エントリー

保護フィルターと自作レンズキャップ

LC-A Minitar-1のねじ込み式レンズキャップが使いにくいので、薄枠の保護フィルターを購入。これに合うキャップは無いので、プラ板やウレタンシートなどを使って簡易なカブセ式キャップを制作してみた。

230224a.jpg

230224b.jpg

フィルターの外枠に引っ掛けるだけで、深さも取れないので、使用しながらの頻繁な脱着はNG。絶対紛失する。あくまでも、保管時やカバンの中でホコリの付着を防ぐ程度のもの。

B088B783KP
ユーエヌ
UNX-9618 eins SUPER PROTECT FILTER 22.5mm
価格:¥3,300
(2023年02月現在)
評価:5つ星のうち2.6 2.6

Amazonで見る

LARMOR モニターフード

X-E2用のモニター保護フィルムを検索。機種が古過ぎて適当な商品が見当たらず、代用のつもりで在庫処分品のモニターフードを買ってみた。レビューで酷評されているので、おそらくハズレだろうが・・・。

目的は、あくまでも付属しているガラスフィルム。薄くてサイズもピッタリだが、周囲の金属フレームで画面四方がケラれる。ただ、元々背面液晶は重視してないので、この程度なら許容できる。肝心の貼り付け強度は、一般的なガラスフィルムと同等で、簡単に剥がれる気配はない。

230221a.jpg

マグネットが埋め込まれたフードを金属フレームにくっつけるとこんな形になる。蓋がピッタリ閉じず、常に少し浮いた状態。 小さく切ったマスキングテープでも貼って、隙間に抵抗を作れば改善するはず。

230221b.jpg

サイドのフラップにトーションバネが仕込んであり、蓋を開けるとパチっと開く仕組み。

230221c.jpg

マイナスレビューの多くが、マグネットの磁力が弱さを指摘したもの。おそらく、フードは付けっぱなしにするのではなく、必要に応じて脱着する使い方が正解。そう考えれば、強力な磁石もピッタリ閉じる蓋も必要ない。これが4千円だったら微妙な商品だろうが、税込300円(+ポイント10%)なら大当たりだと思う。

B079L9ZTX3
LARMOR
モニターフード + ガラス液晶保護フィルム SSHSP-TYPE F3
評価:5つ星のうち3.5 3.5

Amazonで見る

XF35mm F1.4R

サブ機を入れ替えた差額でXF35mm F1.4Rを購入。Xマウント最初期の一本で、歴代最も売れている定番品。コンパクトで軽量(187g)ながら、「神レンズ」と称される表現力を誇る。

230220a.jpg 

評判は度々目にするもののAFが遅く、モーター音が大きいという欠点が気になって敬遠。昨年秋には約2割の値上げが発表され、このまま縁が無いレンズになるだろうと思っていたが、中古品より新品が安いという逆転現象(※要下取り品)が発生。10-24mmや70-300mmと同じパターンに、また食いついてしまった。

以前XF18mmF2用に購入した社外品のフードを付けてみた。純正フードより全長が短くて使いやすい。ちなみに、同梱のレンズキャップは現行型にアップデートされていた。買い直す手間が省けて有り難い。

230220b.jpg

B006ZSNSRI
FUJIFILM
XF 35mm F1.4 R
価格:¥68,400
(2023年02月現在)
評価:5つ星のうち4.6 4.6

Amazonで見る
B07884851Q
Haoge
LH-X53 バヨネットメタルスクエアレンズフード
価格:¥4,799
(2023年02月現在)
評価:5つ星のうち4.2 4.2

Amazonで見る

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

タグクラウド

過去ログ

AD