エントリー

APS-Cレンズ再編

使用頻度の少ないSonnar T* FE 55mm F1.8 ZAを下取りに出し、APS-Cレンズと交換。

確かにFE 55mm ZAは素晴らしく、フルサイズ機を買ったら最初に揃えるべきレンズの一本だと思うが、APS-C機で使うと82.5mm相当になるし、寄れないという欠点も相まって用途が限られる。しかも先日、外観が似ているE 24mmとFE 55mmを間違えて持ち出し、旅先でファインダーを覗いて、ようやく気づくという間抜けな事例が発生して参った...。
暫くフルサイズに戻る予定も無く、このまま防湿庫で眠らせるより、取り回しの良い広角レンズに交換した方がカメラ自体の使用頻度も上がるだろうと、手放すことにした。

新たにやってきたレンズは二本。

DSC00420.jpg

一本目は、α6500購入時に迷った「E 35mm F1.8 OSS」。画角が52.5mm相当になるので、まさにフルサイズに於けるFE 55mm ZAのような使い方が想定される。小型軽量で携帯しやすい標準単焦点。

二本目は「E 16mm F2.8」。リーズナブルな広角パンケーキ。ワイコンと組み合わせて、超広角に振ったり、小ささを生かしてα6x00をコンデジのように扱ったりという使い方になる。

以前、E 20mmで使っていたPENTAXのフジツボフードを装着してみた。

DSC00331.jpg

これで現在のレンズラインナップは 16mm、24mm、35mmの単焦点3本。ここに後々、望遠ズームを加える予定。本命は70-350mm Gだが、ダブルズームキットの55-210mmでも十分な気がしている。

B009Z3PBAC
ソニー(SONY)
E 35mm F1.8 OSS SEL35F18
価格:¥40,108
(2020年04月現在)
評価:5つ星のうち4.6 4.6

Amazonで見る
B003M0D0P2
ソニー(SONY)
E 16mm F2.8 SEL16F28
価格:¥20,518
(2020年04月現在)
評価:5つ星のうち4.1 4.1

Amazonで見る
B00ETMCNZK
PENTAX
レンズフード MH-RE49 シルバー
価格:¥3,000
(2020年04月現在)
評価:5つ星のうち4.8 4.8

Amazonで見る

桜ソロツー2020

C125からStreet Tripleに乗り換え、毎年行っている峠へ。満開。

DSC00365-2.jpg

DSC00393-2.jpg

DSC00418-2.jpg

DSC00370.jpg

K-4574 フローシューズ

2016年モデルのフライシューズが傷んできたので、久々にライディングシューズを新調。

DSC00353.jpg

所有しているライディングシューズが全てブラックということで、今回は派手な色を選択。以前ヴェントシューズにラインナップされていたサックスが復活したので選んでみた。BOAシステム採用でフィット感が上がっていることから、サイズを1cm上げて丁度良く感じた。

 

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

過去ログ