エントリー

タグ「NOLAN」の検索結果は以下のとおりです。

NOLAN X-LITE 2021

201006.jpg

今年もX-80x系は、モデルチェンジせず、X-803で4年目に突入。予想通りコンポジットファイバー版が廃止となり、全てULTRA CARBONになった。注目点は、RSのレプリカモデルが増えたことくらい。

ペトルッチ、デイビス、カネットが新グラフィックで、リンス、ストーナー、チェカは継続。moto2のバスティアニーニ、レミー・ガードナー、SBKのリナルディなど次世代の有力ライダーが他メーカーに移って、目新しさが出なかった。

NOLAN X-LITE 2020

NOLAN/X-LITEの2020年モデルが本国でリリース。来年もX-803のままモデルチェンジは無く、3年連続の継続販売となる模様。ただし、従来のコンポジットファイバー版は大幅に縮小され、レプリカはデイビスモデルのみ(在庫調整?)となった。

大半がカーボンモデルとなり、D.ペトルッチと待望のA.リンスがカタログの主役。ペトルッチはウインターテストカラーもラインナップされており、両者のレプリカは、N87やN60でも展開されている。また、来季からMoto2に昇格するA.カネットが初登場。あとは、定番のストーナー、チェカ、デイビス(新色)といったところ。

191101.jpg 

予想どおりではあったが、引退のメランドリはカタログ落ち。キャミアも消滅。Moto2で躍進のR.ガードナーは見送られ、かなりライダーを絞ってきた印象。(そんな中、何故かN60にだけM.R.リナルディのモデルが出ていたりする。)

そして、なんと言っても2020年モデルの目玉はX-803"RS"。契約ライダーが使用しているものと同じ、レーシングスペックのスポイラー付き(+スモークバイザー同梱)。設定価格の差を考えれば、迷わずこちらが本命だろう。

191101a.jpg

X-803 Melandri Italy

DSC00133.JPG

2017年末に海外で発売されてから、ずっと購入するつもりでいたが、2018年から国内導入モデルはウルトラカーボンに限定。Melandriレプリカもレギュラーグラフィックのみで、イタリアGPスペシャルだったこのグラフィックの導入は見送られた。
続く2019年。地元優勝を飾った縁起の良いモデルとして、レギュラーヘルメットに昇格。満を持して日本にもようやく上陸。しかし、またもやウルトラカーボン...フルグラフィックでカーボンを覆い隠す意味不明な仕様。売り方も気に入らず、正式発表前にこっそりと、限られた店舗にて少数だけ販売するという暴挙。売価10万円弱。購入意欲が雲散霧消となった。

しかし先日、メランドリが今年限りでの引退を発表。現役最終モデルのレプリカとなれば、何とか確保したいところ。ただし、トンチンカンな国内モデルに高額を投じるくらいなら、リスクを背負ってでも海外から取り寄せた方がマシということで、複数のサイトを調査し、FC MOTOのサマーセールで購入することにした。 結局、国内仕様の半額ほどで無事入手できた。

DSC00134.JPG

X-802Rからワンサイズ下げたMサイズにしてみた。MとLは同じ帽体だが、軽量化が進んでいるようで、持った瞬間から軽さが実感できる。弾力がありつつサラッとした内装も快適。頬パッドの取り付け方法が見直され、脱着が簡単になった。
シールドの形状はX-802以来変更が無く、数年前に購入したミラーやスモークがそのまま使えるのが嬉しい。

B07X94LVR2
NOLAN
X-803 ULTRA CARBON メランドリ イタリー
価格:¥ 96,120
(2019年11月現在)


Amazonで見る

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

過去ログ

AD