エントリー

LM-EA7 + NOKTON CLASSIC 40mm

ライカMマウントレンズをソニーEマウントボディでAF化するアダプター”LM-EA7”を手に入れ、ついに禁断のマウントアダプター遊びに手を出してみた。これでレンズの選択肢が一気に広がってしまう・・・。

最初に選んだレンズは、これまでEマウント版で何度か検討していたVoigtlander NOKTON CLASSICのMマウント版 40mm F1.4。絞ると現代風だが、開放付近はオールドレンズの味わいに変化する曲者。万能とはいかないが、撮って楽しいレンズであることは間違いない。

最新ファーム(α9の場合は、Ver.7.0.0ではなく、Ver.6.0.0)へアップデートし、レンズの焦点距離を登録。更新と設定はそれぞれ別のアプリで、設定の方はAndroid版のみ。

説明書をしっかり読み、使い方を把握してから、満を持してレンズを装着!

IMGP0191.jpg

「焦点距離=40mm」を登録したF20でワンショット。以降はF2固定で撮れば、ボディ内ブレ補正が正確に働き、EXIFにも40mmの記録が残る。(絞り値表示はF2固定。)
何故かα9の左肩ダイヤルではMFにならなかったので、AF-ONボタンにAF/MFコントロールを割り当てて、瞬時にMF撮影に切り替えられるようにしている。

決して速くはないが、支障のない速度で合焦。顔認識や瞳AFも効く。また、レンズの焦点距離を最短(このレンズの場合は0.7m)にすると、ヘリコイドアダプターと同じ原理で、30数cmまで寄ってピントが合った。

GABALEのL字プレートと併用すれば、モーター部分の出っ張りを気にせず扱えて良いのだが、三脚へ固定する場合は注意が必要で、アルカスイスクランプと僅かに干渉した。ギリギリ使えそうだが、傷ついたり不具合が出ると面倒なので、別の方法でマウントする。

IMGP0193.jpg

B01JH8VZHM
TECHART
LM-EA7 ライカMマウントレンズ - ソニーEマウント電子アダプター
価格:¥43,593
(2021年02月現在)
評価:5つ星のうち4.1 4.1

Amazonで見る

B000TDZLVG

VoightLander
NOKTON classic 40mm F1.4 131507
価格:¥40,030
(2021年02月現在)
評価:5つ星のうち3.9 3.9

Amazonで見る

悪魔の装備2021

C125に乗り換えてから、ウインカー位置の問題で愛用のハンドルカバーが使えなくなっていたが、MARUTOから適応品が出ているのを知って新調。本来は角目のAA04やJA10用らしく、C125にも適応とのこと。

塩化ビニールの透明窓からウインカーが視認できるようになっているのが特徴。

IMG_0685.JPG 

カブとハンドルカバーの相性は抜群で、デザイン上の違和感が少ない。悪魔どころか、単なる快適装備。

IMG_0687.jpg

IMG_0688.jpg

B07J6B4Q52
大久保製作所
MARUTO スーパーカブ専用ハンドルカバー HC-SPC003
価格:¥2,413
(2021年01月現在)
評価:5つ星のうち3.6 3.6

Amazonで見る

ミニ三脚

α9をWebcamとして使う際、いちいち大きな三脚を出してセッテイングするのが面倒で、デスクトップサイズの三脚を検討。コスパの高いマンフロットのPIXIをアウトレットで購入してみた。耐荷重が1kgあり、α9+FE35mmZAにベストバランスだと思う。

IMGP0171.jpg

送料調整のため、JOBYのマイクロスタンドも一緒に購入。以前販売していたマイクロハイブリッド三脚にスマホホルダーがセットになったもの。主にPENTAX Q用として、リモコンと一緒に使用する。スマホホルダーの方は薄く畳めるので、カバンに入れておく。

DSC00506.jpg

畳めば薄く、邪魔にならないので、付けっぱなしで構わない。

DSC00507.jpg

B00D76RNLS
Manfrotto
PIXI ミニ三脚 MTPIXI-B ブラック
価格:¥2,555
(2021年01月現在)
評価:5つ星のうち4.4 4.4

Amazonで見る
B01MTXTTEB
JOBY
グリップタイトONEマイクロスタンド JB01493 ホワイト
価格:¥2,520
(2021年01月現在)
評価:5つ星のうち4.5 4.5

Amazonで見る
B0000ADYRH
PENTAX
リモートコントロールF 37377
価格:¥2,391
(2021年01月現在)
評価:5つ星のうち3.9 3.9

Amazonで見る

α9にFlash Air

SONY製のデジカメを10年以上使っているが、PCへのWiFi転送が遅いのが不満。IPアドレス等を手動設定していても接続までが遅く、更にそこから転送が始まるまで待たされる。

タイム計測したところ、α9で転送するスロットを選んでから、JPEGファイル1枚の転送が完了するまで約2分10秒~2分40秒。そもそも転送開始まで約2分かかっており、これはRX0IIやα6500でも似たようなものだった。電波干渉が起きているのか、Play Memoriesの出来が悪いのか分からないが、ここまで遅いとUSBケーブルを繋ぐか、SDカードから直接コピーした方が手っ取り早い。

そこで、昨年8月に買ってからPENTAX Q S-1で重宝しているFlash Airをα9で試してみることにした。先程と同じJPEGファイルをSnowyというソフトを介してPCに転送。ソフトを起動してから僅か7秒で完了!

ということで、α9用にもう一枚Flash Airを調達。生産終了から時間が経ち、他に代替品も無いことから徐々に値段が上がっている様子で難儀したが、何とか64GBのFlash Air W-04を入手。

最終版のファームウエアをインストールし、設定を済ませて動作確認OK。以下のように振り分ける設定で運用する。

SLOT 1 : SunDisk Extreme 128GB→RAW (約2500枚、圧縮=約5000枚)

SLOT 2 : FlashAir 64GB→JPEG (24M X.FINE=約3600枚)

IMGP0168.jpg

Hiモードの連写で100枚撮り、2スロット同時に書き込んでみたが、十分実用的だった。なお、α9にはEye-Fi連動機能は無く、放っておくと転送中でも設定した時間で自動的に電源が切れてしまうので注意が必要だが、枚数が多ければ他の方法を使うので、不便は無いだろう。

B072SMPZTR
東芝
FlashAir W-04 SD-UWA064G Class10 UHS-1
価格:¥10,400
(2021年01月現在)
評価:5つ星のうち3.9 3.9

Amazonで見る

オンライン新年会

映像はα9をImaging Edge Webcamで接続。音声はアクションカム用マイクをミニ三脚に固定。

IMG_0631.jpg

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

過去ログ