エントリー

タグ「カスタム」の検索結果は以下のとおりです。

ZETA PILOTレバーセット

転倒時の破損リスクを最小限に止める可倒式で、20段階で微調整が効くZETA PILOTレバー。交換するならコレと決めていたが、高額のため何となく後回しにしてきた。そのうち買おうと思っていたところ、中古の適合品が格安で出ていたので購入してみた。

ブレーキレバーの先端が、立ちゴケか何かで削れているのが格安の原因。歪みは無いとのことだが、ひとまず使ってみて、問題があればレバー部分のみを補修品に交換する方針。それでも新品で揃えるより十分安い。

早速、届いたものを分解して入念にチェック。クラッチ側は殆どキズのない美品。ブレーキ側も机の上で転がしてみたが歪みは無く、根元のクラッシャブルホールも潰れていない。

221004a.jpg

どうやらそのまま使えそうなので、パーツクリーナーやアルカリ電解水で清掃し、削れた箇所に軽くペーパーを掛けて塗装。グリスアップしてレバー交換。全く問題なし!これは掘り出し物だった。

221004b.jpg

B0BB766PB1
ZETA
パイロットレバー セット [ZS63-0221]
価格:¥16,447
(2022年10月現在)

Amazonで見る

Gcraft シフトガイド TYPE-2

ギアシャフトのしなりを抑え、シフトフィールの向上を狙うパーツを取り付け。

まずは、チェンジペダルとスプロケットカバーを外す。マニュアルにはステップも外すように書かれているが、強化サイドスタンドを取り付けているので少し面倒。なんとかならないか?と、四本のボルトを緩め、一本だけ残した状態でステップをズラして、右側のボルトを入れた。

220905.jpg

元々C125は、かつてのカブに比べてギヤがスムーズに入るし、パーツのレビューに「体感できない」という意見も少なからず見られたので心配していたが、乗り出しからハッキリと体感できるほどの変化があった。コツコツと小気味良くギヤチェンジが決まり、ペダルのブレも明らかに少ない。

B09FKRN6M6
Gcraft
シフトガイド タイプ2  CT125(JA55)/C125(JA48) 3262555
価格:¥8,820
(2022年09月現在)
評価:5つ星のうち4.2 4.2

Amazonで見る

ETC&ドラレコ本体用ステー

ZX-25Rのリヤシート下は、フェンダーレスキットのボルトナットだったり、配線ブラケットが邪魔でETCとドラレコの本体を設置することが難しい。現状、少々強引な位置に押し込んでおり、カードの出し入れが非常に面倒。この状況を改善すべく、ステーを制作する。

220902a.jpg

まずは、飛び出しているフェンダーレスのボルト・ナットに蓋をして、これをETCの台座にする。プラ版で作ったETCサイズの板をビス止めして微調整。なお、配線ブラケットは取り払った。

220902b.jpg

このプラ版を型にしてアルミ板を切り出す。

220902c.jpg

続いてドラレコ。衝撃感知センサーが正常に働き、マイクがノイズを拾わぬようフラットなスペースを確保し、シッカリ固定したい。

220902d.jpg

塗装して組付け。

220902e.jpg

縦方向に空間が取れたので、これならETC2.0にも対応できそう。

220902f.jpg

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

過去ログ

AD