エントリー

2024年07月04日の記事は以下のとおりです。

FUJIFILM X-T50

一時は廃番になるのでは?と噂されていたT二桁番、X-T30IIの後継機が発売。

X-T5の廉価版、入門機という立ち位置の製品になるだろうが、今回から7段分のボディ内手ブレ補正が搭載されたことによって、差異が少なくなった。(販売価格面の差異も少なくなった・・・)

大きく違うのはメカシャッター性能とファインダーのサイズ、解像度。あとは記録メディアが1枚だったり、電池の違いといったところ。むしろ、最新機と同じセンサー、プロセッサーを積みながら軽量、コンパクトに仕上げている点が素晴らしい。

実は、X100VIに気に入らない箇所が何点か出てきており、品薄で高騰しているうちに売り抜ければ、レンズ付きでX-T50に乗り換えられるのでは?という計算が立って決断した。

両サイドを丸めたデザインは手に馴染み、X-T30IIに無かったブラックも復活。小さいオールドレンズが更に似合うようになった。

240706b.jpg

B0D45Q85C5
FUJIFILM
ミラーレス一眼カメラ X-T50ボディ ブラック F X-T50-B
価格:¥239,758
(2024年07月現在)

Amazonで見る
  • 1

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

タグクラウド

過去ログ

AD