エントリー

カテゴリー「カメラ」の検索結果は以下のとおりです。

再び善入寺島

曇天だった先週のリベンジ。今年の向日葵は、そろそろ終わり。

_DSF0334.jpg

DSC01123.jpg

潜水橋は全線で通行止め解除になっていた。お気に入りポイントの一つである学島橋で一枚。阿波麻植大橋と高越山が画角に入る。

IMG_1146.jpg

撮影していると謎のおじさんが近づいてきて、謎の紙を渡しつつ「阿波の山並みを宣伝してる」と...。地元民であることを伝えても会話を続けてくるので、適当に相槌を打って撮影に集中。観光客に同じことをしているようなら宣伝どころか逆効果。やめたほうがいいと思う。

剣山

ようやく晴れたので参加しているラリーの標高タスクを消化。通行止めなどのリスクを考え、無難に剣山(見ノ越峠)を目指すことに。今回は、穴吹川沿いに492号を南下し、438号を西側から登るルートを選択。

長雨の影響で水が出ている場所が多く、大きめの落石なども見られた。途中、景色が良いところでバイクを停め、撮影しながらゆっくり登頂。

DSC01095.JPG

トンネル手前の大岩で小休止。

IMG_1130-2.jpg

峠の駐車場は通過して、そのまま貞光方面へ。約900mを一気に下る九十九折が楽しい。

IMG_1138.jpg

20210825.jpg

本日の走行距離:137km

Tekiac X-Cup Pro

X-S10用のファインダーアイカップを購入。バリアングル液晶の開閉に干渉しないものを探すと、現状はこの商品しか選択肢がないものの日本国内に代理店が無く、ドイツから取り寄せる必要がある。公式サイトで注文してから、届くまで丁度一ヶ月かかった。(注文時に欠品しており、純粋な輸送期間は国際郵便で約2週間。)

取り付けは、ホットシューに差し込むだけ。他の機種(T10,T20,T30)と互換性を持たせるため、若干隙間が出来るが、それほど気にならない程度。

_DSF0332.jpg

バリアングル液晶開閉時にも干渉せずノーストレス。もちろん遮光性も問題なく、使い勝手は良好。

DSC01072.jpg

S10は入門機ゆえ、簡略化したのも分かるが、本来は純正オプションで用意して然るべきパーツだと思う。。

善入寺島

向日葵畑を目指して善入寺島までプチツーリング。撮影機材はα9+COLOR-SKOPAR 35mm F2.5の組み合わせ。

主要ルートの川島潜水橋が通行止めとなっており、北側の大野島潜水橋から上陸。普段の週末ならピークが過ぎた今頃でも観光客の姿が見られるのだが、午後から大雨の予報で人影は無し。

殆ど見頃は終わっていて、これからピークを迎えそうな畑がごく僅かだけ。

DSC01060.jpg

DSC01068.jpg

帰り際、川島潜水橋を覗いてみると、橋の上に大きな流木が乗っていた。これは暫く通行止めが続きそう。

IMG_1102-2.jpg

北側の千田潜水橋も通行止め。

IMG_1103-2.jpg

COLOR-SKOPAR 35mm F2.5 PII VM

いつものEマウント21mmではなく、Mマウント35mm。中古の出物があり、純正フードとセットで購入した。フルサイズでは広角、APS-Cでは標準域になる画角のパンケーキレンズ。

DSCF0294.jpg

 

B000TDXMGW
VoightLander
COLOR-SKOPAR 35mm F2.5 PII 130715
価格:¥35,050
(2021年07月現在)
評価:5つ星のうち4.5 4.5

Amazonで見る
B002HORFEG
VoightLander
レンズフード LH-4N
価格:¥4,815
(2021年07月現在)
評価:5つ星のうち4.6 4.6

Amazonで見る

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

過去ログ