エントリー

タグ「レンズ沼」の検索結果は以下のとおりです。

Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA

IMGP0161.jpg

標準単焦点と超広角を揃えたので、次はズームレンズ辺りが妥当なところだったが、先に気軽に扱えるレンズを追加。FE 35mm ZAは、フルサイズEマウントの古参ではあるが、前に所有していたFE 55mm ZAと並んで「最初に買うべきレンズ」として評価されている。

開放F2.8であることと、最短撮影距離35cmという点には注釈が付くが、そこは携帯性を考えれば大した問題ではなく、Batis 2/40でそれぞれの短所を補完できると考えた。

写りはシャープで、いかにもツァイスらしい発色。逆光への耐性もあり、日中のスナップレンズとしての最適解だと思う。フォーカスも速く、静かで、動画用としての適性も高い。

B00FXKLQWI
ソニー(SONY)
Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA SEL35F28Z
価格:¥73,098
(2020年12月現在)
評価:5つ星のうち3.6 3.6

Amazonで見る

Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5

α9用の二本目レンズで広角単焦点を検討。またColor Skoparが安く出てないか?と見て回ったが、そう都合よく何度も出会う筈は無く、代わりにSUPER WIDE-HELIAR 15mmを買ってみた。

コンパクトでα9との相性抜群。金属のフードは脱着不可ながら、58mmのフィルターを付けるとレンズキャップの収まりが良かった。

IMGP0137.jpg 

曇天の中、試し撮り。絞ってパンフォーカスという使い方になるのでF4.5で十分。歪曲は少なく、風景だけではなく建築物を被写体にしても良いと思う。

引くと空や地面が広く写って開放的。とりあえず撮っておいて、後からトリミングという使い方もいいだろう。

DSC00307.jpg

一転、寄るとパースが効いて立体感のある写真になる。

DSC00310a.jpg

APS-Cモードにすれば22.5mm相当で、Color Skoperの代用という想定。画角や最短撮影距離がテーブルフォトに丁度いい。超広角レンズは眼中に無かったが、使ってみたら面白かった。

B01C8BI6GS
コシナ
Voightlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 ASPHERICAL III E-mount 233034
価格:¥84,364
(2020年11月現在)
評価:5つ星のうち5.0 5.0

Amazonで見る

Carl Zeiss Batis 2/40 CF

フルサイズ復帰レンズの一本目は、Carl Zeiss Batis 2/40 CFに決定。箱がデカい。

02d0d5992007012766bb9cb85d5e3a0d.jpg

40mmという画角は、Qで使っている01 STANDARD PRIMEに近く、これが絶妙に扱いやすくて気に入っている。また、CF(クロスフォーカス)の名が示すとおり、寄れるレンズだったり、見かけによらず軽かったりというのも常用にふさわしいと考えた。何より、これまで使ってきたSONY製Zeissレンズに外れが無かったので、本家Carl Zeissを一度所有したかったというのも理由の一つ。

当面はα6500で使うので60mm相当の画角となるが、新しいレンズが来ると新しいカメラも欲しくなってくるのが困りもの。

B07J2644H2
Carl Zeiss
Batis 2/40 CF
価格:¥158,400
(2020年10月現在)
評価:5つ星のうち4.1 4.1

Amazonで見る

フルサイズレンズ

SONYのコンパクトフルサイズ機、α7cが間もなく発売。

α7iiiからα6500乗り換える原因となったサイズ問題が解決するので、これを機にフルサイズに復帰する方針。但し、初値は高すぎるし、モーターサイクルショーの中止発表など、活躍の場が延期されているので、焦らずじっくりタイミングを見計らって移行する。

とりあえずα6500は保持したまま、レンズの方からお引越し。使用頻度の高いSonnar T* E 24mm F1.8 ZAと、フルサイズや他のマウントでも使えるGIZMON Wtulensだけ残して他は下取り要員に。

最初に揃えるのは、広角か標準域の単焦点。(FE 24mm F1.4 G Master、FE 35mm F1.8、Batis 2/40 CF、Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA、MACRO APO-LANTHAR 65mm F2)の五本が候補。

乗り換えるまではα6500で使うことから、55mmや65mmだと狭いし、G MasterだとSonnar T* Eと画角が被るので、コストパフォーマンスの高い純正35mmか、Batis 2/40が有力。

B07HSSRJ9D

SONY
FE 24mm F1.4 GM
価格:¥165,900
(2020年10月現在)
評価:5つ星のうち5.0 5.0

Amazonで見る

B07V3PS92L
SONY
FE 35mm F1.8
価格:¥65,990
(2020年10月現在)
評価:5つ星のうち4.5 4.5

Amazonで見る
B07J2644H2
Carl Zeiss
Batis 2/40 CF
価格:¥158,400
(2020年10月現在)
評価:5つ星のうち4.1 4.1

Amazonで見る
B00FYOF61K
SONY
Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
価格:¥87,999
(2020年10月現在)
評価:5つ星のうち4.6 4.6

Amazonで見る
B074W73GFC
VoightLander
MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical
価格:¥97,680
(2020年10月現在)
評価:5つ星のうち4.4 4.4

Amazonで見る

Qマウントレンズ

ダブルズームキットに付属している「02 STANDARD ZOOM」と「06 TELEPHOTO ZOOM」で23mm~207mm相当までカバー。特に06の方はF2.8通しという明るいレンズながら、重量が90g程で手軽に持ち歩け、強力な戦力になりそう。この2本で十分ではあるが、他にも個性的で面白いレンズがラインナップされており、追加購入した。

「01 STANDARD PRIME」は、39mm相当の単焦点。軽量&コンパクトでバランスが良い高画質レンズ。

DSC00561.JPG

F1.9で、それなりに背景がボケる。画角も使いやすく、メインレンズに決定。

IMGP0019.JPG

「03 FISH-EYE」は、16.5mm相当で160度の視野角を持った魚眼(MF)。

DSC00562.JPG 

トイレンズシリーズということで、それほど期待していなかったが、昼間の屋外なら普通に使えそう。

IMGP0018.JPG

「07 MOUNT SHIELD LENS」は、単純構造のレンズを埋め込んだボディキャップ。焦点距離は53mm相当で、ピントと絞りは固定。

DSC00560.JPG

中央付近以外が盛大に滲む個性的な写り。先日α用に購入したGIZMON Wtulensと同じく、歪みや減光を味として楽しむ玩具。

IMGP0022.jpg

B0071GT6CO
ペンタックス
01 STANDARD PRIME
価格:¥9,542
(2020年08月現在)
評価:5つ星のうち4.6 4.6

Amazonで見る
B0057LA5ZC
ペンタックス
03 FISH-EYE 
価格:¥6,430 
(2020年08月現在)
評価:5つ星のうち4.4 4.4

Amazonで見る
B00DDFCGLA
ペンタックス
07 MOUNT SHIELD LENS
価格:¥2,097
(2020年08月現在)
評価:5つ星のうち4.2 4.2

Amazonで見る

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

過去ログ