エントリー

カテゴリー「ガジェット」の検索結果は以下のとおりです。

オンライン新年会

映像はα9をImaging Edge Webcamで接続。音声はアクションカム用マイクをミニ三脚に固定。

IMG_0631.jpg

ピークデザイン フォンマウント

スマホを三脚に固定するクランプを購入。カメラネジ対応のクランプが殆どの中、アルカスイスに対応したものは珍しく、非常にコンパクトでシンプルなデザインが気に入った。本来、ピークデザインの三脚に付属しているものらしい。

更に、これをミニ三脚でも使うべく、小型のクイックシューも同時購入。

 dsc00340a.jpg

SLIK S-PODと組み合わせるとこんな感じ。水準器が意外と便利だった。

 dsc00339.jpg

B084S8BTP9

ピークデザイン
フォン マウント TT-PM-5-150-1
価格:¥2,800
(2020年12月現在)

Amazonで見る

B07NB2RSFZ
Neewer
クイックシュープレート Arca Swiss対応
価格:¥2,099
(2020年12月現在)
評価:5つ星のうち4.5 4.5

Amazonで見る

Slingbox終了

ロケーションフリーテレビの草分け的存在、「Slingbox」のサービス終了が発表された。製品の出荷やアプリの開発は1年ほど前から停止されており、今後は徐々にアプリのダウンロードができなくなるらしい。そして、24ヶ月後にサービス自体が完全に終了。全ての機器が使用不可になる。

思い起こせば2008年に並行輸入品の「SlingboxAV」を購入。視聴端末がWindows Mobileの時代からお世話になり、以降「PRO-HD」や「350」に乗り換えながら使ってきた。

ライバルだったSONYは地デジ化を機に早々と撤退。動画配信が主流となった今、外出先でテレビを見る習慣自体が減っているので仕方がないところ。海外から国内のレコーダーにアクセスして視聴するという方々には、まだまだ重宝されているようだが・・・。

なお、現在はI/O DATAの「REC-ON」をメインで使っており、サービス終了による不都合は殆どないが、唯一、音声のみストリームに対応してないのが残念。

来春にはBuffaloが「NASNE」を引き継いで復活させてくれる。まだ選択肢が残っているのはありがたい。

AfterShokz Aeropex

先日注文した骨伝導ヘッドホンが届いたので開封。内容物は、本体/充電ケーブル2本/耳栓(音が鮮明になり、通常のヘッドホンのようになるらしい)/専用ケース/マニュアル

DSC00616.jpg

簡易マニュアルで電源ONとペアリング方法だけ見て早速使用開始。

とても軽く、つけ心地は非常に良い。環境音がそのまま聞こえるので、生活のバックグランドで音楽が鳴っている不思議な感覚。とりあえず、バイクの洗車をしながらラジオを聴いてみたところ、ズレることは無く、全く邪魔にならなかった。

音漏れに関しては、雑踏の中だったり、自転車で移動する使い方なら問題なさそうだが、若干大きめかな?程度までボリュームを上げると少し気になる。電車やバスなどで使う場合は、音質含めて通常のヘッドホンの方が良いだろう。

丸一日、長時間使用してみたが、圧迫感や疲労感が無く、とても良い製品だった。これは、今年購入したものの中でベスト1が出たかもしれない。

B07WSTH2C9
AfterShokz
Aeropex 骨伝導ワイヤレスヘッドホン AFT-EP-000012 ルナグレー
価格:¥15,237
(2020年10月現在)
評価:5つ星のうち4.4 4.4

Amazonで見る

オープンイヤーヘッドセット考

Bluetoothヘッドホンは自転車で使えないので、オープンイヤー式のヘッドセットを検討。

まず考えたのが、ヘルメット内蔵型のSENA R1。ヘルメットを新たに買うと仮定すれば、通信機器込みの値段になるので、さほど割高感はない。インターコム機能やFMラジオまで付いて、シンプルに完結する。但し、用途が自転車乗車時に限定されるのは勿体ないし、後継機種のEVOが海外で出ている状況を踏まえると手を出し辛い。

ならば、日常生活でも活躍しそうなネックスピーカーはどうか?一時期のブームが落ち着き、その次の世代も出てきているが、自転車で使うには防水機能が不十分だったり、音漏れが大きかったり、マイク性能が貧弱だったりで、コレぞ!という製品に出会えなかった。強いて挙げるならZulu Audioが良さげだったが、毎回位置決めをする手間が面倒に思えた。

ということで、現状は骨伝導タイプがベストと考えて機種選定。安い中華製品もたくさん出てはいるが、特にBluetooth製品は評価がアテにならず、実績のあるAfterShokzに決め撃ち。フラッグシップ機のAeropexと、最近出た廉価版のOpenMoveを比較検討し、性能、見た目、柔らかさで上回るAeropexの方を購入した。

B07KTHTGFZ
Sena Technologies, Inc
R1 スマートサイクリングヘルメット M ブラック R1-STD
価格:¥26,260
(2020年10月現在)
評価:5つ星のうち4.7 4.7

Amazonで見る
B087WK2WTY
Zulu Audio
Bluetooth ウェアラブル ネック スピーカー (Black)
価格:¥5,970
(2020年10月現在)
評価:5つ星のうち4.3 4.3

Amazonで見る
B07WSTH2C9
AfterShokz
Aeropex 骨伝導ワイヤレスヘッドホン AFT-EP-000012 ルナグレー 
価格:¥15,237
(2020年10月現在)
評価:5つ星のうち4.4 4.4

Amazonで見る
B08CKGR7NN
AfterShokz
OpenMove 骨伝導ワイヤレスヘッドホン AFT-EP-000022 スレートグレー
価格:¥9,999
(2020年10月現在)
評価:5つ星のうち4.7 4.7

Amazonで見る

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

過去ログ