エントリー

メーター再設定

交換に伴い、メーターの表示設定などがデフォルトに戻っていたので確認と調整。

・方向指示器の自動消灯機能ON。

・トリップメーター(1)をイグニッションオフから8時間で自動リセット。

・インフォメーショントレイから「コントラスト」の項目を非表示化。

・燃費が「KM/L」、温度が「℃」になっているか確認。

・日時の表示をYYYY/MM/DDに変更。

その下にもう一つ見慣れない項目「GEAR SHIFT IND.」・・・最初からあったのかもしれないが、改めて調べるとマニュアルに載ってなかったので、後から追加されたものらしい?

IMG_0622.jpg

どうやら、慣らし運転期間中に自動設定されているものと同様に、一定の回転数に達するとタコメーターゲージの色が変わって、ギヤチェンジのタイミングを教えてくれる機能のようだ。燃費重視の街乗りでは、あまり意味がない機能ではあるが、試しつつ適当に調整してみる。

復活

修理で預けていたStreet Tripleを引き取ってきた。メーターは保証で新品に交換。ついでにバッテリーも新品に交換してもらった。(こちらは有償)

事前に取り寄せていた保護フィルムを貼り、洗車時の磨きキズ対策。

IMG_0617a.JPG

外していたパーツを一通り元通りに組み付けて完全復活。

IMG_0615a.JPG

B07KX4X7LM
Speedo-Angels
NANO GLASS スクリーンプロテクター TRIUMPH STREET TRIPLE R/RS (2017+) x 2
価格:¥3,000
(2020年09月現在)
評価:5つ星のうち4.6 4.6

Amazonで見る

鮎喰川デイキャンプ

久しぶりのアウトドア。10:30に近くのスーパーでD9#1氏と待ち合わせして食材の買い出し。今回はクルマで出かけたので、これまでに購入した装備の大半を持参して、使い勝手を確かめてみることに。

鮎喰川に架かる梁瀬橋の下に陣取った。日差しは避けられるが、風が強めだった。

c45b67216adc3c5fe0b2764f92596650.jpg

少しだけ川に入ってから調理開始。アルコールストーブでお湯を沸かしつつ、シングルバーナーで肉を焼く作戦。アルコールストーブはウッドストーブとの併用で防風したが、如何せんクッカーとアルコールストーブの間に距離ができるので効率がよろしくない。味噌汁用の水(300ml程)を沸騰させるのに50mlの燃料を要した。シングルバーナーの方は風に強く、問題なく使用できた。

66c58fba9272806780205e754cfc7bc1.jpg

手際よく片付けて、食後は川遊び。水温が高く、水から上がると少し寒く感じるほど。久しぶりに日焼けした。

15:00頃まで滞在し解散。お疲れさまでした。

IMG_0612.JPG

TOSHIBA Flash Air W-04

古いデジカメには、今や当たり前の機能が無いこともある。当然のことなので割り切っているが、どうしてもワイヤレス転送だけは欠かせない。これが、RICOH GXR時代(約10年前)から愛用していたEye-Fiさえ使えれば、何の問題もなかったが、既にサポート終了。サードパーティ製アプリなども消滅して使えなくなっていた。

その代役として選んだのがFlash Air。こちらも既に生産を終了しているが、KIOXIAに引き継がれて細々とサポートは続いている様子。探せば何とか製品も買える状態だったので、第四(最終)世代の32GBを購入した。この世代のみ「Eye-Fi連動機能」が搭載されているのがポイントで、Eye-Fiに対応していたカメラであれば、データ転送中の電源停止を防ぐ事ができる。

DSC00578.JPG

PC用のツールでファームウエアを最新版に更新し、Eye-Fi連動機能をON。続いて、カメラ本体の設定を変更することでスマホに自動転送されるようになった。

DSC00579.JPG

PENTAX QではMFレンズを扱う事もあり、写真をその場でスマホに転送して詳細に確認できるようになったのは便利。

B072SL62HV
東芝
Flash Air SD-UWA032G
価格:¥6,475
(2020年08月現在)
評価:5つ星のうち4.2 4.2

Amazonで見る

K-3587 BACK PACK

リリース時点から購入を決めていたバックパックをようやく入手。買いに行ったら完売していたり、見かけたときに限って他の買い物があったりで後回しになっていた。このご時勢、なかなか店舗には足が向かずに通販。

購入したのはREIVLOGとのコラボモデル。仕様はレギュラー版と同じだが、赤い差し色がブラックに変更され、正面(プリント)と、左のショルダーベルト(刺繍)にブラックオンブラックでロゴが入る。定期的に生産され、長い期間販売する定番商品ということで、同じ型を見かけることが多く、少しだけ個性を出した選択。

IMGP0038.JPG

このバックパック最大の特徴は、バックサイドフロー構造。ステンレスフレームにより背中に空間を形成。走行風が通り、夏でも快適に背負える。フレームは型崩れ防止にも一役買っており、中身が空でもシッカリした背負心地。

IMGP0039.JPG

これだけ詰めてもサングラスや帽子を追加する余裕がある。但し、この重量物を背負って丸一日バイクに乗るのは厳しいので、取捨したり、レッグバッグやBOXに分散するのが現実的な使い方になるだろう。

IMG_0578.jpg

エコバッグ/長財布/AQUOS sense2/Rakuten mini/α6500 + E 35mm/Sonnar T* 24mm/NDフィルター×2枚/薄型マウス/予備バッテリー4個/モバイルバッテリー + ケーブル/カメラストラップ/OneMix3s(セミハードケース)/PENTAX Q S-1 + 02標準ズーム/06望遠ズーム

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ