エントリー

FUJIFILM X-T5

X-Pro3を売却し、次の一台として選んだのは、Xシリーズ10周年の大トリを飾る集大成モデル「X-T5」。解禁日に予約し、発売日の本日、手に入れることができた。

221125a.jpg

暗所でも実用に耐えうる4000万画素APS-Cセンサーや飛躍的な進化を遂げたAF性能など、最新鋭の技術を投入しつつ、小型軽量省電力化を達成。先行販売されたX-H2Sが、動画撮影を含めた万能機の役割を担うため、本機はスチル撮影メインの設計思想へと回帰。要望の多かったチルト液晶が復活している。

X-T30IIを傍らに置き、参考にしながら設定。単純にボタンの数が多く、ISOダイヤルもあるので、割当に困ることは無い。あとは、使いながら煮詰めていく感じ。唯一面食らったのが、公式アプリの「PC Auto Save」が未対応だったこと。PCへの転送方法は考えなければならない。

X-Pro3より厚さを感じるが、持ってみると似たような重量感。グリップの張り出しと重量バランスのおかげで、大きめのオールドレンズを付けて机に置いても前傾しなかった。

さすがにX-T30IIと並べれば、ふた周り程大きい。

221125c.jpg

X-Tシリーズ初搭載のノスタルジックネガを試し撮り。オールドレンズと相性が良さそう。というか、デスクライトだけで適当に撮った一枚で、手ぶれ補正の威力とノイズの少なさを実感。金属の質感や立体感も表現されており、INDUSTAR-22でもコレだけ写るのか!と感心した。新世代センサー恐るべし。

221125b.jpg

▲ X-T5 + INDUSTAR-22 ( Nostalgic Neg. | ISO=640 | F=3.5 | SS=1/80 | EV-0.7 )

B0BKGRMLPG
FUJIFILM
FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-T5ボディ シルバー F X-T5-S
価格:¥231,660
(2022年11月現在)

Amazonで見る

C125 リモコンキー電池交換

C125は、いっちょ前にスマートキーなので、鍵の抜き差しが一切不要。車輌を離れるときに抜き忘れるというポカは起こらないし、給油時もボタンを押すだけでシートロックが解錠されて大変便利。

但し、電池切れしてしまうとハンドルロックの解除すらできなくなってしまうので注意が必要。一応、電池残量が減ってくると、車輌の警告灯が点く親切仕様ではあるが、突然出先でエンジンが掛からなくなっても困るので、納車から約20ヶ月、安全マージンを見て交換することにした。

ボタン電池(CR2032)は、コンビニでも手軽に入手可能。10円玉でパカッとこじ開けるだけ、工具不要。

221121a.jpg

紅葉ソロツー 2022

道の駅どなり、宮川内ダム周辺。

HELIAR 40mmは、相変わらずシャープ。青味が強いので、VelviaよりETERNAやClassic系の方が合いそう。別のカメラでも試してみたい。

221116a.jpg

▲ X-T30 II + HELIAR 40mm F2.8 ( Velvia | ISO=400 | F=2.8 | SS=1/1000 | EV-0.3 )

LAOWA 9mmは、被写体から少し離れれば、ほぼ無限遠固定で撮れて利便性が高い。但し、ヘルメットを被ったままファインダーを覗くと、バイザーの端が映り込む程画角が広いので要注意。余計な心配だが、コレが10mm F4 Cookieだったら、指の写った写真を量産しそう・・・。

221116b.jpg

▲ X-T30 II + LAOWA 9mm F2.8 ZERO-D ( Velvia | ISO=400 | F=N/R | SS=1/250 | EV+0.3 )

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

過去ログ

AD