エントリー

SIGMA 10-18mm F2.8 DC DN

X100VIをしばらく使って、いくつか不満が出始めた。(三脚穴の位置が前寄りで、ピークデザインのマイクロクラッチが使えない。/フードとフィルターの併用が面倒/マイク端子が2.5mmでグリップ側にある/コンバージョンレンズが大き過ぎる。) そんな中、下取が購入価格の+8万円という提示があり、これならX-T50に乗り換えた上にレンズが1本買えてしまう!と乗り換えを決断した。

ということで、組み合わせて使う常用レンズ選びを開始。過去の傾向から、最も使う画角(35mm換算)は、24mmと50mm。次いで35mm、その後が27~28mmということで、APS-C 16-35mm F4くらいのレンズがあれば理想的。これに近いのがキットレンズのXC15-45mmだが、F値が変動して望遠端が暗く、電動ズームも苦手。過去に所有していたが、あまり使わなかった。

妥協点として考えたのがデジタルテレコン。X-T50で使う前提なら、2倍設定でも残る解像度は許容範囲。これを活用すれば、多少強引ながら、10-18mmは、換算15-54mmと見なすことが出来る。一旦手放していたSIGMA16-50mm F2.8も少し前に買い戻しており、この2本の組み合わせなら安心だろうと購入決定。

240703a.jpg

SIGMA 10-18mm F2.8(左)は、換算15mm-27mmの広角ズームで全域F2.8でありながら、非常にコンパクトというのが特徴。ワイド側で11.6cm、テレ端で19.1cmまで寄れるのも便利。

240707a.jpg

B0CJVRTY76
SIGMA
10-18mm F2.8 DC DN for FUJIFILM X mount
価格:¥96,800
(2024年07月現在)
評価:5つ星のうち4.9 4.9

Amazonで見る

XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR

大きくて重いレッドバッジとは、縁が無いだろうと思っていたが、仕事で使っているXF16-80mm F4が物足りなくなって乗り換え。静かで速いAFと強力な手ぶれ補正。そして一段上の画質。各社フルサイズ機の王道ズーム70-200mm F2.8と並べても見劣らない完成度のレンズに仕上がっている。

メインの用途はブツ撮りやポートレート。あるいは三脚に据え置いての動画撮影がになるが、三脚座が付いているため、付替え無しで瞬時に縦位置に変更できるのが流石のプロ仕様。

240706a.jpg

X-H2に付けてみるとグリップの出来の良さもあって、意外と手持ちでも扱える重量バランスに思える。但し、ズッシリと重いことに変わりなく、一日肩に掛けて歩き回るのは避けたい。

その他、純正テレコンにも対応。1.4Xなら107-299mm F4。2Xなら152-427mm F5.6の相当のレンズに。第5世代の高画素機ならデジタルズームと併用しても十分に解像度が残るので、更に2倍の超望遠にも化ける。

B00NGFLO74
FUJIFILM
XF50-140MMF2.8 R LM OIS WR
価格:¥213,000
(2024年07月現在)
評価:5つ星のうち4.4 4.4

Amazonで見る

FUJIFILM X-T50

一時は廃番になるのでは?と噂されていたT二桁番、X-T30IIの後継機が発売。

X-T5の廉価版、入門機という立ち位置の製品になるだろうが、今回から7段分のボディ内手ブレ補正が搭載されたことによって、差異が少なくなった。(販売価格面の差異も少なくなった・・・)

大きく違うのはメカシャッター性能とファインダーのサイズ、解像度。あとは記録メディアが1枚だったり、電池の違いといったところ。むしろ、最新機と同じセンサー、プロセッサーを積みながら軽量、コンパクトに仕上げている点が素晴らしい。

実は、X100VIに気に入らない箇所が何点か出てきており、品薄で高騰しているうちに売り抜ければ、レンズ付きでX-T50に乗り換えられるのでは?という計算が立って決断した。

両サイドを丸めたデザインは手に馴染み、X-T30IIに無かったブラックも復活。小さいオールドレンズが更に似合うようになった。

240706b.jpg

B0D45Q85C5
FUJIFILM
ミラーレス一眼カメラ X-T50ボディ ブラック F X-T50-B
価格:¥239,758
(2024年07月現在)

Amazonで見る

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

タグクラウド

過去ログ

AD