エントリー

起死回生

2度の1死満塁のチャンスがあったにもかかわらず、得点は1点のまま9回2アウト。諦めかけたところから里崎が意地のセンター前ヒット。そして、出ましたイ・スンヨプの同点2ラン。本拠地を離れ、弁当の呪いから解かれたのか?今月に入って3本目の本塁打(この際、この本塁打が今月5本目のヒットということは忘れましょう。)は値千金、起死回生の一発。その勢いのまま、相手のミスにも乗じて10回表にゲームを決めました。

正直、拙攻続きで褒められたゲームではありませんでしたが、6回の満塁で併殺を食らったベニーが10回表には結果を残したので良しとしましょう。

最後に出てきたコバマサが、またまた先頭打者を出していた。スロースターターのクローザーってどうなんだろ?すでに持ちネタ化してきつつある。

確かに走り出したホークスは止まらないけど、まだまだ先は長い。直接対決も残っているし、プレーオフもある。大きな連敗をしなければ大丈夫。

TIGER ホットプレート これ1枚

縦置き収納、丸洗いOKの完全分離構造はあたりまえ。何と言ってもたこ焼きプレートの付属が魅力的。無性にたこ焼きを作りたい時があるのです。同じような商品が各社から出てますが、総合評価が高く、実際に売れているので安心です。
今持っている貰い物のホットプレートはデカくて不便ながら、すでに10年選手。
コレ欲し~。

被本塁打王

今シーズンの清水の被本塁打は「17」。四球が19なので、四球を与える頻度で本塁打を打たれていると言って過言ではない。言わずもがな12球団中ブッチギリNo.1だ。

内容を見ると、ソロホームランが大半のため、防御率はさほど悪くない。また、打っているのはやはり各チームの主軸打者が目立ち、城島に3本、ズレータに2本、小笠原に2本というのは象徴的だ。

コントロールが良く、三振が狙える投手なので、余裕のある序盤に主軸と対戦する場面は「四球でも可」ぐらいの心のゆとりがあっていい。エースという看板を背負って力が入りすぎてる感じが否めない。

完全試合

「加藤康介投手がイースタンで完全試合を達成!」

2軍で猛アピール。ちなみに現在、加藤の成績は、5勝2敗(防御率2.15)。奪三振73はリーグトップ。イースタンでは格の違いを見せており、毎回安定した投球を見せている。
一軍に上げるとなれば誰を先発から外すのか?それとも7本柱で回すのか?

緊急登板

本日の予告先発投手は肘の張りで抹消されていた渡辺俊介。
ホークス戦2連敗で火がついたのか、この緊急登板は、あまり良い流れでは無い気がします。
ともあれ、この悪い流れを断ち切ってこそ真のエースへの道が開かれるというもの。いつものように打線と呼応するようなテンポの良い投球で、低迷する打線の目を覚ましてやってほしいものです。

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

過去ログ