エントリー

Anker Soundcore Liberty Air 2

SONYのMBH20というBluetoothヘッドセットを長年愛用。内蔵バッテリーが駄目になったので、同じものを買い直して使っている。片耳用で周囲の音がよく聞こえ、ハンズフリー通話から、スーパーへの買い出し中にRadikoを聴くといった用途にピッタリ。毎日のように使ってきた。しかし、既に廃盤となっていて次も同じものというわけにはいかない。これに代わるものということで、AnkerのLiberty Air2を買ってみた。当初、ホワイトの納期が6月だったが案外早く到着。

DSC00495.JPG

決め手となったのは、通話中に周囲の音を消して、こちらの音声をクリアにするというcVc8.0ノイズキャンセリング機能。それから、片耳モードが左右どちらでも可能な点。ケースは標準でQiに対応している。

DSC00496.JPG

B07Y1Q3SLX
Anker
Soundcore Liberty Air 2
価格:¥ 9,999
(2020年05月現在)
評価:5つ星のうち4.3 4.3

Amazonで見る

サイトメンテナンス

約2年前に常時SSL化を行って以来の大規模メンテナンスを敢行。

およそ15年分のエントリーが入っているデーターベースファイルが肥大化。ここ数年500 Internal Server Errorが頻発するようになってきたことから、SQLiteでの運用に見切りをつけて、高速で堅牢なMySQLに移行することに。

freoをクリーンインストールし、サーバーにデータベースを設定。あとは旧SQLite3環境にてエクスポートしたファイルをインポートするだけだと思ったら、これが一筋縄ではいかない・・・どうやらSQLiteとMySQLとで仕様が異なるため変換が必要らしい。

ファイルを切り分け、エディターで変換。根気強くエラーを潰して移行完了。最後にメディアファイルの整合性をチェックして作業終了。

充電大会

最近カブばかり乗っているので、カクタスとStreet Tripleのバッテリーを充電することに。

カクタスは近々バッテリーを交換する予定だが、先月の走行距離が購入以来最短だったので念の為。

IMG_0289.jpg

Street Tripleも修理から帰って以降、150kmほどしか乗っておらず、追加充電。

IMG_0291.jpg

充電を待っている間にカブの洗車。

IMG_0290.JPG

 

モリワキ フルエキゾーストマフラー メガホン

検討中だったC125のマフラーをモリワキのメガホンに決めた。せっかく替えるのだから純正マフラーとは180度違う雰囲気にしたくてカラーはブラックを選択した。

マニュアルによると、ステップを外してから取り付けるとのことだったが、エンジンの装飾カバーを外すだけで作業可能だった。マフラーステーは純正のまま。これがそこそこ重いので、重量減は約1.3kに留まる。

DSC00477.JPG

タンデムステップにプレートを挟んで位置を変更するのだが、常時BOXを積んでいるので、外してしまった。フランジナットにアンチシーズを塗り、トルクレンチで各所指定の数値で締め付けて完成。

DSC00489.JPG

DSC00492.JPG

DSC00491.JPG

15分ほどの慣らし運転を経て、スーパーまで往復。音量は大きくなく、やや低音が効いた感じ。高回転までよく伸び、振動が減った印象。エンジンブレーキもマイルドになって、更に乗りやすくなった。

B07W1KCSDB
モリワキ(MORIWAKI)
フルエキゾーストマフラー メガホン ブラック
価格:¥52,271
(2020年05月現在)

Amazonで見る

パフォーマンスストア限定品通販

期間限定でクシタニパフォーマンスストアの限定品が通販できるサイトがオープン中。サイトを眺めつつ、狙っていた商品の追加を待っていたのだが、それなら針テラス店へ電話して、送ってもらった方が早いということに気がついて取り寄せ。今回購入したのは3点。

■ P-5044 AK ハイカットスニーカー

DSC00471.jpg

SHINICHIRO ARAKAWAとのコラボスニーカー第2弾。以前購入したアディ◯ス風のAK-SNK01の履き心地が良く、この某コ◯バース風ハイカットも・・・と考えていたが、タイミングが合わず買えていなかった。カラーはイエローを選択。鮮やかな色ながらOLDな雰囲気。バイクで使えるように、一番下のシューレースホールが内側にオフセットされ、スエード調素材のチェンジパッドが装備されている。付属するゴム紐に交換すれば脱ぎ履きが楽。

■ P-5052 コンパクトバックパック

DSC00475.jpg

同じくSHINICHIRO ARAKAWAとのコラボの折り畳める簡易バックパック。畳めばマグカップの1.5倍程度ながら、広げればフルフェイスヘルメットが収納できるほどの収納力がある。荷物が増えた時のためにシートバッグやレッグバッグに忍ばせておくも良し、普段からレジ袋として活用するも良し。

 

■ K-1958T リニアフーディー(CAFE)

DSC00470.jpg

最後は今シーズン大人気のリニアフーディー。カタログに掲載されているもの以外に2種類の限定版があり、カラーバリエーションが豊富。散々迷った挙げ句、カフェ限定版のブラックにした。同色プリントで背中にカフェロゴが入っている。昨年のレブロフーディーと比べて厚めのしっかりした生地。

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

過去ログ