エントリー

FUJIFILM X-M1

2013年発売のX-M1は、フジXマウント最初期のエントリー機。ビューファインダーを省いたコンパクト設計ながら、X-Pro1譲りの1630万画素 ローパスレス仕様 X-Trans CMOSを搭載する。数カ月後に登場した廉価版のX-Aシリーズに統合される形で後継モデルは発売されず、一代限りの生産となった。

この年式の入門用カメラとしては先進的で、チルト液晶やWifiを搭載。最新のカメラと比較しても操作性で大きく劣る事はない。なお、バッテリーも現行機で広く使われているNP-W126Sと互換性があるので心配無用。

プラスチック筐体で重厚さや高級感は無いが、とにかく軽量。FILTER LENSやWtulensを使えばポケットサイズ。

DSCF0095.JPG

但し、不満も少々。まずは、フィルムシミューレーションが5種類のみである点。これは、X-E1との差別化のためか?画像エンジンに一世代古いEXR Processor IIが採用されていることが原因。そして、カスタムの範囲が狭いところ。(具体的には、マウントアダプター設定で任意の焦点距離が入力できるのが下位2つだけだったり、Qボタンメニューの並べ替えが不可だったり。)

当初はオールドレンズ用に使うつもりだったが、トイレンズやコンパクトプライムシリーズ、あるいはXCレンズを付けてフォーカスを気にせず撮る方が快適だと思う。

DSCF7040.JPG

▲X-M1 + FILTER LENS 24mm (PROVIA/ISO=200/F=8.0) 

B00DLQU1OK
FUJIFILM
X-M1 シルバー F FX-X-M1S

評価:5つ星のうち3.7 3.7

Amazonで見る

関連エントリー

ページ移動

コメント投稿

登録フォーム

:

:

:

:

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ

AD