エントリー

MIR-1V (B) 37mm F2.8

MIR-1は、旧東ドイツCarl Zeiss Jenaが製造したFlektogon 35mm F2.8を手本に、旧ソ連がコピーした製品として知られている。1954年の登場以来、設計はそのまま、半世紀に渡って製造。後期型のMIR-1V(B)は、生産工場移管に伴い、材質とデザインが変更。200g→185gと軽量化されたのが特徴。

前周に「МИР-1B」と刻印されているものはロシア国内流通版で、アルファベットに変換すると”MIR-1V”。輸出版はこの部分が「MIR-1B」となるので、そのまま"MIR-1B”。稀に分けて紹介されることもあるが、性能差のない同じレンズである。

非常に流通量が多く、手軽に買えるFlektogonの代用品というイメージだったが、既に製造終了から20年近く経過。地域情勢も不透明であることから、今後、市場価格の上昇もありえる。ウクライナのカメラ店の倉庫で眠っていたという、未使用品をオークションで入手した。(1988年 VOMZ製)

DSCF0076.JPG

レンズ自体の性能が高く、中々の描写。APS-Cでは標準画角のレンズになるので使い勝手が良い。欠点は最短撮影距離が0.7mと長いところ。分解して改造する方法も拡散されているが、LMマウントに変換してヘリコイドアダプターという手があるので、このまま使う。

DSFP1202.JPG

▲X-Pro3 + MIR-1V (PROVIA/ISO=800/F=2.8) 最短撮影距離にて撮影

東京堂 YSS ハイブリッドリヤショック

久々にC125のカスタマイズ。ガス&オイルの二槽式ハイブリットサスペンションを導入した。

センタースタンドを立て、片方ずつ交換。若干スポーティな見た目になった。

DSFP1198.JPG

乗り出しから違いがわかるほど上質な乗り心地に変化。舗装の悪い道を走ると、ビヨンビヨン跳ねていたのが消え、コーナーでは路面追従性が上がっている。流石に専門のメーカーが作ったものだけあってシッカリしている。もっと早く買っておけばよかった。

B07T3ZRBZ5
東京堂
YSS ハイブリッドリヤショック ブラック YSSC125B
価格:¥13,037
(2022年04月現在)
評価:5つ星のうち4.3 4.3

Amazonで見る

FUJIFILM XF 10-24mm F4 R OIS WR

春のレンズ祭りの大トリは、XF10-24mm F4 R OIS WR。

DSCF0069.JPG

視野角110度の15mmからスナップに最適な36mmまでの画角をカバーし、風景や建造物の撮影に威力を発揮するF4通しの超広角ズームレンズ。X-Pro3に付けると大きく見えるが、385gと軽量で、重量バランスは良好。インナーズーム&インナーフォーカスのため、長さが変化しないのもポイントが高い。むしろ、防塵防滴構造、レンズ内手ブレ補正搭載ということで、X-Proシリーズにこそ!というレンズだと思う。

安くなってきた先代モデルを検討していたが、マップカメラのイベントで新品が安く買えたので、まんまと罠にかかった。

B08KWF8PP1
FUJIFILM
XF10-24mmF4 R OIS WR
価格:¥111,000
(2022年04月現在)
評価:5つ星のうち4.3 4.3

Amazonで見る

K-4538 TACTICAL BOOTS

リターン直後に買ったカドヤのブーツが、いい加減くたびれて来たので、ここ数年新調を考えていたが、ついつい楽で機能的なシューズタイプを選びがち。ただ、そうすると寒い季節は選択肢がなくなり、結局、カドヤ頼みになってしまう。今年は絶対新調してやろうと目論んでいた。

そこで、完全新作の「タクティカルブーツ」を早々に予約。高強度のバリスターナイロンとフッ素加工牛革を組み合わせたハードな見た目のブーツだが、意外と軽くてカジュアル。シューレースはゴム紐なので、適度なホールド感がありつつも締め付ける感じが無い。脱ぎ履きも大型のフロントファスナーで楽々。

DSCF0067.JPG

左足のチェンジパッドは、ファスナーの付いたセンター部分のパーツと一体になっている。部品さえ出れば、修理に出さず、自力で交換できそう。

サイズ感は大きめで、試着してみたところ、ワンサイズ落として丁度良かった。フローシューズ(2020)の-0.5cm、Boaシステムになる前のフライシューズの幅に近い。

予約商品ピックアップ

Web予約していたブーツが指定の店舗へ出荷されたと連絡が入ったので、早速引き取りに行ってきた。

約2年ぶりの岡山店。AM11:30頃に到着したが、本日分の荷物が届いてないとのこと。出荷連絡が月曜の夕方で、昨日が店舗休業日。恐らく今日中には届くだろうと予測し、配送業者を待つことに。近所を30分ほど散策していると電話が来て、無事目当ての品を入手することができた。

DSCF0053.JPG

昼食は、イオンタウン宇多津のバーガーキング。わざわざブーツだけ店頭引き取りで予約したのは、試着が必要だったのもあるが、今年の1月にオープン(四国初上陸)したココへ寄る計画までをワンセットに考えていた。

DSCF0058.JPG

今後も四国内への出店を予定しているようで、気軽に行ける範囲に出来るとありがたいのだが...

DSCF0064.JPG

20220407.jpg

本日の走行距離:253km

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ

AD