エントリー

カテゴリー「カメラ」の検索結果は以下のとおりです。

JJCレンズフード

最近は改善されつつあるが、古い世代のフジノンレンズは、フードやレンズキャップの出来がイマイチ(依然リヤキャップは緩い。) XF18-55mmのフードも例外ではなく、機能的に問題は無くても、ペラペラで剛性感に欠けるのが残念。社外品で金属フードも販売されているが、さすがにキットレンズには勿体ないので、純正品より安価なJJCの樹脂フードを試してみることにした。

 IMGP0251.jpg

しっかりした”普通”のバヨネットフードで、逆さ付けも問題なし。当然フィルターの装着もOK。ちなみに、このフードはXF18-55mm F2.8-4と、XF14mm F2.8に対応する専用設計。サイズが合っていても他のレンズでは使えない。

ちょっとしたことだが、これで満足度がグッと上がった。フロントキャップも現行品に替え、リヤキャップは三本共全て社外品に入れ替えるつもり。

B097TDX6HJ
JJC
LH-XF1855 Lens Hood Ф58mm
価格:¥1,099
(2021年09月現在)
評価:5つ星のうち1.0 1.0

Amazonで見る
B077D8VNB8
富士フイルム
FLCP-58 II CD 58mm用レンズキャップ
価格:¥573
(2021年09月現在)
評価:5つ星のうち4.4 4.4

Amazonで見る

B07WTN9ZJ3
ノーブランド品
Xマウント用 レンズリアキャップ 3個
価格:¥700
(2021年09月現在)
評価:5つ星のうち4.1 4.1

Amazonで見る

XF90mm F2 R LM WR

長らく興味はあれど敬遠していた単焦点望遠をラインナップに追加。

購入を躊躇っていた一番の原因が重量。フルサイズ用だとレンズ単体で1.5kg前後があたりまえ。しかも、潰しの効かない画角のため、毎回ズームレンズや広角/標準レンズも合わせて持っていく事になる。しかし、これがX-S10とXF90mmの組み合わせなら、手ブレ補正付きで約1kgを実現。一緒に持っていくレンズもXF16mmやXF18-55mmならば、大した荷物にならない。

α9+SIGMA C28-70mmと比較して、140g程軽い計算になるが、その差は数値以上。深いグリップの恩恵で、手持ち撮影が全く苦にならない。

IMGP0249.jpg

オートフォーカスはXFレンズとしては、そこそこ速い方。X-S10での高速連写(ES)が1.25倍に強制クロップされてしまうのを逆手に取れば、換算約170mmの望遠(しかも大口径!)に変身。ちょっとしたスポーツ観戦ならば使えそう。

なお、カメラに装着した状態では、フードが常に接地する状態が避けられず、傷だらけになるのは時間の問題。カーボンステッカーをプロッターで切り出して貼ってみた。

IMG_1161.jpg

B00XTPE4AK
FUJIFILM
XF90mm F2 R LM WR
価格:¥107,000
(2021年09月現在)
評価:5つ星のうち4.5 4.5

Amazonで見る

XF16mm F2.8 R WR

剣山に登った際、持っていったのが、α9とSIGMA C28-70mmの組み合わせ。帰宅して写真をチェックすると、その殆どを広角端で撮っており、もっと広角で撮りたい欲が湧いてきた。

色々考えた結果、イマイチしっくり来なかったXF 27mmと入れ替えてXF 16mmを迎え入れることに。僅か155gと軽く、コンパクトな外観はX-S10とベストマッチ。

DSC01138.jpg

風景からテーブルフォトまで何でも撮りやすい画角(換算24mm)で、AFが静かで速いことから、動画撮影への適性も高い。

Touit 32mmやVoigtlander 35mmと組み合わせた軽量システムで持ち出したり、α9+SIGMA C28-70mmの広角側を補うサブカメラとして二台併用したり、出番の多いレンズになると思う。

B07NQWFDJB
FUJIFILM
XF16mmF2.8 R WR B
価格:¥47,025
(2021年08月現在)
評価:5つ星のうち4.5 4.5

Amazonで見る

The Top Shelf カメラバッグ

3月にKickstarterで出資していたカメラバッグが到着。当初はもう少し早く受け取る予定だったが、発送間際のタイミングで山火事に見舞われ、鉄道の運休で港のコンテナが動かず、物流が滞る事案が発生。予定より約3ヶ月遅れる結果となった。

Manfrottoのカメラリュックやクシタニのバックパックだと容量が足りず、カメラの出し入れが面倒だったり、レンズ交換が手間だったりすることから、大きめで速写性の高いカメラバッグを探していたところ、海外のカメラ情報サイトでこのバッグを見つけた。30日間で約1億円の資金を集めた人気商品。

_DSF0347.jpg

特徴はバックパックモードとスリングモードの切り替えができる点と、アクセスボタンで瞬時に気室にアクセスできるギミック。頻繁に開け閉めしながらカメラを取り出して撮影するのに最適な設計となっている。

アクセスボタンは、NASCARなどに採用されているクイックリリースラッチと同じ構造。ワンプッシュで開く。

_DSF0346.jpg

受け側はバッグを成形する金属フレームに固定。十分な強度があり、逆さにして振ったくらいで蓋は開かない。

 _DSF0345.jpg

レンズを付けたカメラ3台、交換レンズ3本。マウントアダプター3個。ストロボ&コマンダー。レインカバー。そして、前面のポケットには、ミニPCセットとモバイルバッテリー。

IMG_1151.jpg

これだけの装備だと、流石に重くて1日中背負う気にはなれないが、移動手段がクルマだったり、公共交通機関なら大丈夫。一通り持っていけるだけの収納力が頼もしい。

■ The Top Shelf - Super-Fast, All-Access Camera Bag (KICKSTARTER)

TecoBuy.jp 終了

激安海外ECサイト、TecoBuy.jpが突然の営業終了。ここ最近、異常に品揃えが悪くなっていたので、そろそろ危ないか?と思っていたところ、以下の一文を残してサイトを見ることが出来なくなった。

20210826.jpg

これまで3回利用してレンズやストロボを購入。2回は普通に届き、最後だけ欠品で強制キャンセル(即返金されたので問題なし)。短い期間ではあったが世話になった。

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

過去ログ