エントリー

タグ「Willcom」の検索結果は以下のとおりです。

HONEY BEE5

今回機種変したのはHONEY BEE5。

最大の特徴は子機にも親機にもなるBluetooth機能。
iPhoneとペアリングして「子機」として使用すれば、全ての着信がHONEY BEE5に一本化。発信する場合はWillcomの番号かauの番号かを選べる。また、「親機」にすればBluetoothヘッドセット等とペアリング可能。

その他、前後カメラや防水機能といった基本的な機能も押さえている。丁度良いサイズ感で、先日買ったカバーを付けたiPhone5と長さがほぼ同じだった。

あと、副回線でSOCIUSをもらった(端末代+基本料無料)。年契を倍化することで主回線を解約しにくくするための方策とは重々承知。実は2回線目で契約しているHONEY BEE3がそろそろ丸2年を迎えるので、3月にそちらを解約して入れ替える予定。バラバラだった複数端末の契約時期の足並みを揃える良い機会と考えた。

WILLCOM機種変更

Willcomでは最後の端末にするつもりだったPORTUSを機種変更。僅か7ヶ月。

PORTUSは大容量バッテリー搭載で約一週間充電無しで使えたのは良かったが、以下の点を不満に感じていた。

  • ポケットWi-Fi:iPhoneのテザリング解禁で殆ど使わなくなった。Softbank回線を利用するULTRA SPEED(1.5Ghz帯限定)のエリアと速度が基本料に見合わない。バッテリーの減りも速い。
  • 容量オーバー:メール受信した添付写真が、しばしば容量オーバーで表示出来なくて不便。
  • 電波が弱い:京セラ端末に比べて明らかに電波が弱い。
  • カメラが無い:スマホがあるので大丈夫だと思ったが地味に困る。
  • 大きい:大容量バッテリーと引き替えなので仕方ないが、サブで使う端末としては大きい。
  • 買った店の対応:初期不良を巡ってWebストアと揉めたので縁を切りたかった。

ということで、色々理由を付けて乗り換え。初期費用は多少かかるが、月々の支払いは再来年5月までほぼ同じ(+前機種端末代残ー基本料)。それ以降は安くなる。

まあ、使わない機能に月々払うよりは良いだろうと。あとICONIA TABを売却しているので、大損はしてないという心の余裕も若干あった。

Willcom クレーム収束

四月末に起こったPORTUSの初期不良クレームの続き。

端末自体は五月初旬に交換されて問題なく使っている。ソフトバンク回線に圏外が多くモバイルルーターとしては使い勝手がイマイチだが、電話自体には満足。大容量バッテリーの恩恵で1週間近く充電しなくても使えるのが気に入っている。

六月初旬、請求しないと合意していた間の転送通話料が請求されているのを発見。(日割りの基本料分のみ割引。)

6/11(月)これは何かの間違いだと思い、ストアに電話確認。担当者曰く「確認して当日、もしくは翌日までに連絡する」とのこと。

6/12(火)担当者より「もう少し時間がほしい」と電話がある。

7/5(木)転送通話料金分の返還はできないとのこと。納得できないので再調査、調整を依頼。併せて、時間がかかりすぎていることについても改善を要求。

8/3(金)不備をすべて認めた上で、転送通話料金分の返還はできないとの結論。返還できない理由の説明を求めるも一貫して謝罪のみ。「これ以上何もできない」と開き直られる。さらに時間がかかっているし、納得出来る要素が一つも無い。

人為的ミス(伝達すべき情報の欠落と虚偽)を発端に何の責任も取らない態度に失望。二ヶ月も問題を先送りにした姿勢やお粗末な電話対応にも憤りを感じ、これ以上ストアと交渉するのは無意味と判断。
ウィルコム本社宛に公式サイトからこれまでの全経緯と要望をメール。

8/8(水)調査するので15日まで時間が欲しいと連絡がある。

8/15(水)次回の請求時に、過剰請求分を割り引くということで解決。ストアの対応不備についても謝罪があった。

さすがに本社は対応が早かった。しかし、ストアの対応は度を超えて酷く、二度と関わり合いたくない。現在の契約縛りが解ける頃には、070もMNPの対象になると思われるので、おそらくPORTUSがWillcomでの最後の端末になると思う。

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

過去ログ