エントリー

タグ「Voigtlander」の検索結果は以下のとおりです。

Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5

α9用の二本目レンズで広角単焦点を検討。またColor Skoparが安く出てないか?と見て回ったが、そう都合よく何度も出会う筈は無く、代わりにSUPER WIDE-HELIAR 15mmを買ってみた。

コンパクトでα9との相性抜群。金属のフードは脱着不可ながら、58mmのフィルターを付けるとレンズキャップの収まりが良かった。

IMGP0137.jpg 

曇天の中、試し撮り。絞ってパンフォーカスという使い方になるのでF4.5で十分。歪曲は少なく、風景だけではなく建築物を被写体にしても良いと思う。

引くと空や地面が広く写って開放的。とりあえず撮っておいて、後からトリミングという使い方もいいだろう。

DSC00307.jpg

一転、寄るとパースが効いて立体感のある写真になる。

DSC00310a.jpg

APS-Cモードにすれば22.5mm相当で、Color Skoperの代用という想定。画角や最短撮影距離がテーブルフォトに丁度いい。超広角レンズは眼中に無かったが、使ってみたら面白かった。

B01C8BI6GS
コシナ
Voightlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 ASPHERICAL III E-mount 233034
価格:¥84,364
(2020年11月現在)
評価:5つ星のうち5.0 5.0

Amazonで見る

レンズ沼

4月に購入した2本のレンズの内、「E 35mm 1.8 OSS」の方は軽くて使い勝手が良く、評判通りの写りで大変気に入ったものの「E 16mm F2.8」の方はイマイチ。コンパクトさを生かしてα6500のレンズキャップ代わりとして携帯し、コンデジっぽく扱えるのでは?と期待して購入してみたものの正直この画質であれば、iPhoneで十分と考えて売却。

また、「RX0II」もバイクにドラレコを付けたことや、屋内でのブツ撮りがα6500+E 24mm F1.8 ZAで完結している状況を踏まえ、役目を終えたと判断。こちらも下取りに出すことにした。代わりにラインナップに加わったのが以下の3本。

dsc00528.jpg

まずは、ずっと検討していた望遠ズーム。それほど使用頻度が高くないことから、高価なレンズは避けて「E 55-210mm F4.5-6.3 OSS」の中古品にした。以前所有していたα6000のWズームキットに付属していたもので、その色違いを買い直した形。写りはそこそこだが、ピントが速い軽量望遠。

img_0415.jpg

続いて、明るい広角「SIGMA Contemporary 16mm F1.4 DC DN」。E 16mmとRX0IIを売却したことで手薄になった広角域を補強。若干重いので敬遠していたが、開放から解像するレンズということで、屋内や夜空の撮影で活用。

img_0416.jpg

最後は「Voigtlander COLOR-SKOPAR 21mm F3.5 Aspherical」。昨年の今頃、某オークションで買って、カメラ店の下取りに出す間の一瞬だけ所有していたレンズ。テスト撮影した画像を見直し、改めて手元に置きたくなった。APS-Cなら31.5mm相当という絶妙な画角になり、レンズが揃ってきた今なら余裕を持って遊べるレンズになると思う。巡り合わせ良く、今回も破格で入手出来た。

img_0414.jpg

3本中2本が買い直しという沼。

B00I0O7VXC
ソニー(SONY)
E 55-210mm F4.5-6.3 OSS APS-C専用
価格:¥20,000
(2020年06月現在)
評価:5つ星のうち4.3 4.3

Amazonで見る
B077BWD2BB
シグマ(Sigma)
16mm F1.4 DC DN Contemporary C017 Eマウント APS-C専用
価格:¥40,400
(2020年06月現在)
評価:5つ星のうち4.7 4.7

Amazonで見る
B07JGNJGR7
コシナ
Voigtlander COLOR-SKOPAR 21mm F3.5 Aspherical E-mount
価格:¥75,100
(2020年06月現在)

Amazonで見る

Voigtlander Color Skopar 21mm F3.5

α7IIIの2本目のレンズとして、小型軽量の広角単焦点を検討中。

狙っているのは、NOKTON CLASSIC 35mm F1.4だが、その在庫を検索をしているうちに、破格のCOLOR SKOPAR 21mm F3.5を見つけた。正直なところ、某カメラ店の買取見積より安かったので、少し使って気に入らなければ、下取りに出してNOKTONに交換すればいいやという打算が働いて購入してみた。

というわけで、一先ずお試し。

DSC00086.JPG

開放値をあえてF3.5に抑え、小型化に徹したレンズということで、携帯性は抜群。広角ながら歪みも気にならないし、20cmまで寄れるのは重宝しそう。また、MFとはいえ、2m以上は無限遠となるので風景スナップを手軽に撮ることができる。

ピント合わせは簡単だし、よく写る。

DSC00058.JPG

RAW現像も試してみた。金属接点付きでデータが残るので、Lightroomなどでレンズプロファイルが自動で適用される。

DSC00065.JPG

被写体が近くても全体が収まるので、モーターサイクルショーなどで良さそう。しかし、そうなるとRX0IIの携帯性と速写性の方が勝っているので、どちらを選ぶか悩ましい。

もう数日使ってみて、どうするか考える。

B07JGNJGR7
コシナ
Voigtlander COLOR-SKOPAR 21mm F3.5 Aspherical E-mount
価格:¥ 75,777
(2019年11月現在)


Amazonで見る
  • 1

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

過去ログ