(1060p/60fps/HS)

ダウンベストは今頃の気温が丁度良く、薄手の防風生地のジャケットとの組み合わせが正解。ソフトクリームも全然余裕の暖かさ。

IMG_1282.jpg

それから、本日はINDUSTAR-22も持参。グルグルボケが出て低解像。クラシッククロームで撮ると、いかにもオールドレンズ然とした味が強調される。

_DSF0574.JPG

_DSF0573.JPG

NEW PC

自宅のメインPCは8年目。途中、メモリを追加した程度で何のトラブルもなく、快適に使ってきたが、Windows11のアップデート対象から外れており、Photoshopも前回のVer.辺りから雲行きが怪しく、そろそろ限界と見て新調することにした。

2台連続、足掛け16年に渡ってShuttleのベアボーンキットを使ってきたので、今回も...と思ったが、世界的な半導体不足もあってか、9月に出るはずだったキューブ型が未だに国内未発表、発売未定という状況。気長に待っても居られないので、イチからパーツを集めて組むことを決断。

IMG_1273.jpg

光学ドライブやHDDなど、使えるパーツは現行のメインPCから移植し、ケースも16年前に使っていたサーバーケースを再利用。新たに購入したのは、以下の6点。マザーボードはZ590の標準的なもので、グラフィックはCPUに依存。但し、CPUと電源には余裕を持たせて、メモリは多めに積んだ。オーバークロックはせず、安定性重視の方針。

マザーボード : MSI MAG Z590 TORPEDO
CPU : Core i7 11700 (Gen11)
CPUクーラー : 虎徹 MarkII
メモリ : crucial DDR4-3200 32GB×2
M.2 SSD : CSSD-M2B5GPG3VNF (PCIe4.0/500GB)
電源 : FSP HGS-750M (750W)

将来的に拡張するにしても、パーツを交換すると、外したものが無駄になったり処分するのが非効率的に思える。予めベースを高めに設定しておき、必要に応じてストレージやメモリ、グラフィックボードを追加しつつ長く使う作戦。

B0919G4VXD
MSI COMPUTER
MAG Z590 TORPEDO [Intel Z590チップセット] MB5246
価格:¥17,980
(2021年11月現在)
評価:5つ星のうち4.3 4.3

Amazonで見る
B08X6QHYDL
Intel
Corei7-11700 8コア 2.50 GHz LGA1200 
価格:¥39,900
(2021年11月現在)
評価:5つ星のうち4.5 4.5

Amazonで見る
B072PWL5YF
サイズ
CPUクーラー 虎徹 Mark II
価格:¥3,291
(2021年11月現在)
評価:5つ星のうち4.6 4.6

Amazonで見る
B07ZLD6Q1G
Crucial
DDR4 3200 (PC4-25600) 64GB kit (32GB×2) CT2K32G4DFD832A
価格:¥33,278
(2021年11月現在)
評価:5つ星のうち4.7 4.7

Amazonで見る
B07X9Y917M
CFD販売
PG3VNFシリーズ 500GB M.2 2280 (NVMe) PCIe Gen4 x4 CSSD-M2B5GPG3VNF
価格:¥7,980
(2021年11月現在)
評価:5つ星のうち4.6 4.6

Amazonで見る
B08MZB5CNG
FSP
FSP 80+ GOLD ATX セミモジュラー 電源 750W [ HGS-750M ]
価格:¥8,764
(2021年11月現在)
評価:5つ星のうち4.4 4.4

Amazonで見る

iPhone 13 mini

IMG_0064.jpg

Rec Mount Plusのケースが発売となったので、iPhone 11からiPhone 13 miniに乗り換え。容量は256GB、カラーはスターライトを選んだ。iPhone11は、ケース込みで200gオーバー。常々大きくて重いと感じていたので、miniはベストの乗り換え先。画面が0.7inch小さくなる以外は、全方位で性能が向上している。

オイル交換&悪魔の装備2021→2022

朝夕寒くなり、一発目のエンジンの掛かり具合が若干もたつく感じになってきたのでオイル交換を実施。走行距離は前回から+1,100kmの3,600km。

慣らし運転終了後に入れたULTRA G2の感触がよく、今回もと思ったが、新パッケージから10W-40に変更されており、ULTRA G3(10W-30)を投入。

IMG_1269.jpg

そして、毎年恒例のハンドルカバーを装着。これで今年の冬も安心。

_DSF0569.jpg

B001D3422A
Honda(ホンダ)
ウルトラ G3 SL 10W-30 4サイクル用 1L 08234-99961 [HTRC3]
価格:¥1,850
(2021年11月現在)
評価:5つ星のうち4.5 4.5

Amazonで見る
B07J6B4Q52
大久保製作所
MARUTO スーパーカブ専用ハンドルカバー HC-SPC003 黒
価格:¥2,878
(2021年11月現在)
評価:5つ星のうち3.9 3.9

Amazonで見る

カメラマウント

カメラをマウントすべく、ステムホールにボールマウントを設置してみたが、カメラを付けた状態では、鍵の抜き差しが面倒で、キーホルダーの擦れる音も拾いそう。何より運転中の視界に入って邪魔なので却下した。他に何か良い方法は無いか?と考え、スマホとカメラの位置を入れ替えてみることに。

まず、ステムホールマウントのボール部分だけを外し、GoProマウントに付け替え。そこにREC MOUNT+を取り付けて、丁度同社が販売している「R+Moto4-1725」のような形にした。スマホの画面が見やすく、メーターの視認性も変わらず、鍵の抜き差しも問題ない。続いて、そのスマホホルダーがあったマウントバーにカメラベースを固定。

IMG_1267.jpg

直進中は、カメラ全体がスクリーンの内側に入るので風切音対策にもなるし、USB電源ソケットが近く、給電しながらの録画にも対応可能。とりあえず、このフォーメーションで行ってみる。

_DSF0567.jpg

走行テスト(2.7K/60fps/HS)から切り出した画像。伏せたポジションからの視点っぽくて良いのでは?

IMG_0058.jpg

B07DH6SCP2
REC-MOUNT
C13 ステムホール マウントベース φ17-25mm用[RM25-C13]
価格:¥3,360
(2021年11月現在)
評価:5つ星のうち4.3 4.3

Amazonで見る

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

過去ログ