エントリー

タグ「DIY」の検索結果は以下のとおりです。

カメラリュック カスタマイズ

バイクで使うにあたって、余ったベルトが風を受けてバタつくのが気になったので、ベルトクリップで対応。このタイプは調整が簡単なので、他のバッグでも多用している。

DSC00106.JPG

続いて、安定性を上げるべくチェストベルトを追加。家にあった端材を集めて自作してみた。

DSC00105.JPG

B07792ZJMV
HUALIAN
テープクリップ 10個入り 25MM
価格:¥ 598
(2019年11月現在)
評価:5つ星のうち3.6 3.6

Amazonで見る

SENA 20S修理

ベースのロックがかかる場所が破損して粉々になり、応急措置を施して使っていたが一日持たず、より高い強度を目標に修理を試みることにした。

20Sはネジを5本(T-8)を外せば、簡単に基盤にアクセスできる。アンテナのラインやカプラを外して分解。

DSC00063.JPG

続いて、応急措置に用いた接着剤やパテの残りカスを丁寧に除去。仕上げにシリコンオフも吹いた。

DSC00064.JPG

当初、BONDICでの修理を考えていたが、近所に売ってなかったので、瞬間接着剤を使用。セメダイン3000ゴールドの耐衝撃タイプを試してみる。

割れた箇所の破片を一個ずつ接着してはヒートガンで乾かし、割れた隙間にも接着剤を流し込んだ。完全に硬化したら、はみ出た接着剤を削って完成。強度がこれまでの応急措置より格段に上がり、これなら何とかなりそうな気配。

DSC00065a.JPG

※淡路島ツーリングで丸一日使用。何度か脱着もしたが問題なし。一応、来月新しいインカムを購入する予定ではあるが、今回の件で分解手順が分かり、バッテリーの交換も可能となった。まだまだ現役で、接続相手によって使い分けたい。

三脚改造

α7IIIには、ピークデザインのプレートを常時装着しており、いざ三脚を使うとなったとき、専用のクイックリリースプレートに交換するのが面倒。だからといって使用頻度が少ない三脚をわざわざ買い直すのは・・・ということで、UT-43Qの雲台(QHD-U4Q)に付いているマウントシューを交換してみることにした。

ところが、固定しているネジが難敵で、ネジ止め剤でガッチリ固定されている。案の定、ナメてしまい、ネジ山が完全に消失。

仕方がないので、リューターでマイナスドライバーが噛むように溝を彫り、万力に固定。ドライバーでは十分なトルクがかけられず、ビットラチェットを使って何とか攻略。

DSC00044.JPG

重いため使わなくなっていたTRIPLE TREEというメーカーの雲台から、アルカスイス互換シューを拝借して移植。

DSC00045.JPG

UT-43Qに取り付けて完成。思いつきで強引に交換してみたが、収まりがよく携行性も犠牲になっていない。簡易ながら水準器まで使えるようになって大満足。

DSC00046.JPG

B01MUZMHOF
TRIPLE TREE
自由雲台 クイックシュー付き
価格:¥ 2,399
(2019年11月現在)
評価:5つ星のうち4.1 4.1

Amazonで見る

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

過去ログ