エントリー

TECHART LM-EA9

Mマウントのマニュアルフォーカスレンズをオートフォーカス化するマウントアダプター「LM-EA7」の後継、「LM-EA9」を購入。

230404a.jpg

先代との違いは、アダプターリングにモーターを内蔵し、邪魔な出っ張りが消滅したこと。その他、ピントスピードが高速化したり、電源OFF時の省電力化など、多くの不満が解消されている。

購入はAliExpressで中国から。国内の流通価格より格段に安い。最近は配送も早く、注文から約1週間で到着した。日本語マニュアルやファームウエアはダウンロード出来るので不都合はないが、故障時のサポートは困難なので、そこは自己責任となる。

早速、色んなレンズを付けて使い勝手を確認。XR RIKENON 50mm F2 (PKマウント)/Super-Takumar 55mm F1.8 (M42)/MIR-1V 37mm F2.8 (M42)/INDASTER 50-2 (M42)。全てLMマウントに変換してからの装着になるが、問題なく動作した。

230404b.jpg

続いて難ありの二本。Wtuens (L39)は、レンズ自体が暗いため屋内でピントが合いにくい。先の4本も絞ると同じなので、レンズ特性やカメラ側の性能によるものだろう。LC-A Minitar-1 (LM)は、ピントレバーが干渉してしまった。無理すれば使えなくも無いが、レンズにもアダプターにも良くないと思われる。

230404c.jpg

最後は、INDASTER-22 (L39)。L39-LM変換リングだとピントレバーが干渉して付かないので、一旦L39-M42リングを噛ませ、M42-LMアダプターを介して装着。沈胴させたまま撮影する形で使えた。銅鏡を延ばせば超近接撮影が可能となる。

230404d.jpg 

B0BGNQG1JC
TECHART
LM-EA9
価格:¥57,280
(2023年04月現在)
評価:5つ星のうち3.5 3.5

Amazonで見る

SONY α7c

完全撤退から1年半。小型フルサイズ機「α7c」を手に入れ、SONY機に電撃復帰。

230401a.jpg

X-T5のサブ機として、オールドレンズや海外レンズを本来の画角で活用することを目的に、α7II辺りを検討していたところ、Vlogcam「ZV-E1」の発表が影響してか?α7cの相場が一時的に下落。決算期も重なって絶好の買い時が到来した。

思ったより厚さと重さを感じるボディではあるが、軍艦部がフラットで、カバンへの出し入れがしやすい点が気に入った。

Fujifilm機に慣れてしまったので、シンプルな操作系は頼りなく感じるし、グリップの出来もイマイチ。ファインダーの性能も高くない。ただ、これくらいの欠点が無いと、後々メイン機に昇格する恐れが出てくるので、全て「サブ機らしさ」として、ポジティブに捉えておく。

X68000 Z LIMITED EDITION EARLY ACCESS KIT

昨年12月にクラウドファンディングで出資した、X68000 Zがついに到着!!結構大きめの箱!!開封前から震えが止まらない。

230331a.jpg

金型から作り直されたキーボードと、当時の雰囲気を残しつつ現代風にアップデートされたトラックボールマウスがお目見え。

230331b.jpg

そして、あの懐かしいマンハッタンシェイプの本体。随分小さいが、当時の雰囲気は感じられる。

230331c.jpg

モニターに接続して電源ON!コミュニティサイトに上がっていたファームウエアをダウンロードしてアップデート。バンドルソフトのグラディウスと超連射68Kを動かしてみた。

200331d.jpg

エミュレーターはβ版ながら、発売に間に合わせてきた感じ。まだ数本試しただけだが、アフターバーナー、ワールドスタジアム、源平討魔伝、パロディウスなどは、実機と遜色なく動作した。A-JAXの音が変だったり、ストリートファイターIIの解像度がおかしかったり、一部不具合も見られるが、動作面での支障は少ない。

230331f.jpg

キーボードのインジケーター制御を行うソフトも問題なく動いた。

230331g.jpg

一方、ハード的な課題は多い。まずはSDカードの対応状況が渋く、同じメーカーでも容量によって認識してくれなかったりする。※フォーマット方法の見直しにより改善。
あとは、読み込み速度までフロッピーディスクを再現する必要はないので、ブースト設定できるようにすべき。

そして、一番の難点はコントローラー。対応しているものが少なく、運良く使えてもボタン割当がバラバラ。キーアサインの設定は不可欠だと思う。なお、サイバースティックも現状は未対応だった。この辺りのデバッグや開発が進んで、ようやく「β」が取れるだろう。じっくり見守りたい。

スペシャルサポーターズプラン出資者特典と、当時物の電卓(壊れて動かない)やネクタイピンと並べて感慨に浸る。マニュアルと本体のクレジットに自分の名前が刻まれている事も確認した。

230331e.jpg

ロードマップは序章に過ぎず、追加コンテンツへの期待が膨らむ。特に、参加表明しているZOOMからの吉報を心待ちにしている。まずは、形にしてくれたことに感謝。

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

タグクラウド

過去ログ

AD