エントリー

タグ「PENTAX」の検索結果は以下のとおりです。

クイーン賞

白毛馬ユキチャンを見に船橋競馬場へ行ってきた。
到着したのが7R発送前。8R,9Rと馬券を軽く外しながら、パドックの最前列を確保。9Rが終わると同時にパドックは黒山の人集り。アイドルホース登場を今や遅しと待ち構えていた。

そして、ついに登場。そこいら中から一斉に携帯カメラのシャッター音。普段あまり地方競馬場では見かけない客層が目立っていた。それと対照的だったのが、地元船橋のオッサン勢。このフィーバーぶりを毛嫌いするかのように、人気先行と、ひたすらユキチャンをバカにしていた。コントラストが面白い。
しかし、どう見ても仕上がりは万全。ライバルのヤマトマリオンが休養明けで一息な分、余計にそう感じさせた。前走から地方競馬に移籍して、鞍上も今野に替わっている。馬場も稍重なら合わないことはないだろう。おまけに斤量は55kgと恵まれた。ここは確信を持って頭固定。そして相手は地元からテイエムヨカドーとベルモントプロテア。中央勢からはヘイローフジをチョイス。人気のヤマトマリオンと武豊が乗るチェレブリタはバッサリ。人混みをかき分け、少し早めに馬券を買い、急いで本馬場へ。好ポジションを確保してレースを待つことにした。
ここではオバチャン連中が大はしゃぎ。韓流スターでも見るかのようにユキチャンユキチャンと騒いでいた。

一周目。四番手の好ポジションで第一コーナーへ。

ゴール前。四コーナーから追い出すと、最後は粘るテイエムヨカドーとの叩き合いを制した。見事重賞二勝目を挙げ、場内は大いに盛り上がった。

3着をターフビジョンで確認すると「2」「3」「5」あたりが一団と成って傾れ込んでいる。期待のヘイローフジはその後。馬単は買ってないので、ハズレが確定した。

ウイニングラン。

勝利ジョッキーインタビュー。

亀戸天神社&スカイツリー

野球が無いので休みの日を持て余す。カメラを持って、散歩がてら亀戸天神社に行ってきた。












さらに足を伸ばして建設中の東京スカイツリーを見物。現在224m。




持参したパンケーキレンズの画角では、タワーの全景が入らないので、一度帰宅して標準レンズに換装して出直し。あっという間に夕暮れ。


この後、菜苑で純レバ丼を食べて帰宅。

PENTAX DA40mm F2.8 Limited

K-xの売りの一つが軽量コンパクトであること。その性能を最大限に生かすのが、厚さ僅か15mmのパンケーキレンズ。

フードに付いているレンズキャップがネジ式のため、鞄から出してすぐ使うような機動力が損なわれるのが残念。外したキャップは小さいので、すぐ無くしてしまいそう。
対策は2つ。
1.フードの内側に30.5mmのレンズガードを装着し、あえてキャップ無しで使う。
2.フードを外して49mmのフィルター+レンズキャップでレンズを守る。
今回はとりあえず、より機動性に優れた1.の案を採用。

レンズガード購入ついでに純正のワンハンドストラップも一緒に買ってきた。かなり軽快。

レンズガードのリングがシルバーで、ボディーカラーと合っている。なかなか良い感じ。

100/100カラー

オーダーしていたPENTAX K-xが届いた。ボディカラーは、店頭のサンプルで見て、気に入ったシルバーメタリックを選択。これでグリップが黒やグレーだと味気ないので、思い切ってグリーンを組み合わせてみた。(カタログでは100番目に掲載されている組み合わせとなる。)自分で考え抜いて決めたカラーだけに愛着が湧く。

肝心の性能は、LVを使わない限りピントも速く、4.7枚/秒の連写速度も満足。多少大きめの動作音も「撮ってる」という気にさせてくれる。それから忘れてはならないのが軽さ。これまでCANON EOS Kiss Digital X→SONY α200という入門機に70-300mmのズームレンズを組み合わせて使ってきたが、それらと比べて150g以上軽い。
そして、最も驚いたのが、ISO1600での画質。頭上の蛍光灯を消して、光源は背後の室内灯のみという薄暗い室内。被写体は黒いカメラ。劣悪なコンディションだが、これを手持ちで何も考えずオート(フラッシュ無し)で撮影したのがコレ。


https://d5s.net/photo/IMGP0736.jpg サイズがデカイので消しました。
当然ノイズは乗っているものの少し加工したり縮小すれば、使用に耐えうるレベル。 標準レンズでここまで写るのか!と感心した。

一方、残念な点が一つだけあって、液晶にドット欠けが一カ所存在した。目を凝らさないと分からず、不都合にはならない程度。まあ、こればかりは仕方がないと思いつつガッカリ。

思い返せば、初めて手にした一眼レフがSF-7(1988年発売で10年位使った。)それ以来のPENTAX機。

K-xオーダー

PENTAX K-xの販売が始まり、大型店舗では各カラーのモックが置かれている。何せ100もパターンがあるので悩む悩む。スンナリ決めるのは至難の業。
当初、カタログから目星を付けていたのは、この4パターン。(赤はレギュラーモデル)

で、実機やモックを見た感想は・・・「違う!」 赤は朱色で、緑もイメージより薄い色。他の色も全体的にガンダムカラーっぽい。これをクビからぶら下げて持ち歩くのは勇気が要る。ならばベージュ、オリーブ、チョコレートと思ったが、こっちはちょっと地味過ぎた。一週回ってブラック!とも考えたが、それでは、K-xの魅力が半減。負けた感じがする。
結局、3日間悩んで無難なカラーx派手目のグリップという、当初見向きもしなかった組み合わせに落ち着いた。何色にしたかは、届いてからのお楽しみ。

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ