エントリー

タグ「クシタニ」の検索結果は以下のとおりです。

クロスベルト3

SEAL×KUSHITANI ワンショルダーバッグ用のサイドストラップをマグネットバックル化。 各パーツの素材を出来るだけ純正品に近いもので揃えて制作してみた。

上が純正品。下が今回作ったベルト。バックルの他、中間のベルト止めをホールド性の高いサルカンに変えている。

220712a.jpg

ヘルメットを被ってバックルが目視できない状況でも、瞬間的かつ確実にロックできるのがマグネット化最大の利点。

220712b.jpg

もう一つ使い勝手が良いのがベルトを外した場面。バッグ背面の金属パーツにくっつけておけばブラブラしない。意外と強力で、軽く振ったくらいでは外れない。

220712c.jpg

B00MNAMPCQ
FIDLOCK
IF-4060 スライド磁力バックル 25mm
価格:¥1,595
(2022年07月現在)
評価:5つ星のうち4.6 4.6

Amazonで見る
B00AATZL7S
NIFCO
RHP25 プラスチック ナスカン 25mm
価格:¥262
(2022年07月現在)
評価:5つ星のうち4.4 4.4

Amazonで見る
B006P3NG5C
Clover
強力ホック釦 15mm 6組入 黒ニッケル 26-561
価格:¥660
(2022年07月現在)
評価:5つ星のうち4.1 4.1

Amazonで見る

岡山国際サーキット②

昨年に続いて、クシタニライディングミーティングの見学。今年は雨予報で、カクタスも車検に出ているので見送ろうかと思っていたが、代車で行ってしまおうとAM5:40に出発。

AM9:00到着。今年も知人グループのピットにお邪魔した。

220615a.jpg

▲ X-Pro3 + NOKTON 35mm (VELVIA/ISO=320/F=8.0)

220615d.jpg

▲ X-Pro3 + XF10-24mm F4 (10mm/CLASSIC CHROME/ISO=160/F=4.0)

生憎のウエットコンディションでスタート。この後、アプリリアの展示などを見つつ、適当に写真を撮ったりして過ごし、PM12:00に帰路へ。

220615b.jpg

▲ PENTAX Q-S1 + 06 TELEPHOTO ZOOM (45mm/ISO=125/F=4.0) Crop

308はひたすら快適。泥々にしてしまったので、洗車して返却しよう。

220615c.jpg

▲ X-M1 + XF10-24mm F4 (20.9mm/PROVIA/ISO=400/F=4.0)

K-2379 CHIMAIRA CONTEND JACKET

古くなってきたヴィターレジャケット('16春夏モデル)の後継として、キマイラコンテンドジャケットを購入。ブラックカモのみフィンジャケットの生地で、他の二色とカワサキコラボバージョンはアメニタジャケットの生地となるようだ。

フィンジャケット好きとしては、ブラックカモの一択!

220611a.jpg

通常のスポーツジャケットは、転倒時のダメージ軽減が考慮されているため生地がシッカリ、それでいて動きやすさを重視して複雑な構造が取られるので、どうしてもステッチが増えて防水面で不利になる。 一方、カジュアルジャケットは、軽さやデザイン性を重視することで、高速走行でバタつきが気になるものが多い。 この両者の持つネガな部分を打ち消すべく、スポーツジャケットのフォルムをカジュアルジャケットの生地で再現したというのがこのジャケットの概要となる。

軽い着心地ながら、袖(三箇所)と身幅(二箇所)を調整して、高速走行時のバタつきを抑える機能を装備。なおかつ、透湿防水生地と止水ファスナーによる簡易防水性能だったり、アメニタジャケットで好評だった、ダブルファスナー式の前面メッシュパネルが与えられ、ツーリングに於ける使い勝手の良さにも配慮。

220611b.jpg

また、肩と肘にはCE規格 LEVEL1の新しいプロテクターが付属。ライディングジャケットとしての基本である安全性に抜かりは無い。夏にかけてのこの時期、日中の気温上昇や突然の通り雨を心配をしつつ、高速道路を使って出かけるシチュエーションに最適な一着に仕上がっている。

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

過去ログ

AD