エントリー

タグ「RICOH」の検索結果は以下のとおりです。

メタルレンズキャプ GL-1

GR用のメタルレンズキャップを購入。そのままでは真っ黒で味気がないので、バイク用のタッチペンを使ってGRロゴを白く塗った。

お散歩ソロツー

大阪遠征から風邪気味だったのが、ようやく治ったので、久しぶりにバイクで散歩。潜水橋を2つ渡って、お気に入りのバイク撮影ポイントへ行ってきた。

まずはGS1200SS。前回、この場所で撮影したのは、シートカウルを付けたばかりの頃。その頃から比べて外観の変更箇所が少々ある。

すぐさま来た道を帰る。大野島潜水橋。

EN125-2Aに乗り換えて同じ場所へ。こちらはリヤサスとステッカーの変更だけ。

川島潜水橋。先日の台風の影響で水位が高かった。

いつもは、EN→GSという順番で乗っていたが、今回逆にしてみたら、どちらも乗りやすく感じた。いつもの順番だと、GSのハンドルがえらく遠く感じるので、乗り出しに少し恐怖感がある。

一泊二日大阪の旅

大雨の予報が出ていたので予定より2時間早く出発した。後に淡路島が雨で通行止めとなったらしいのだが、自分が走っている間も大雨と霧で視界が僅か数十メートルという危険な区間があった。慎重に運転しつつ宿泊予定のホテルに到着。

チェックインまで時間があったので、2日目に組んでいた予定をこなすことに。まずはイナバカメラ店を訪れ、ユリシーズのminimoという木製のリングストラップを購入。

続いてリコーのサービスセンターへ寄って、GR DIGITAL IVのグリップ交換を依頼。

約20分ほどで作業終了。グリップはストラップに合わせて木目調にした。高級感UP。

丁度良い時間になったので、チェックインを済ませ、荷物を置いて出発。雨がかなり強かったので地下鉄で一駅だけ移動。地上に上がったら雨は小降りに。

少し早めの夕食は大阪大勝軒(日本橋店)。

再度地下鉄に乗って京セラドームへ。

RICOH GR DIGITAL IV

コンデジの方もCanon S100からRICOH GR DIGITALに乗り換え。

大型センサー搭載のGRが出たので、GR DIGITALシリーズは恐らくIVで打ち止め。手にするには丁度良い頃合いではないか?と考えた。

相場を探っていたところ、7月末~8月中旬に3万円前後を行ったり来たり。ここ数日は徐々に値上がり傾向。これはIIIの末期とそっくりな値動きで、既に底を打ったと判断。

合わせて中古市場もチェックしていたら、「グリップ変色」という理由で安く売られている商品を発見。(IVは材質変更の影響でグリップが白っぽくなるケースが見られるようだ。)幸い来週大阪に行くので、サービスセンターに寄って交換してもらえば済む話。交換代金込みで考えても相場より数千円安い。というわけで即決。

グリップの変色は気にする程のものでは無かったが、折角なのでウッド調かレザー調に替える予定。早速ファームを最新版に更新して試し撮り中。

屋内やスポーツ撮影等、苦手なシチュエーションはα57に任せて、もっぱらツーリングスナップ&物撮り専用機として持ち歩きたい。

B005NGLWSK
リコー
デジタルカメラ GR DIGITAL IV 175720

評価:5つ星のうち3.9 3.9

Amazonで見る

コンデジ考

気がつくと、お気楽なS10ばかり持ち出してA12ユニットの出番が少なくなっているので、この際、RICOH GXRのシステムを全リセットして、よりコンパクトな機種に乗り換えようという計画。今のところ候補は以下の3機種。

・SONY サイバーショット DSC-RX100

1.0型センサーにカールツァイスF1.8の大口径レンズは、コンデジとしては頭2つ以上抜けたスペック。出たばかりなので高額なのがネック。(GXR+S10と比べて...容積59.7%、重量73.8%)

・CANON PowerShot S100

24mm~の焦点距離はS10に通じる。候補の中では一番軽くて小さい。登場から半年で値段が落ち着いてきた。今が買い時かも?(GXR+S10と比べて...容積44.5%、重量60.9%)

・RICOH GR DIGITAL IV

使い慣れたRICOHの操作性を踏襲。熟成された安心感と単焦点ならではのメリットも多い。1cmマクロも魅力。(GXR+S10と比べて...容積59.5%、重量67.4%)

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ