エントリー

雪の日

朝は大したことが無かったが、昼過ぎまで降り続いて結構な積雪に。

221223a.jpg

▲ X-T5 + LAOWA 9mm ZERO-D ( ノスタルジックネガ | ISO=125 | F=8 | SS=1/500 )

LENSBABY Burnside 35

ニッチな製品を展開するLENSBABYのレンズを初購入。

Burnsideは、一度試してみたいレンズだったが、発売当初の定価8万円台では手が出ず、実売5万円前後でもまだまだ。久々に思い出して検索してみたところ、既に生産を終了しており、某大手家電量販店にてPENTAX Kマウント版だけ、異常な値段で叩き売られているのを発見!これは、またサンタクロ...即確保!

個性的なパッケージに使われている写真は、このレンズを使った作例らしい。ドーナツは入ってない。

221220a.jpg

電子接点が無いので、変換できればマウントに拘らないが、フルサイズ用の金属鏡筒レンズ+マウントアダプターで400gを超えるのが難点。

221220b.jpg

写りは面白く、グルグルボケを意図的に発生させることが出来る。(被写体を0.9m以内、背景を3.7m以上に設定し、絞り開放で撮影)

221222a.jpg

▲ X-T5 + Burnside 35 ( ノスタルジックネガ | ISO=400 | F=2.8 | SS=1/250 )

そして、最大の特徴がビネット調整レバー。第二の絞り羽で光を遮り、強制的に周辺減光を生み出す仕組み。0→3で段階的に強弱が付けられるが、APS-C機では効果が薄い。

221222b.jpg

▲ X-T5 + Burnside 35 ( ノスタルジックネガ | ISO=400 | F=2.8 | SS=1/160 ) *第二絞り=3

オールドレンズのような個性を再現できる機能を持ちながら、絞れば高精細な写真も撮れてしまう。換算53mmに相当し、レンズ先から15cmまで寄れるスペックということで、普通の標準レンズとしても活用できそうな雰囲気。(但し、周辺の描写は甘い。)

221222c.jpg

▲ X-T5 + Burnside 35 ( ノスタルジックネガ | ISO=400 | F=11 | SS=1/15 )

癖の強いレンズではあるが、買って損は無かった。

B07B48RMHX
Kenko
Lensbaby  Burnside 35 ペンタックスK用
価格:¥49,960
(2022年12月現在)

Amazonで見る

BABY FACE バックステップキット

なかなか手が出ず、後回しにしていたバックステップだが、Amazonアウトレットに格安品が出ていたのを運良く見つけて購入。箱底面にテープを貼り直した痕があるだけで、中身は全くの新品という状態。これはきっとサンタクロースの仕業に違いない。

221221a.jpg

まずは、シフター側から作業開始。EZ-SHiFTERのマニュアルに、BABY FACEへの取付例が記載されているので、それを参考にした。この日は時間が無く、ブレーキ側は持ち越し。

221221b.jpg

翌日、物置の大掃除を済ませた勢いでブレーキ側の交換に取り掛かった。多少手こずるも無事に取り付け完了。近所を走行しつつ、理想のステップ位置を探り、後方の中段(62.5mmBack/45mmUp)に設定した。

221221c.jpg

ペダル位置やブレーキランプセンサーを調整し、動作確認。指定箇所にネジ止め剤を塗って、各ボルトをトルクレンチで増し締めして完成。

221221d.jpg

B08R87GH7P
BABY FACE
バックステップ ZX-25R 純正クイックシフター対応 正シフト ゴールド 002-K043GD
価格:¥54,949
(2022年12月現在)

Amazonで見る

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

過去ログ

AD