エントリー

カテゴリー「カメラ」の検索結果は以下のとおりです。

Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

COLOR SKOPARは、画角にバイクを置くのが難しく、用途に合わないという結論。また、風景記録やテーブルフォトなら携帯性と速写性に優れたRX0IIが有利に思われ、手放すことにした。

代わってやってきたのは、NOKTONではなく、いずれ購入するつもりでいたSonnar T* FE55mm 1.8ZA。

 DSC00087.JPG

Eマウントフルサイズ対応のレンズとしては、比較的初期に出たものではあるが、軽くて写りが良いツァイスとして、根強い人気を誇る。レンズフードが大型であるため大きく見えるが、鏡筒が細くてコンパクト。画角も使いやすく、とりあえず1本選んでバイクで出かけるなら、このレンズがベストになるだろう。

但し、寄れないという欠点があるので、NOKTON 40mm F1.2やTAMRON 28-75mm F2.8などと組み合わせて補うつもり。こうして沼に嵌って行く。

B00FYOF61K
ソニー
Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
価格:¥ 86,310
(2019年11月現在)
評価:5つ星のうち4.3 4.3

Amazonで見る

レンズテスト

昨日届いたCOLOR SKOPARのお試しで、近所の峠まで行ってきた。

風景撮影は広角レンズらしく開放感がある。ピントを無限遠にしてシャッターを切るだけという手軽さもいい。F8固定で撮ってみた。

DSC00083.jpg

木陰に紫陽花が咲いていたので、バイクを停めて一枚。

DSC00069.jpg

峠の展望台。被写体との距離感や配置が難しい。

DSC00073.jpg

同じ場所で85mm F1.8に換装。

DSC00078.JPG

その後、小一時間レンズを取り替えながら撮影して帰宅。今後の方向性が定まった。

Voigtlander Color Skopar 21mm F3.5

α7IIIの2本目のレンズとして、小型軽量の広角単焦点を検討中。

狙っているのは、NOKTON CLASSIC 35mm F1.4だが、その在庫を検索をしているうちに、破格のCOLOR SKOPAR 21mm F3.5を見つけた。正直なところ、某カメラ店の買取見積より安かったので、少し使って気に入らなければ、下取りに出してNOKTONに交換すればいいやという打算が働いて購入してみた。

というわけで、一先ずお試し。

DSC00086.JPG

開放値をあえてF3.5に抑え、小型化に徹したレンズということで、携帯性は抜群。広角ながら歪みも気にならないし、20cmまで寄れるのは重宝しそう。また、MFとはいえ、2m以上は無限遠となるので風景スナップを手軽に撮ることができる。

ピント合わせは簡単だし、よく写る。

DSC00058.JPG

RAW現像も試してみた。金属接点付きでデータが残るので、Lightroomなどでレンズプロファイルが自動で適用される。

DSC00065.JPG

被写体が近くても全体が収まるので、モーターサイクルショーなどで良さそう。しかし、そうなるとRX0IIの携帯性と速写性の方が勝っているので、どちらを選ぶか悩ましい。

もう数日使ってみて、どうするか考える。

B07JGNJGR7
コシナ
Voigtlander COLOR-SKOPAR 21mm F3.5 Aspherical E-mount
価格:¥ 75,777
(2019年11月現在)


Amazonで見る

エクステンショングリップ

グリップ感向上を狙って、エクステンショングリップを2種類と、ピークデザインのCAPTURE V3、CLUTCHを購入。

DSC00049b.JPG

まずは、INPONというメーカーのクイックリリースプレート。この手の商品はReally Right Stuffが有名だが、高価なので類似品で妥協。とはいえ、思ったより精度は高かった。アルカスイス互換で、このまま三脚に固定が可能。

DSC00051.JPG

一点だけ残念なのが、CAPTUREとの併用が不可というところ、低頭のクランピングボルトと厚い旧型プレートを使ってみたが、それでも干渉した。

DSC00052.JPG

ということで、CAPTUREを使う場合は、プレートを直接装着する形になる。小さいレンズの場合は、CLUTCHと組み合わせるパターンが良さげ。

DSC00053.JPG

最後は、SONY純正のエクステンショングリップ。さすがにグリップ感は抜群。しかも軽量。カフやスライドライトと組み合わせて使うのが良さそう。但し、ネジ穴が塞がってしまうので、三脚を使う予定がある日は、別の組み合わせにする。

DSC00054.JPG

B071KWZWKZ
ソニー(SONY)
グリップエクステンション GP-X1EM
価格:¥ 8,140
(2019年11月現在)
評価:5つ星のうち3.8 3.8

Amazonで見る
B07PJQDWS7
INPON
クイックリリースプレート Sony α7III/α7RIII/α9
価格:¥ 4,289
(2019年11月現在)
評価:5つ星のうち4.7 4.7

Amazonで見る
B07818Z4Q5
ピークデザイン
【国内正規品】キャプチャー(クリップオンリー) CC-BK-3
価格:¥ 6,189
(2019年11月現在)
評価:5つ星のうち4.2 4.2

Amazonで見る
B07HP57XC4
ピークデザイン
【国内正規品】クラッチ CL-3
価格:¥ 5,190
(2019年11月現在)
評価:5つ星のうち3.9 3.9

Amazonで見る

三脚改造

α7IIIには、ピークデザインのプレートを常時装着しており、いざ三脚を使うとなったとき、専用のクイックリリースプレートに交換するのが面倒。だからといって使用頻度が少ない三脚をわざわざ買い直すのは・・・ということで、UT-43Qの雲台(QHD-U4Q)に付いているマウントシューを交換してみることにした。

ところが、固定しているネジが難敵で、ネジ止め剤でガッチリ固定されている。案の定、ナメてしまい、ネジ山が完全に消失。

仕方がないので、リューターでマイナスドライバーが噛むように溝を彫り、万力に固定。ドライバーでは十分なトルクがかけられず、ビットラチェットを使って何とか攻略。

DSC00044.JPG

重いため使わなくなっていたTRIPLE TREEというメーカーの雲台から、アルカスイス互換シューを拝借して移植。

DSC00045.JPG

UT-43Qに取り付けて完成。思いつきで強引に交換してみたが、収まりがよく携行性も犠牲になっていない。簡易ながら水準器まで使えるようになって大満足。

DSC00046.JPG

B01MUZMHOF
TRIPLE TREE
自由雲台 クイックシュー付き
価格:¥ 2,399
(2019年11月現在)
評価:5つ星のうち4.1 4.1

Amazonで見る

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

過去ログ