エントリー

カテゴリー「カメラ」の検索結果は以下のとおりです。

レンズフィルター

新しいレンズが来るのでフィルターを購入。

一枚目は可変NDフィルター。開放での白飛び軽減に必要なものではあるが、可変式は高価なものだと数万円するので、レンズ径に合わせて揃えるのは大変。最近のレンズに多い67mmなら使い回しが効きそうだし、お手頃価格のK&Fならということで試しに買ってみた。アマゾンプライムデーセールで25%オフだった。

もう一枚は保護フィルター。67mmはPRO1Dが余っているので、そちらを使うつもりだったが、何かの間違いか?という値段で投げ売りされていたULTIMA WRを見つけて思わず購入。Amazon.co.jp限定版は、撥水防汚コートがされているらしい。他のサイズは未だ手に入るようだが67mmは瞬殺だった。

B07GGW2NDW
K&F Concept
可変式 NDフィルター ND2-ND32 67mm
価格:¥5,920
(2020年10月現在)
評価:5つ星のうち4.2 4.2

Amazonで見る
B074MCNZ16
ハクバ
ULTIMA WR 67mm AMZCF-WRUTLG67 撥水防汚加工
価格:¥4,070
(2020年10月現在)
評価:5つ星のうち4.4 4.4

Amazonで見る

フルサイズレンズ

SONYのコンパクトフルサイズ機、α7cが間もなく発売。

α7iiiからα6500乗り換える原因となったサイズ問題が解決するので、これを機にフルサイズに復帰する方針。但し、初値は高すぎるし、モーターサイクルショーの中止発表など、活躍の場が延期されているので、焦らずじっくりタイミングを見計らって移行する。

とりあえずα6500は保持したまま、レンズの方からお引越し。使用頻度の高いSonnar T* E 24mm F1.8 ZAと、フルサイズや他のマウントでも使えるGIZMON Wtulensだけ残して他は下取り要員に。

最初に揃えるのは、広角か標準域の単焦点。(FE 24mm F1.4 G Master、FE 35mm F1.8、Batis 2/40 CF、Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA、MACRO APO-LANTHAR 65mm F2)の五本が候補。

乗り換えるまではα6500で使うことから、55mmや65mmだと狭いし、G MasterだとSonnar T* Eと画角が被るので、コストパフォーマンスの高い純正35mmか、Batis 2/40が有力。

B07HSSRJ9D

SONY
FE 24mm F1.4 GM
価格:¥165,900
(2020年10月現在)
評価:5つ星のうち5.0 5.0

Amazonで見る

B07V3PS92L
SONY
FE 35mm F1.8
価格:¥65,990
(2020年10月現在)
評価:5つ星のうち4.5 4.5

Amazonで見る
B07J2644H2
Carl Zeiss
Batis 2/40 CF
価格:¥158,400
(2020年10月現在)
評価:5つ星のうち4.1 4.1

Amazonで見る
B00FYOF61K
SONY
Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
価格:¥87,999
(2020年10月現在)
評価:5つ星のうち4.6 4.6

Amazonで見る
B074W73GFC
VoightLander
MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical
価格:¥97,680
(2020年10月現在)
評価:5つ星のうち4.4 4.4

Amazonで見る

潜水橋

給油ついでに近所の潜水橋で一枚。

DSC00610a.jpg

α6500 + SIGMA Contemporary16mm ISO100 F2.8 1/3200sec (Crop)

TOSHIBA Flash Air W-04

古いデジカメには、今や当たり前の機能が無いこともある。当然のことなので割り切っているが、どうしてもワイヤレス転送だけは欠かせない。これが、RICOH GXR時代(約10年前)から愛用していたEye-Fiさえ使えれば、何の問題もなかったが、既にサポート終了。サードパーティ製アプリなども消滅して使えなくなっていた。

その代役として選んだのがFlash Air。こちらも既に生産を終了しているが、KIOXIAに引き継がれて細々とサポートは続いている様子。探せば何とか製品も買える状態だったので、第四(最終)世代の32GBを購入した。この世代のみ「Eye-Fi連動機能」が搭載されているのがポイントで、Eye-Fiに対応していたカメラであれば、データ転送中の電源停止を防ぐ事ができる。

DSC00578.JPG

PC用のツールでファームウエアを最新版に更新し、Eye-Fi連動機能をON。続いて、カメラ本体の設定を変更することでスマホに自動転送されるようになった。

DSC00579.JPG

PENTAX QではMFレンズを扱う事もあり、写真をその場でスマホに転送して詳細に確認できるようになったのは便利。

B072SL62HV
東芝
Flash Air SD-UWA032G
価格:¥6,475
(2020年08月現在)
評価:5つ星のうち4.2 4.2

Amazonで見る

Q-S1用貼り革キット

引き続きPENTAX Q S-1。

さすがにピンクやイエローであれば躊躇していたが、シンプルなホワイト/ブラックなら慣れるだろうと、状態の良さを優先して購入。しかし、どうしても好きになれず。何故わざわざ、40パターンの中からパトカーみたいな色の組み合わせを選んだんだろう?と、腹が立ってきた。

このままでは、ボディをもう一台買い足しそうな勢いなので、カスタムの方法は無いか?と調べると、市販の貼り替えキットが存在し、合皮部分のカラーチェンジが可能とのこと。Photoshopで入念にシミュレーションして、牛本皮のベージュリザードを注文した。

「練習用」と称してブラウンのレザーシールが同梱されていた。これも良い色なので練習用には勿体ない。使わず取っておく。

DSC00570.JPG

カッターの刃先で黒いシートをめくり、端の方からゆっくり剥がしていく。ネジ穴や窪みを埋める小さなパーツが多数。無くさぬよう慎重に。なお、剥がしたシートは伸びるので再利用不可っぽい。

DSC00571.JPG

シートはピッタリサイズ。溝に沿って、端からヘラで押さえて定着。綺麗に貼ることができた。

DSC00572.JPG

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

過去ログ