エントリー

2024年05月の記事は以下のとおりです。

ゼンハイザー MKE 200 MOBILE KIT

カメラを仕事で使うことが増え、X-H2での動画撮影も多くなってきたことから、オンカメラの小型マイクを検討。候補の一つだった、ゼンハイザーのMKE 200 モバイルキット(スマホクランプとマンフロットのミニ三脚付き)が、Amazonのアウトレットに出ていたので購入してみた。

240518a.jpg

コンパクトで扱いやすく、十分な性能。風切音対策もしやすく、何かと役に立ちそう。

B09C1QQ6TK
ゼンハイザー
MKE 200 MOBILE KIT 509256
価格:¥13,310
(2024年05月現在)
評価:5つ星のうち4.3 4.3

Amazonで見る

Ulanzi FALCAM F38

FALCAM F22と一緒にFALCAM F38を購入。X-H2を三脚に付けたり外したりが煩わしいので、クイックリリース化するにあたり、最近やたら評判の良いFALCAMを採用することにした。(ちなみにF22とF38はプレート幅の違いで、前者がNATOレール、後者がアルカスイスを手本にしたと言われている。したがってミラーレスカメラの三脚固定は後者を使うことになる。)

ベースそのものがアルカスイス規格で作られており、対応の雲台に取り付けるだけでOK。

240517a.jpg

勿論カメラネジでの取り付けにも対応。中央の3/8”(1/4”変換ネジ付属)に加えて、1/4”が4箇所。汎用性が高い。

240517b.jpg

別売りの回転防止機構付きプレートもナイスアイデアだが、X100VIとX-H2には合わなかったのが残念。スマホクランプ用にした。

240517c.jpg

そして、ついでに購入したストラップベースがすこぶる便利。クイックリリースにストラップ用のスリットを付けただけという製品だが、実に理に適っている。

240517d.jpg

ストラップは、三脚に固定する時に邪魔だが、移動時は無いと不安。従来はピークデザインのアンカーが、この問題を解決する最善策だったが、装着時にストラップの捻れに気を配る必要があったり、そもそも常時カメラにアンカーが付いているのがカッコ悪い・・・そんな不満がこのパーツで解消した!

なお、ピークデザインのプレートにも対応※しているので、マイクロクラッチとの併用も出来てしまう。(※三脚用ベースは非対応なので要注意)

B0C993YFC5
ULANZI
FALCAM F38 多穴クイックリリース ãƒ™ãƒ¼ã‚¹ プレート セット
価格:¥6,600
(2024年05月現在)
評価:5つ星のうち4.2 4.2

Amazonで見る
B0CDFRR5K6
ULANZI
FALCAM F38ショルダーストラップタイプV2ベース
価格:¥5,340
(2024年05月現在)
評価:5つ星のうち4.4 4.4

Amazonで見る
B0C98SH2NB
ULANZI
ULANZI F38回転ズレ防止プレート
価格:¥2,780
(2024年05月現在)
評価:5つ星のうち4.4 4.4

Amazonで見る

Ulanzi FALCAM F22

ZX-25RのGoProマウントをREC MOUNT+からUlanzi FALCAMに変更。”F22”は、主にカメラケージやアクションカムで用いられているクイックリリース規格。

小型ながらアルミ合金製で堅牢。耐候性に優れるので、バイク用にピッタリ。

240516a.jpg

スライドインで簡単確実に取り付け、ボタンを押しながら引き抜くと外れる。いわば、ピークデザインのキャプチャーのような機構。

240516b.jpg

アダプターの底面には1/4インチのネジ穴が切ってあり、三脚ネジに直接固定できるのも実用的で素晴らしい。

240516c.jpg

B0BHT27WDX
Ulanzi
Falcam F22  Gopro用マウント
価格:¥2,580
(2024年05月現在)
評価:5つ星のうち4.1 4.1

Amazonで見る
B0BMDTHXQZ
Ulanzi
Falcam F22 クイックリリースクランプ
価格:¥2,780
(2024年05月現在)
評価:5つ星のうち4.1 4.1

Amazonで見る

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

タグクラウド

過去ログ

AD