エントリー

カテゴリー「ガジェット」の検索結果は以下のとおりです。

MNP転出

今月が2年に一度の更新月だったので、満を持してauから転出。間もなく旧Willcomも更新月を迎えるので、こちらも転出し、2台まとめてIIJmioのファミリーシェアプランに乗り換える予定。

5ヶ月後までは、iPhone5s購入時のサポートやスマートバリューが効いており、毎月千円程度しか安くならない計算だが、それを超えると毎月4千円弱の節約となる。
さらに、今まで通話に特化していた旧Willcomが通信可能なSIMに化けた上で、月間通信量の上限が3GB増えるというメリットまである。

auへの届け出は電話で行ったのだが、確認事項を経た最後に「転出せずに残るなら1万5千円分のクーポンを発行する」と引き止められた。そのクーポン、半年前に送ってくれていたならSIMロックフリーのiPhone6を買うこともなかっただろうし、あと2年留まっていた。

■ IIJmioモバイルサービス

EPSON EP-707A

IMG_7264.JPG

プリンターが故障したので新調。使用頻度からレーザーの必要は無しと判断してインクジェット。

何せ、プリンターの購入は8年ぶりなので浦島太郎状態。電器店へ行き、カタログと実機を見ながら比較。スキャナー内蔵タイプの中から、適度な性能かつコンパクトなこの機種を選んだ。

B00N3JBX8I
エプソン
インクジェット複合機 カラリオ EP-707A
価格:¥ 22,450
(2019年11月現在)
評価:5つ星のうち3.5 3.5

Amazonで見る

Mag-tek カーマウント

スマホの車載方法を再変更。やはり磁石で貼り付けるタイプがいいということで、「マグネットが出っ張らない」と謳うマウンターを購入した。

球形の台座に磁力でくっつけるNITEIZEのスマートフォンホルダーに似たデザイン。台座とスマホの間にディスク状のパーツを介在させることで、スマホ側に貼り付ける金属が平面で良くなるという仕組みになっている。

まずはボールマウントと呼ばれる台座を両面テープで貼り付け、そこに強力な磁石が組み込まれたディスクをくっつける。(ディスクの渦巻状のデザインが気に入らなかったので、カーボン調シートを貼ってみた。)

RIMG0298.JPG

iPhone側には、直径3cmの薄い円盤を貼る。こちらも渦巻きシールは剥がして、手元にあった適当なシール(パワプロのダイジョーブ博士)を丸く切って貼ってみた。

RIMG0311.JPG

以前使っていたTetraxと比較すると、こちらの方のマウントが大きく、車への取り付け位置が限られるが、画面が見やすいベストな向きに三次元で角度調整出来るのは良い。マウントした際の安心感はどちらも似たようなもので、走行中外れる感じは全くなかった。

RIMG0303.JPG

RIMG0308.JPG

あと、iPhoneに貼った円盤に磁石がくっつくので、ケーブルオーガナイザーでまとめたイヤホンを貼ったり、マックのオマケで貰ったメモホルダーをスタンド代わりにしたり、意外と活用できる。

RIMG0309.JPG

RIMG0310.JPG

B00PZMR2SG
マグテック(mag-tek)
マグネット式 スマホホルダー MGTK-201
価格:¥ 1,980
(2019年11月現在)
評価:5つ星のうち3.8 3.8

Amazonで見る

マウス修理

チャタリングが酷くなってきたので簡易修繕。ロジクールのM905は、前側の滑性シート裏に2箇所、電池裏のシールを剥がすと2箇所、それぞれネジが隠れていて、それらを外すと分解できる。(分解した時点で補償対象外となるので注意。)

IMG_6954.JPG

開けてみると、スイッチに当たる部分のプラスチックに摩耗が見られたので、エポキシパテを薄く塗った。

RIMG0280.JPG

パテの乾燥を待つ間に電子部分の清掃。綿棒をほぐして片側をパーツクリーナで湿らせ、それで軽く接点を触り、乾いた方で拭き取る感じ。(パーツクリーナーは乾燥が速いので、面倒なら拭き取らなくて良いかも?)最後にエアーでゴミを吹き飛ばして組み直した。

チャタリングは起こらず、元通り快適に使えるようになった。

Radmo

クルマ用のスマホマウントを乗り換え。
TETRAX SYSTEMも片手で取り外しできるので重宝したが、如何せんスマホ側にクリップを貼り付ける必要が有るため、普段使いで邪魔になる。薄くなったiPhone6では尚更。なかなか、コレぞ!というものが無くて探している途中、INDIEGOGOでこの商品を見つけた。
単にスマホを置くだけという単純なコンセプトが気に入り出資を決めた。

予めiPhone6のサイズにホルダーの幅を調整しておき、マウント自体をCDの差込口にプレートを押しこむだけの簡単装着・・・と思ったが、実際使ってみるとイジェクトボタンやホコリよけのフラップへの干渉があり、ボルトを替えたり、イジェクトボタンを取り払ったりと手を加える必要があった。また、そのままの状態では抜けやすいので、ラバーシートを貼ってプレートの厚さも調整した。

RIMG0266.JPG

一旦、フィッティング調整できれば快適に使える。今回は、より安定感がある横置きにしてみた。この状態でもライトニングケーブルは刺さるので問題ない。

 

■INDIEGOGO Radmo: The perfect mobile phone mount for your car

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

過去ログ