エントリー

タグ「UMPC」の検索結果は以下のとおりです。

GPD MicroPC

定期的に小型ノートPCを衝動買する病。

DSC00830.jpg

現在の持ち出し用ノートPCは、1年半前に購入したOneMix3s(写真左)。性能面に不満はないが、アルミ筐体は屋外での取り扱いに気を使う。特にOneMix3は底面が薄いようで、机の角にぶつけて打痕傷を作ってしまった。以降、持ち出す際はセミハードケースを使っている。

GPD MicroPC(写真右)は、この手の中華系ミニPCとしては珍しく、筐体にABS合成樹脂製を採用しているのが特徴。元々はネットワーク技術者向けのマシンで、LANポートやRS-232端子など、多様な入出力端子を持っている。性能は必要最低限。6インチの画面はタッチパネルですらない。しかし、その潔さが「ミニPCのサブ機」という超特殊な条件にピッタリ合った。

CPUの変更とSSDの容量が増えた2021年版も出ているが、あえて気兼ねなく使い倒せる旧型のリファービッシュ品を購入。旧型とはいえ、4コアのCeleron N4100、メモリ8GB、ストレージはM.2 SSD 128GB。軽作業程度なら問題なさそう。不安があるとすれば、画面のサイズを補えるだけの目の性能を保てるかどうか。

右上部分をタッチパッドが占拠する、変わった形のキーボードだが、両手で持ち上げた状態で打ちやすく、その体勢でカーソルを操る様がリブレットを思い出させた。

B08YN3W2R9
GPD
MicroPC 2021 天空パッケージ版
価格:¥62,800
(2021年04月現在)

Amazonで見る

OneMix3s お出かけセット

OneMix3sが安定して使えていることから、いつでも持ち出せるよう、環境を整えた。

まずはスタイラスペン。タブレットスタイルで使うと細かなタッチ操作が厳しく、やはりペンが必須になる。Surface互換らしいので、適当なペンを買ってみたら挙動がおかしい・・・どうやら相性が良くないらしく、純正品を買い直した。電池が海外規格の単六型(AAAA)という点だけがイマイチ。

続いてマウス。これまで、小型のものや薄型のものを色々試しているが、もう一つしっくり来ていない。新たに折り畳みできる、サンワのBTマウスを購入。折り曲げると電源が入る仕組みになっているのが面白い。

最後はケース。バイクで持ち出すことを前提に考えて強度を重視。無印良品の 公式オンラインで投げ売りされている ãƒãƒ¼ãƒ‰ã‚±ãƒ¼ã‚¹ (中)を選んだ。iPad miniを意識したサイズ感の商品で、厚さだけ懸念していたが、まるで専用ケースかのごとくピッタリ収まった。

IMG_9959.jpg

ここに先日購入したANKERのモバイルバッテリーと、USB-Cケーブルを加えてお出かけセット完成。

B07SZ8H3PQ
ONE-NETBOOK
スタイラスペン OneMix 3/3S/3S
価格:¥ 3,000
(2019年11月現在)
評価:5つ星のうち4.0 4.0

Amazonで見る
B07RRZMPJZ
サンワダイレクト
Bluetoothマウス 400-MA120W
価格:¥ 2,280
(2019年11月現在)
評価:5つ星のうち3.2 3.2

Amazonで見る

One-Netbook OneMix3S

フルスペックのPhotoshopが出るということで、期待してiPad Proを購入。しかし、発表から一年越しで登場したアプリが、まるで試作品レベル・・・これから機能を増やしていくというが、長らく待っていただけに失望が大きく、iPadは売却することに。

代わって購入したのが、One-Netbook社のOneMix3S。

2年間愛用しているGPD Pocketと比べて、幅が24mm、奥行が23mm増えているが、3.6mm薄くなっているため、体積比では約11%の大型化に留まっている。但し、重量は35%増の650g。片手で持ってタブレットスタイルで使うには少し重い。

DSC00267.JPG

中身の進化は著しく、小型PCだからといって割り引いて考える時代は終わった。ストレージがeMMCからPCIe SSDになったことでモッサリ感が消え、指紋認証も相まって起動が速い。更に、第8世代 Core m3-8100Y CPUと16GBメモリ搭載で、かなり処理に余裕が出た印象。パフォーマンスを下げた状態でもPhotoshopが快適に動作している。

B07T28VW7P
ONE-NETBOOK
OneMix 3S m3-8100Y / 16GB RAM + 512GB PCIe SSD 
価格:¥ 116,999
(2019年11月現在)
評価:5つ星のうち3.5 3.5

Amazonで見る

LOOX U 再び

今更ながら、Windows XP環境が必要になり、保有しているLOOX Uを引っ張り出してきて、何とか動かないものかと試行錯誤。故障箇所は分かっているのだが、メーカー修理は高額だし、内部部品を入手することもできずにお手上げ。仕方なく、オークションで別の中古PCを物色することに。

目に止まったのがLOOX U/B50。保有しているU/C40より半年前に出た機種で、標準OSがWindows Vistaという代物。U/C40と性能的に同じもので、例え正常に動かなくても部品取りに使えると見込んで落札してみた。

右がU/B50。本体色とOSのシールが違うだけの同等品。

DSC00156.JPG

裏蓋を開けて部品を移植するつもりだったが、その前にU/C40のリカバリディスクを使ってU/B50の方にXPをインストールしてみたところ、何の問題もなく、あっさりと起動。その後SERVICE PACK3までインストールして、暫く動かしてみたが全く問題なし。ネット環境には繋がないので、このまま運用する。

当時10万円以上した小型PCが2台並んで手元にあるのは不思議な感じ。

GPD Pocket

IMG_9955.JPG

Windows CE機の初代モバイルギアに始まり、Libretto100、VAIO C1、Eee PC、LOOX U、W3-810、Vivotab Note8と、UMPCやWinタブレットを乗り継いできた。現在はスペック重視でLET'S NOTE RZ5を使いつつ、PORTABOOKをオモチャとして手元に置いている。

GPD Pocketは、小型PC好きとしては見逃せない一台だったが、LET'S NOTEに不満が無いのと、昨年末にPORTABOOKの投げ売りに乗ってしまったのでクラウドファウンディングへの出資は見送った。
ところが、国内正規販売が開始されると知ったのをきっかけに、散々レビューを読み漁って物欲が復活。初期に出ていた不具合もだいぶ解消されているらしいので、購入してみることに。

 

メインメモリ8GB/ストレージ128GBにマルチタッチパネル採用。さらにモバイルバッテリーからの充電が可能ということで、望んでいたスペックが全部詰まっている。それが僅か500g!!乾電池駆動で白黒液晶だったモバイルギアが約400gだったことを思えば、技術の進歩に驚愕する。

LOOX Uと比較。幅は約1cm大きいが、奥行きが約2.5cm、厚さも約1cm~1.5cm小さい。

IMG_9957.JPG

キーボードの配列など、UMPCならではの使いにくさがあったり、起動直後にWiFiが不安定だったりしたが、ドライバのアップデートと、アプリによるカスタムで快適に動作。早速週末に持ち出してみて、LET'S NOTEの代わりが務まるか試してみる。

B073R8FZNZ
GPD
GPD Pocket

評価:5つ星のうち3.9 3.9

Amazonで見る

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

過去ログ