エントリー

タグ「オールドレンズ」の検索結果は以下のとおりです。

INDUSTAR 50-2 50mm F3.5

旧ソ連で1953年に登場したINDUSTAR 50は、INDUSTAR-10やINDUSTAR-22の流れを汲む、テッサータイプ 50mm F3.5のレンズ。最初期のみ沈胴式だったが、パンケーキタイプに変貌。小型で低コスト、安定した性能から量産型カメラの標準レンズに採用され、形を変えながら、通算30年以上の製造実績がある。1974年のM42マウント化を機に「INDUSTAR 50-2」となった。

元々5,000円以下で買える入門用オールドレンズとして人気があったが、地域情勢の悪化で現地からの輸入が止まっており、円安も影響して相場が上昇中。今後も不透明なことから、程度の良いものを買っておくことにした。 (1982年 KMZ製)

DSCF0079.JPG

旧ソ連系レンズの割にビルドクオリティは高く、さすがに80年代のものとなれば指標の印刷もシッカリしている。写りはシャープで実用的。これだけ軽いと持っていきやすい。

DSFP1207.JPG

▲X-Pro3 + INDUSTAR 50-2 (PROVIA/ISO=200/F=3.5)

MIR-1V (B) 37mm F2.8

MIR-1は、旧東ドイツCarl Zeiss Jenaが製造したFlektogon 35mm F2.8を手本に、旧ソ連がコピーした製品として知られている。1954年の登場以来、設計はそのまま、半世紀に渡って製造。後期型のMIR-1V(B)は、生産工場移管に伴い、材質とデザインが変更。200g→185gと軽量化されたのが特徴。

前周に「МИР-1B」と刻印されているものはロシア国内流通版で、アルファベットに変換すると”MIR-1V”。輸出版はこの部分が「MIR-1B」となるので、そのまま"MIR-1B”。稀に分けて紹介されることもあるが、性能差のない同じレンズである。

非常に流通量が多く、手軽に買えるFlektogonの代用品というイメージだったが、既に製造終了から20年近く経過。地域情勢も不透明であることから、今後、市場価格の上昇もありえる。ウクライナのカメラ店の倉庫で眠っていたという、未使用品をオークションで入手した。(1988年 VOMZ製)

DSCF0076.JPG

レンズ自体の性能が高く、中々の描写。APS-Cでは標準画角のレンズになるので使い勝手が良い。欠点は最短撮影距離が0.7mと長いところ。分解して改造する方法も拡散されているが、LMマウントに変換してヘリコイドアダプターという手があるので、このまま使う。

DSFP1202.JPG

▲X-Pro3 + MIR-1V (PROVIA/ISO=800/F=2.8) 最短撮影距離にて撮影

試し撮り

X-Pro3で試し撮り。ピント合わせに気を使わない分、同一センサーで手ブレ補正が付くX-S10よりヒット率が高い印象。気難しいオールドレンズでもサクサク撮れるのが楽しい。

DSFP1034.JPG

▲ X-Pro3 + INDUSTER-22 (VELVIA/ISO=3200/F=5.6)

隠し背面液晶にも慣れ、不安は完全に払拭できた。明日、X-S10とX100Fを送り出して、カメラ遊びのメイン機をX-Pro3に一本化。旅の記録や簡単なブツ撮りはXQ2(時々PENTAX Q)という体制になる。

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

過去ログ

AD