エントリー

HONDA純正 ビジネスボックス

C125のリヤキャリアに頑丈な自転車カゴを装備したところ、これが便利で、スーパーのレジカゴ保冷バッグをメインに、2Lペットボトル6本パックや米10kg。果ては灯油タンクまで運搬するのに重宝した。但し、鍵が無いためセキュリティーに問題があったり、通り雨の可能性があるとヘルメットを携行せねばならず、それなりに不便もある。一旦GIVIに戻してみたが、流石に容量が足りない。

ということで、保冷バッグ(45cm×30cm×30cm)が入ることを条件に、新しいBOXを検討。カブ110純正オプションのビジネスボックス(58L)を購入してみた。

社外品のキャリアに取り付けるには少々工夫が必要で、純正アタッチメントに加え、GIVIのステーを流用している。

230803a.jpg

保冷バッグにピッタリなサイズ感。2Lペットボトルパックも横に倒せば余裕でOK。灯油タンクは2個載るが、蓋を外さねばならず、重量的にも不安。無理して運ばず、クルマで買いに行くことにする。

230803b.jpg

B00KHIIYPI
Honda
ビジネスボックス:ワンタッチロックタイプ 08L00-GT0-K10ZA
価格:¥12,636
(2023年08月現在)
評価:5つ星のうち4.4 4.4

Amazonで見る
B07864V5VS
Honda
ビジネスボックス取付アタッチメント  08Z70-K88-J00
価格:¥1,890
(2023年08月現在)
評価:5つ星のうち4.0 4.0

Amazonで見る

C125チェーンメンテ

カブのチェーンはカバーで覆われているため、ついついメンテを怠りがちになる。走行中のキュルキュル音が気になってチェーンカバーを開けてみると、思ったよりダルダルになっていた。

230727a.jpg

早速、チェーンの清掃と注油、調整を行って軽くテスト走行。異音は消え、レスポンスも良くなった。但し、そろそろチェーン、スプロケット、ハブダンパーの交換を検討する時期かもしれない。

ついでに、積載をカゴからBOXに戻す作業と空気圧チェックも行った。

230727b.jpg

X-T1 リベンジ

不良品のため即日返品となったX-T1だったが、ビューファインダーの出来が素晴らしく、10年前の機種とは思えないほどの完成度に驚いた。その後、X-T30IIを購入して一旦落ち着いたものの、程度の良さげな個体を見つけて物欲が再燃。X10やPENTAX Qシリーズと同様に、実用を兼ねた動体コレクションとして、一台所蔵することにした。

今度はすこぶる状態の良い美品。経年劣化が懸念されるモルト部品も販売店の方で交換済みとのことで安心。予め取り寄せておいた新品のアイカップに交換し、定番のGRAMAS Extra(X-T2用)を背面液晶に貼れば万全。

エッジを効かせつつ触れる箇所を丸めたデザインは、CONTAX RTS IIIを彷彿とさせる佇まい。グリップや重量感も絶妙に心地良い。

230723a.jpg

流石にAF性能等、諸々の操作性は最新機に劣るが、この時代のセンサーは好みの描写をする。様々なオールドレンズと組み合わせて楽しみたい。

B00I3BSXY8
FUJIFILM
X-T1 ブラック F FX-X-T1B

評価:5つ星のうち4.4 4.4

Amazonで見る

B071CL735ZFUJIFILM
アイカップ EC-XT M
価格:¥1,255
(2023年07月現在)
評価:5つ星のうち4.2 4.2

Amazonで見る

B086PW54CY
坂本ラヂヲ株式会社
グラマス Extra Glass FUJIFILM DCG-FJ03
価格:¥1,982
(2023年07月現在)

Amazonで見る

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

タグクラウド

過去ログ

AD