エントリー

タグ「マウントアダプター」の検索結果は以下のとおりです。

HD PENTAX-DA 40mmF2.8 Limited

かつて、ペンタックスK-xユーザーだった時代に持っていた、DA 40mmF2.8 Limited。その現行バージョンを14年ぶりに入手した。

本来、APS-C用ではあるが、フルサイズのイメージセンサーに非公式で対応していることで知られており、小型軽量のよく写るレンズとして重宝されている。

230703a.jpg

アダプターを介してもコンパクトで軽い。そこそこ寄れて画質もなかなか良く、逆光耐性も高い。

230703b.jpg

単にPENTAX Kマウントから変換するだけでは絞り操作が出来ないので、DAレンズに対応したアダプターが必須となる。

ちなみに、このアダプターは、絞り環の付いた旧来のレンズにも対応するようだ。例えばXR RIKENON 50mm F2 Lの場合、アダプター側の絞りを最小(7)にすると、レンズ側の絞り環で調整できるようになる。(逆に、レンズ側を目一杯絞ると、アダプター側のリングで操作可能となる。)

230703c.jpg

B00ETM904M
リコー
HD PENTAX-DA 40mmF2.8 Limited ブラック
価格:¥32,100
(2023年07月現在)
評価:5つ星のうち4.5 4.5

Amazonで見る
B00EQ14C76
Rayqual
Pentax DA マウントレンズ-SONY αEマウントボディー PDA-SaE
価格:¥18,810
(2023年07月現在)
評価:5つ星のうち4.1 4.1

Amazonで見る

中華マウントアダプター

変換アダプターを使って小さいレンズを着けた場合、正面からマウント面がはみ出すのが嫌いなので、絞ったデザインのものを好んで使っている。FUJIFILM機ではTTArtisanのアダプターを買ってみたが、そもそもオールドレンズ用に品質を求めるのは過剰な気がして、名もなき中華製(約1,000円)を買ってみた。

カメラ側のマウントは意外と高精度。レンズ側は多少ガタつきがあるものの空回りするといった不具合はない。マウント面が薄く、ブラックに塗装されていているので、Minitarのようなレンズとベストバランス。

230607a.jpg

INDUSTAR-22もこの通り。α7cのコンパクトさが引き立つ。

230607b.jpg

脱着レバーが大きく、構えたときに中指の爪に当たるのが若干気になるが、叩いて曲げるか切断するのも一興。

B09MPF9P67
レンズマウントアダプター LM-NEX
価格:¥1,790
(2023年06月現在)

Amazonで見る

再び TECHART LM-EA9

運悪く返品となったLM-EA9を改めて購入。電源を入れるまでドキドキしたが、今度は正常に動いた。

まずは、Super-Takumar 1;1.8/55。LM-EA9と組み合わせれば、オートフォーカス化だけでなく、最短撮影距離の短縮が可能になり、使い勝手が大幅に向上する。但し、LM-EA9の設定に55mmが無く、50mmか60mmで設定する必要がある。他にも37mmという半端なレンズも持っているので、ファームウエアの更新でカスタムできるようになってほしい。(旧型のLM-EA7はスマホアプリでカスタムが可能だった。)

約1ヶ月前に注文していた激安ねじ込みフード(199円)が船便で到着したので付けてみた。ケラレなく良好。

230505b.jpg

続いてHELIAR 40mm。ピント機構がないため、ヘリコイドアダプターが必須というレンズも手軽にAF化。フードと一緒に届いた28mmのプラキャップ(49円)に交換して、ねじ込みキャップの煩わしさから開放。沈胴させてコンパクトに持ち運べるツーリングスナップシューターの完成。

230505a.jpg

B0BGNQG1JC
TECHART
LM-EA9
価格:¥57,280
(2023年04月現在)
評価:5つ星のうち3.5 3.5

Amazonで見る

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグクラウド

過去ログ

AD