エントリー

タグ「インカム」の検索結果は以下のとおりです。

SENA 20S テスト2

■テスト2:20Sと4Riders-V4を有線接続。

RIMG0485.JPG

中華インカム3台体制という状況下で、スマホナビの音声を聞き、かつV4の電話自動応答を回避するために考えた苦肉の策。(今回は仮想中華インカムということで、V4とSMH5とユニバーサルペアリングした。)

AUX端子(2.5mm)へ付属のケーブルで接続すると、相手方の音声は20Sのスピーカーから聞こえたが、20Sのマイクへ入力した音声は相手方に出力されず。この端子はBluetoothを持たない音楽プレーヤーやラジオを接続して聞くためだけのものということ。
試しに前方のヘッドフォン端子(3.5mm)へ接続すると、取説にある通り、20Sのスピーカーから音が出なくなった。

以上を踏まえて、この方法ならうまくいくと思われる。
1.V4の端子をサウンドとマイクに分岐。
2.サウンド側を20SのAUX端子へ。
3.ヘルメット内に別途マイクをもう一つ仕込んでそれと分岐したマイク端子を接続
課題は複雑化した配線をどうまとめるか?となれば、V4に声帯マイクを繋げて別系統にしたほうがスッキリしてていいかもしれない。

B00KJGPN2K
SENA
Bluetooth インターコム 20S シングル [並行輸入品]
価格:¥ 29,995
(2019年11月現在)
評価:5つ星のうち3.2 3.2

Amazonで見る
B001GNZRNU
バッファロー
マイクロフォン ミニクリップ ブラック BSHSM03BK
価格:¥ 226
(2019年11月現在)
評価:5つ星のうち3.6 3.6

Amazonで見る

SENA 20S テスト1

SENAのフラッグシップインカム20Sを購入したので早速接続テスト。

■テスト1:20S + SMH5-FM + 4Riders-V4の三台で同時通話。

RIMG0486.JPG

SENA2台と他社インカム1台なので、公式ページにある「3-wayの場合」に該当。まずは20Sに各機器をペアリングしていく。

・20Sと4Riders-V4をユニバーサルペアリング。
・20SとSMH5-FMをインターコムペアリング。

一度ペアリングしておくと、新たな機器を繋ぎ直さない限り記憶されているので、次からは簡単な手順でつながる。

一旦電源を落とし、V4→20S(20Sは操作せず、V4のAボタンを短押し)。安定したところでSMH5→20S(ここも20Sは操作せずSMH5のジョグダイヤルを短押し)。この手順で繋げば三者同時通話が可能になる。稀に接続できないことがあったが、その場合は電源を落として、ボタン短押しの手順をやり直せばOK。

興味が有るのは、SMH5-FMを安価な3Sなどと入れ替えた場合も三者同時通話が再現できるか?ということ。国内公式ブログは2013年で更新が止まっており、情報を得る術がないので、どこかで実際に試す機会があれば試してみたい。

B00KJGPN2K
SENA
Bluetooth インターコム 20S シングル [並行輸入品]
価格:¥ 29,995
(2019年11月現在)
評価:5つ星のうち3.2 3.2

Amazonで見る

4Riders Interphone V4

届いたので早速J-Cruiseへ取り付けた。値段の割に安っぽくなくて良い感じ。

RIMG0471.JPG

SENA SMH5-FMとの比較すると、大きさが目立つ。ボリュームボタンは上がマイナスで下がプラス。逆では??

RIMG0468.JPG

○良い点

  • 圧倒的な低価格で最大4人同時通話が実現可能。
  • ケーブルが柔らかく、長さも適度なので収納が楽。
  • ノイズは気になるが、音質そのものはSMH5-FMの初期状態より良い。
  • 取り外しが簡単。

×悪い点

  • 一旦電源を切って、再起動すると何故かボリュームが最大になる。
  • ボタンが小さく、操作もやや煩雑。
  • スマホからの通話が自動応答のみ。
  • マイクのラインが邪魔で、左のスピーカーがJ-Cruiseの耳溝に収まらない。

それなりに良ければ、マウントを追加してGT-Airと共用しようと思ったが、スマホからの通話が自動応答のみなのが頂けない。ソロ、もしくはデュアルツーリングならSENAを使いたい。

B06XDL8PMK
Mihono
4Riders Interphone V4 「12ヶ月保証・技適認証済」
価格:¥ 8,500
(2019年11月現在)
評価:5つ星のうち3.7 3.7

Amazonで見る

SENA 10U

ヘルメット用インターコムのSENAから、こんな商品が発売されるらしい(国内販売時期は未定)。

10u-overview_21.jpg

SHOEI GT-AIR、Neotec、Schuberth C3/C3PROそれぞれの専用設計となっており、アンテナや本体をヘルメット内部に全て組み込んでしまおうという商品。性能は現行のSMH10相当で、Bluetoothが4.0になって、FMラジオが追加される感じ。操作はハンドルバーに挟んで取り付けるリモコンで行うとのこと。
これだと取り付け位置で悩んだり、風切音を気にしたり、バイクを離れる度にヘルメットからインカムを外したりといったストレスから開放される。

ユニバーサルペアリング対応!

SMH5-FMの新ファームウエア(v2.0)が本日リリース。ついに他社インカムとのペアリングが可能となった。
スマホとの連携等、クイックガイドの説明では分かりにくかったので、前に使っていたF4を引っ張り出してきて早速テストしてみた。(2015.02.08追加更新)

  • 接続は簡単。SMH5側はジョクダイヤルを8秒押し続ける。F4(他社インカム)は携帯電話とペアリングする要領であっさり接続完了。
  • 一旦電源OFFすると、その都度再ペアリングが必要っぽい。
    一旦ペアリングすると次回の電源ONで自動的に繋がる。
  • 既にiPhoneとペアリングしていても他社インカムのペアリングが優先して割り込む。その場合、iPhoneはマルチポイント接続の二番手となり、通話のみ有効。音楽等は聴けなくなる。
    ジョグダイヤル短押しで切り替え可能。iPhoneの音楽も聴けるので、ソロライド時と同じように使える。

複数の他社インカムと接続できるかは不明だが、クイックガイダンスに「ジョグダイヤルを複数回タップすることにより、通話相手を切り替える事が可能」とあるので、出来そうな気配ではある。
複数の他社インカムと接続は不可。上位機種でないと駄目。

B00YOPPV8S
セナ(Sena)
Bluetooth インターコム SMH5-FM
価格:¥ 20,680
(2019年11月現在)
評価:5つ星のうち3.8 3.8

Amazonで見る

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

過去ログ