エントリー

タグ「オールドレンズ」の検索結果は以下のとおりです。

試し撮り

X-Pro3で試し撮り。ピント合わせに気を使わない分、同一センサーで手ブレ補正が付くX-S10よりヒット率が高い印象。気難しいオールドレンズでもサクサク撮れるのが楽しい。

DSFP1034.JPG

▲ X-Pro3 + INDUSTER-22 (VELVIA/ISO=3200/F=5.6)

隠し背面液晶にも慣れ、不安は完全に払拭できた。明日、X-S10とX100Fを送り出して、カメラ遊びのメイン機をX-Pro3に一本化。旅の記録や簡単なブツ撮りはXQ2(時々PENTAX Q)という体制になる。

中一光学 Lens Turbo II M42-FX

APS-C機でオールドレンズを扱う際に困るのが画角。今回購入した中一光学のLens Turbo IIは、M42マウントレンズをフジXマウントに変換しながら、内部に仕込まれたレンズで画角を約0.7倍に補正する製品。

_DSF0593.JPG

例えばSuper Takumar1 1.8/55の場合、フルサイズ機なら、そのまま55mmの画角で撮影できるところ、APS-C機では周辺がクロップされて55mm×1.5=82.5mmの中望遠になってしまう。

まずは、一般的なマウントアダプターで撮影。最短撮影距離付近に三脚を立て、F=4.0/ISO3200/内蔵ストロボで撮影した。

_DSF0589.JPG

続いて、カメラ位置や設定はそのまま、マウントアダプターをLens Turbo IIに交換して撮影。82.5mm×0.726=59.895mm。つまり、レンズ本来の画角に近い約60mmまで画角が広がった。

_DSF0590.JPG

画角が広がるということは、単純に取り込まれる光の量が増えて、F値が約一段分明るくなる計算。最初の写真のシャッタースピードが1/60sだったのに対して、二枚目は1/100sで撮ることが出来た。

※追記:「X-Pro3は、レンズのロック解除ボタンと干渉するので使用不可」と公表されているが、我が家の個体では干渉が無いことを確認している。どうも個体差があるようなので要注意。

DSCF0096.JPG

B00SIJ3GEM
中一光学
フォーカルレデューサー マウントアダプター Lens Turbo II M42-FX
価格:¥18,460
(2021年12月現在)
評価:5つ星のうち4.0 4.0

Amazonで見る

テストラン

最近購入したDJI ACTION2と、ダウンベストのお試しを兼ねて一区間だけ高速道を走行してきた。

カメラ位置を前回より6~7cm前へ出し、モジュールなしの本体のみをマウント。最も狭い画角で撮影している。(1080p/60fps/HS)

ダウンベストは今頃の気温が丁度良く、薄手の防風生地のジャケットとの組み合わせが正解。ソフトクリームも全然余裕の暖かさ。

IMG_1282.jpg

それから、本日はINDUSTAR-22も持参。グルグルボケが出て低解像。クラシッククロームで撮ると、いかにもオールドレンズ然とした味が強調される。

_DSF0574.JPG

▲ X-S10 + INDUSTER-22 (CLASSIC CHROME/ISO=320)

_DSF0573.JPG

▲ X-S10 + INDUSTER-22 (CLASSIC CHROME/ISO=320)

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

過去ログ

AD