エントリー

カテゴリー「EN125-2A」の検索結果は以下のとおりです。

箱装備

EN125-2AにGIVI E26Xを装備。

純正キャリアに付属の汎用ベースを取り付けるだけの簡単装着。別売りのLEDストップランプキットも組み込んだ。容量は26Lで、GT-AIRやJ-CRUISEが横向きであれば収容可能。

一気に野暮ったくなったが、所詮は利便性を追求してナンボの 原動機付自転車。今後もお買い物マシンとして活躍してもらわねばならない。

B0055B03XS
GIVI(ジビ)
ランプキット S26X E26Xシリーズ用 74488
価格:¥ 3,671
(2019年11月現在)

Amazonで見る

お散歩ソロツー

大阪遠征から風邪気味だったのが、ようやく治ったので、久しぶりにバイクで散歩。潜水橋を2つ渡って、お気に入りのバイク撮影ポイントへ行ってきた。

まずはGS1200SS。前回、この場所で撮影したのは、シートカウルを付けたばかりの頃。その頃から比べて外観の変更箇所が少々ある。

すぐさま来た道を帰る。大野島潜水橋。

EN125-2Aに乗り換えて同じ場所へ。こちらはリヤサスとステッカーの変更だけ。

川島潜水橋。先日の台風の影響で水位が高かった。

いつもは、EN→GSという順番で乗っていたが、今回逆にしてみたら、どちらも乗りやすく感じた。いつもの順番だと、GSのハンドルがえらく遠く感じるので、乗り出しに少し恐怖感がある。

チェーンメンテ

チェーンメンテナンスと空気圧調整を実施。

GSのチェーンは、いつものようにクリーナーで清掃後、MOTULのチェーンペーストを塗布。こいつは手が汚れず、スプレー式のようについ付け過ぎる事も無くて良い。ENのチェーンにはエンジンオイルの余りを軽く注しただけ。

その後、2台分の空気圧調整。前回タイヤ交換したGSのリアの圧がやや低めだった。

続いてGSのアンダーカウルにワンポイントのアクセント。純正ステッカー(ブラック用)を貼ってみた。

車庫から車両を全て出したついでに、水を撒いて清掃。最近のゲリラ豪雨で木の破片や土が吹き溜まりに一杯溜まっていた。

B008KJT2SE
モチュール(Motul)
C5チェーンペースト強粘着性・白色 150ml 16404621
価格:¥ 1,733
(2019年11月現在)
評価:5つ星のうち4.6 4.6

Amazonで見る

平日ソロツー

先日交換したENのブレーキテストがてら峠を越えて隣県へ。ホース交換は効果覿面。握り始めのラグが消え、コントロールしやすくなった。このフロントブレーキなら、リヤはドラムのままで構わない感じ。

パーツショップでGT-AIRのグラフィックモデルをチェックし、GSのアンダーカウルに貼るステッカーを物色。滞在時間30分。トンボ返りで帰宅した。

合わせて、最近調子の悪かったロガーの動作確認も実施。途中で電池切れしていたようだが、正確に記録されており一安心。

ブレーキホース交換

先日、ENのブレーキフルードを交換したところタッチがやや改善したので、それならばと今度はブレーキホースを交換してみた。

作業はゲリラ豪雨が去った夕方から。過ごしやすい気温だが、蚊が多いのが難点。

工程は、ブレーキフルードを抜く→純正ホースを外す→新しいホースを装着→フルードを入れる→エアを抜く。

平地で押して十分テストをした後、近所を一周。更なるブレーキタッチの改善を実感。

帰宅後、まだ日があったので軽く洗車した。

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

過去ログ