エントリー

タグ「クラウドファンディング」の検索結果は以下のとおりです。

X68000 Z LIMITED EDITION EARLY ACCESS KIT

昨年12月にクラウドファンディングで出資した、X68000 Zがついに到着!!結構大きめの箱!!開封前から震えが止まらない。

230331a.jpg

金型から作り直されたキーボードと、当時の雰囲気を残しつつ現代風にアップデートされたトラックボールマウスがお目見え。

230331b.jpg

そして、あの懐かしいマンハッタンシェイプの本体。随分小さいが、当時の雰囲気は感じられる。

230331c.jpg

モニターに接続して電源ON!コミュニティサイトに上がっていたファームウエアをダウンロードしてアップデート。バンドルソフトのグラディウスと超連射68Kを動かしてみた。

200331d.jpg

エミュレーターはβ版ながら、発売に間に合わせてきた感じ。まだ数本試しただけだが、アフターバーナー、ワールドスタジアム、源平討魔伝、パロディウスなどは、実機と遜色なく動作した。A-JAXの音が変だったり、ストリートファイターIIの解像度がおかしかったり、一部不具合も見られるが、動作面での支障は少ない。

230331f.jpg

キーボードのインジケーター制御を行うソフトも問題なく動いた。

230331g.jpg

一方、ハード的な課題は多い。まずはSDカードの対応状況が渋く、同じメーカーでも容量によって認識してくれなかったりする。※フォーマット方法の見直しにより改善。
あとは、読み込み速度までフロッピーディスクを再現する必要はないので、ブースト設定できるようにすべき。

そして、一番の難点はコントローラー。対応しているものが少なく、運良く使えてもボタン割当がバラバラ。キーアサインの設定は不可欠だと思う。なお、サイバースティックも現状は未対応だった。この辺りのデバッグや開発が進んで、ようやく「β」が取れるだろう。じっくり見守りたい。

スペシャルサポーターズプラン出資者特典と、当時物の電卓(壊れて動かない)やネクタイピンと並べて感慨に浸る。マニュアルと本体のクレジットに自分の名前が刻まれている事も確認した。

230331e.jpg

ロードマップは序章に過ぎず、追加コンテンツへの期待が膨らむ。特に、参加表明しているZOOMからの吉報を心待ちにしている。まずは、形にしてくれたことに感謝。

X68000Z

221204a.jpg

伝説のパーソナルワークステーションX68000が時を越えて復活!!!

開発、製造を手掛けるのは、「PCエンジン mini」や「メガドライブ ミニ」などにオリジナルSoC(統合型集積回路)を提供する株式会社 瑞起-ZUIKI。

本体サイズはコンパクトに。5インチFDDドライブはSDカードへ。背面にUSBやHDMI端子を備え、現代の環境へ適応させている。同時に復刻されるキーボードは、Windowsマシンでも使えるよう切り替えスイッチ付き。トラックボール付きマウスも光学式にアップデートされ、当時無かったスクロールホイールまで搭載される模様。

昨日19:00より、LIMITED EDITION EARLY ACCESS KITへの支援受付が、クラウドファンディング Kibidango(きびだんご)にて開始。スタートと同時にアクセス集中でサーバーが落ちるというハプニングもあったが、早々に目標に到達。約1時間半で1000名を超え、約5時間で1億円。順調に支援を集めている。(募集は2023年1月28日まで)

当然、考える余地もなく、一口支援させてもらった。来年3月から順次配送予定ということで、気長に待ちたい。

■  X68000 Z 「時を、超えた。」伝説のモンスターマシンを復活させたい!

The Top Shelf カメラバッグ

3月にKickstarterで出資していたカメラバッグが到着。当初はもう少し早く受け取る予定だったが、発送間際のタイミングで山火事に見舞われ、鉄道の運休で港のコンテナが動かず、物流が滞る事案が発生。予定より約3ヶ月遅れる結果となった。

Manfrottoのカメラリュックやクシタニのバックパックだと容量が足りず、カメラの出し入れが面倒だったり、レンズ交換が手間だったりすることから、大きめで速写性の高いカメラバッグを探していたところ、海外のカメラ情報サイトでこのバッグを見つけた。30日間で約1億円の資金を集めた人気商品。

_DSF0347.jpg

特徴はバックパックモードとスリングモードの切り替えができる点と、アクセスボタンで瞬時に気室にアクセスできるギミック。頻繁に開け閉めしながらカメラを取り出して撮影するのに最適な設計となっている。

アクセスボタンは、NASCARなどに採用されているクイックリリースラッチと同じ構造。ワンプッシュで開く。

_DSF0346.jpg

受け側はバッグを成形する金属フレームに固定。十分な強度があり、逆さにして振ったくらいで蓋は開かない。

 _DSF0345.jpg

レンズを付けたカメラ3台、交換レンズ3本。マウントアダプター3個。ストロボ&コマンダー。レインカバー。そして、前面のポケットには、ミニPCセットとモバイルバッテリー。

IMG_1151.jpg

これだけの装備だと、流石に重くて1日中背負う気にはなれないが、移動手段がクルマだったり、公共交通機関なら大丈夫。一通り持っていけるだけの収納力が頼もしい。

■ The Top Shelf - Super-Fast, All-Access Camera Bag (KICKSTARTER)

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

タグクラウド

過去ログ

AD