エントリー

2022年05月02日の記事は以下のとおりです。

INDUSTAR 50-2 50mm F3.5

旧ソ連で1953年に登場したINDUSTAR 50は、INDUSTAR-10やINDUSTAR-22の流れを汲む、テッサー型 50mm F3.5のレンズ。最初期のみ沈胴式だったが、パンケーキタイプに変貌。小型で低コスト、安定した性能から量産型カメラの標準レンズに採用され、形を変えながら、通算30年以上の製造実績がある。1974年のM42マウント化を機に「INDUSTAR 50-2」となった。

元々5,000円以下で買える入門用オールドレンズとして人気があったが、地域情勢の悪化で現地からの輸入が止まっており、円安も影響して相場が上昇中。今後も不透明なことから、程度の良いものを買っておくことにした。 (1982年 KMZ製)

DSCF0079.JPG

旧ソ連系レンズの割にビルドクオリティは高く、さすがに80年代のものとなれば指標の印刷もシッカリしている。写りはシャープで実用的。これだけ軽いと持っていきやすい。

DSFP1207.JPG

▲X-Pro3 + INDUSTAR 50-2 (PROVIA/ISO=200/F=3.5)

DSFP1217.JPG

  • 1

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ

AD