エントリー

タグ「紅葉」の検索結果は以下のとおりです。

紅葉ソロツー 2022

道の駅どなり、宮川内ダム周辺。

HELIAR 40mmは、相変わらずシャープ。青味が強いので、VelviaよりETERNAやClassic系の方が合いそう。別のカメラでも試してみたい。

221116a.jpg

▲ X-T30 II + HELIAR 40mm F2.8 ( Velvia | ISO=400 | F=2.8 | SS=1/1000 | EV-0.3 )

LAOWA 9mmは、被写体から少し離れれば、ほぼ無限遠固定で撮れて利便性が高い。但し、ヘルメットを被ったままファインダーを覗くと、バイザーの端が映り込む程画角が広いので要注意。余計な心配だが、コレが10mm F4 Cookieだったら、指が写った写真を量産しそう・・・。

221116b.jpg

▲ X-T30 II + LAOWA 9mm F2.8 ZERO-D ( Velvia | ISO=400 | F=N/R | SS=1/250 | EV+0.3 )

バイク部活動報告@小豆島II

2013年11月以来、4年ぶりの小豆島ツーリング。AM9:00過ぎ土庄港上陸。インカムが繋がらないトラブルがありつつも半島を経由して笠ヶ瀧寺へ。集塊岩に打たれた鎖を頼りに足場の悪い崖を登って本殿でお参り。

IMG_0059.JPG

昼食はこまめ食堂。観光地化がすすみ整理券予約。1時間弱待って、棚田のおにぎり定食にありついた。

IMG_0070.JPG

IMG_0075.JPG

次の目標は寒霞渓だったが、R26へ合流するT字路で4年ぶりの立ちごけ。左足を着こうと思ったら思いの外地面が遠く、グラッと傾いたら為す術なし。

気を取り直して再出発するも、今度は小豆島スカイラインのヘアピンでD6#27氏が転倒。負傷箇所もあったようだが、不幸中の幸いで大事には至らず、バイクの方のダメージも車載工具による応急処置で復帰できた。そんなこんなで寒霞渓。紅葉は見頃手前。

IMG_0080a.JPG

安全運転を誓いつつ醤の郷方面へ降りて、清水久和氏のアート作品「オリーブのリーゼント」を見学。被り物の貸出があり、ノリノリで記念撮影。

IMG_0120.JPG

続いては、前回のツーリングでキャンセルした二十四の瞳映画村。

IMG_0125.JPG

池田港より18:00の便で高松港へ。びっくりドンキーで夕食~道の駅みろくで休憩の後解散。皆様お疲れ様でした。

170903r.jpg

本日の走行距離:198.3km

装備:EXアメニタジャケット+WSパーカー

バイク部活動報告@小豆島一周

雨で延期となっていた小豆島へ。待ち合わせは、道の駅「源平の里むれ」。

午前9:32 池田港へ上陸。フェリーを降りて、まず目指したのが寒霞渓。紅葉が見頃で観光客で賑わっていた。その分、上りは渋滞気味でゆっくり走行。
RIMG0115.JPG

下りのスカイラインは快適。野生の猿を横目に一気にこまめ食堂へ。昼食の後、棚田を降りて巨大なオブジェを観に行った。(2010年の作品らしい。)
RIMG0140.JPG

続いて世界一狭い海峡に立ち寄った。見た目は完全に何の変哲もない川。
RIMG0145.JPG

島の北側~東側を周回。台風の影響による通行止め区間を迂回しつつ、大坂城残石記念公園~マルキン醤油博物館へ。徐々に雲行きが怪しくなる中、ワインディングロードを満喫。
RIMG0146.JPG

疲労、時間、天気予報を考慮して、南側の岬はショートカット。そして・・・ついに大粒の雨。オリーブ公園で30分程雨宿り。雨男伝説に新たな1ページを刻んだ。
雨は完全に上がり、最後の目的地は、エンジェルロード。干潮で渡ることが出来た。
RIMG0149.JPG

夕食は、GoogleMapで見つけた回転寿司店へ向かったものの遠の昔に閉店。同じ敷地内にあったジョイフルへ。ここで再び通り雨。
131117syodoshima.gif

午後6:40のフェリーで土庄港から高松港へ。道の駅「源平の里むれ」で解散。

本日の走行距離:239.2km。お疲れ様でした。

装備:破壊軍レザージャケット

  • 1

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

過去ログ

AD