エントリー

独立リーグGCS 2019

勝った方が2019年の独立リーグ日本一となる大一番を観に行ってきた。

ルートインBCリーグ優勝「栃木ゴールデンブレーブス」を迎え撃つのは、四国IL優勝「徳島インディゴソックス」。ここまでの対戦成績は2勝2敗。4戦全て2点差以内(延長戦2試合)という互角の内容。

18:00のプレイボールに若干遅れて入場すると、既に一死満塁の大ピンチを迎えていた。この場面で、元ヤクルトの飯原誉士がセンターへ犠牲フライを打ち上げ、栃木がアッサリ先制。直後にダブルスチールを決められてピンチが続くと、6番の原田元気に甘く入ったストレートを左中間へ運ばれ二者生還。初回から重い3点が入った。

負けられない徳島は、先発の安藝を諦め、ここでなんと!エース竹内裕太を投入。竹内は2日前に先発し、7回125球を投げて勝ち投手になっている。7番 佐藤を見逃し三振に斬って後続を断った。

DSC00198.JPG

徳島はその裏、ヒットと2つの四球で一死満塁。5番 横溝に期待がかかったが、セカンドへボテボテのゴロ。何とか併殺は免れて1点を返した。

そして2回裏、崎ブライアンと友居の連続二塁打で1点差に詰め寄ると、5回裏は一死一三塁から、またも横溝がボテボテのセカンドゴロを打って同点。続く6番 吉田翼が前進守備のレフト頭上へ鋭い打球。一瞬追いつかれたかと思ったが、これがレフトオーバーのタイムリーツーベースとなって勝ち越し。

栃木のレフトは元阪神の西岡剛。この日は攻守に精彩を欠き、走塁死や落球もあった。

DSC00221.JPG

試合は竹内が無失点のまま最後まで投げ切って、ついに歓喜の瞬間。

DSC00251.jpg

DSC00252.jpg

牧野塁監督は就任1年目で日本一。

DSC00283.JPG

DSC00309.JPG

DSC00310.jpg

関連エントリー

ページ移動

コメント投稿

登録フォーム

:

:

:

:

ユーティリティ

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

過去ログ