エントリー

タグ「京セラドーム」の検索結果は以下のとおりです。

京セラドーム連戦 (1日目)

130905a.jpg

レジェンドシリーズとして行われたオリックスーロッテ戦を京セラドーム(内野B席)で観戦。始球式は野田浩司氏。

130905b.jpg

オリックスはエースの金子千尋が先発。ロッテは唐川。序盤はロッテ打線が粘って金子に球数を投げさせるものの円陣を組んで以降は何故か淡泊な打線に変身。打つ気配が全く無くなった。

130905c.jpg

一方、唐川は打たせて取るピッチングで5回までスイスイ。ところが、6回に毎度お馴染みのスタミナ切れ。イ・デホに強烈なホームランを浴びて一気にKOされた。中5日の弊害が出ているのは間違いない。しかも、この大事な時期に投手コーチが体調不良で帯同していないとか、もう優勝する気がないんだろう。

130905d.jpg

130905f.jpg

130905e.jpg

 

大阪遠征

AM8:00に出発し大阪方面へ。なか卯で昼食の後、まずはKUSHITANI西宮店。前から欲しかったクラリティジャケットを購入した。肌寒い気候で早速大活躍。

その後、梅田の東急ハンズでカプセルQシリーズを幾つか購入。

PM3:00前に京セラドームへ到着。小雨。

「OSAKAクラシック2013」と題し、両軍、近鉄バファローズと南海ホークスの復刻ユニフォームを着用。

始球式は門田博光氏。

日本ハムから移籍の糸井。

試合は、ホークス先発の山田と2番手の有馬が不調。”カウントを悪くして痛打”の繰り返し。2イニングで被安打10というグダグダの内容。対するバファローズも四回まで9残塁。

三回のイ・デホのタイムリー。

ホークス四番手は、サブマリン山中。三回一失点とまずまずの内容で、序盤から長かった試合をスムーズに進行した。

バファローズは、西の故障もあって七回から勝ちパターン継投。四回終了まで2時間かかったが、終わってみれば3時間40分余りでゲームセット。

連敗ストッパー

上野好投→ウルトラ薮田劇場。

今年は生観戦5戦5勝。連敗ストッパーとして一役買ったか?

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグクラウド

過去ログ

AD