エントリー

タグ「ヘルメット」の検索結果は以下のとおりです。

NOLAN X-LITE 2020

NOLAN/X-LITEの2020年モデルが本国でリリース。来年もX-803のままモデルチェンジは無く、3年連続の継続販売となる模様。ただし、従来のコンポジットファイバー版は大幅に縮小され、レプリカはデイビスモデルのみ(在庫調整?)となった。

大半がカーボンモデルとなり、D.ペトルッチと待望のA.リンスがカタログの主役。ペトルッチはウインターテストカラーもラインナップされており、両者のレプリカは、N87やN60でも展開されている。また、来季からMoto2に昇格するA.カネットが初登場。あとは、定番のストーナー、チェカ、デイビス(新色)といったところ。

191101.jpg 

予想どおりではあったが、引退のメランドリはカタログ落ち。キャミアも消滅。Moto2で躍進のR.ガードナーは見送られ、かなりライダーを絞ってきた印象。(そんな中、何故かN60にだけM.R.リナルディのモデルが出ていたりする。)

そして、なんと言っても2020年モデルの目玉はX-803"RS"。契約ライダーが使用しているものと同じ、レーシングスペックのスポイラー付き(+スモークバイザー同梱)。設定価格の差を考えれば、迷わずこちらが本命だろう。

191101a.jpg

プロシェード②

プロシェードのロングミラーバイザー(スモーク/レッド)が届いたので取り付け。

その前にシールドの方をPSノンバイザーシールドのクリアーから標準シールドのライトスモークと入れ替える。というのも、普段からプロシェードシステムのまま運用するつもりで、ミラーバイザーだけを必要に応じて付け外しするという使い方を想定。SZ-RAM4で慣れたライトスモークは夜間でも問題なく使用できるので、こちらを常時使用したい。

付け替えは簡単。ピボットとブローシャッターをPSノンバイザーシールドから外し、標準シールドに取付け。穴あけなどは必要なくポン付けできた。

続いてプロシェードの取り付け。ピポットのカバーを外して、ツメと穴の位置を合わせて嵌め込み、カバーを戻すだけ。慣れれば数秒で付け外し可能。

DSC00335.jpg

DSC00337.jpg

ライトスモーク+ミラーバイザーが暗過ぎないか気がかりだったが、日中の視認性は良く、少し青みがかった感じ。夕暮れ辺りまで問題なく使用できた。

B07DL3YN8W
アライ(Arai)
VAS-Z プロシェードロングバイザー ミラー(スモーク/レッド) 
価格:¥ 6,164
(2019年11月現在)


Amazonで見る

プロシェード①

VZ-RAMにプロシェードを付けようと部品を調達。アームと呼ばれるシールドのサイドカバー部分が専用形状となるため別途購入。グラフィックパターンの販売が無く、スモークを選んだ。

早速取り付けてみたものの、折角のグラフィックが隠れてしまって残念な感じ。

DSC00324.JPG

無いなら作ってみよう!ということで工作開始。まずは、アームのサイズが知りたいので、マスキングテープで覆ってカット。

DSC00236.JPG

それをコピー用紙に貼り付けて、定規と一緒にスキャン。このサイズを基準にステッカーを作る。

DSC00238.jpg

ステッカー化のザックリとした手順は以下の通り。
ノーマルのアームをヘルメットに付け、それをデジカメで撮影→フォトショップで光の反射や影を除去したり、色や歪みを補正→サイズを調整してステッカーシートにプリントアウト→保護フィルムを貼ってプロッターで切り出す→完成。

DSC00240.JPG

あとは位置を合わせ、ドライヤーで温めながら貼り、はみ出した部分をカット。ステッカーは強力に貼り付いており、剥がれる気配なし。イメージ通りの仕上がりに満足。

DSC00333.jpg

B07BQY5VB5
アライ(Arai)
VAS-Z プロシェードアーム スモーク 042232
価格:¥ 880
(2019年11月現在)


Amazonで見る

B017N46RAC
エーワン(A-one)
手作りステッカーA4 ノーカット 29429
価格:¥ 1,146
(2019年11月現在)
評価:5つ星のうち3.7 3.7

Amazonで見る

クレードル追加

Arai VZ-RAM用にCardoを装備。

通常、複数のヘルメットで共用する場合、オーディオ/マイクキット(税別9,000円※10,500円に値上)を買うのが一般的だが、このキットのスピーカーはJBLではない。かといってパーツをバラバラで揃えるとコスパが悪い。どうしたものかと考え、Cardoのパッケージに付属するアームマイクが余っていることを思い出した。

ということで、新たに購入したのはリペア用クレードル(税別2,500円※3,500円に値上)と、リペア用40mmJBLスピーカー(税別 7,000円)のみ。JBLスピーカーには45mm(税別12,500円)も出ているが、こちらは旧モデルをアップグレードするためのアクティベーションコードが付いている。更に音が良くなるということで興味津々だったが、イヤーホールに収まるか不安だったし、今回はコストを優先することにした。

フルフェイスに比べると隙間に余裕が無く、配線の収納スペースが限られるため難易度高め。それでも何とか納得できる形で装着することが出来た。

DSC00318.JPG

Arai VZ-RAM ORIENTAL 2

SZ-RAM4 SAKATAを購入してから丸三年が経過。日々スクーターで使うため、これまで所有したヘルメットの中でも群を抜いて使用頻度が高く、ヘタりや色あせが目立ってきた。安全面も考慮すると、そろそろ買い替え時期。

丁度、冬用グローブの後継品を検討していたり、防風インナージャケットの試着もしたかったので、とりあえず隣県の用品店へ行ってみて、出たとこ勝負。

まずは、目星を付けていたグローブを片っ端から試着したが、どれも決め手を欠いて保留。防風インナーの方は思っていた感じと違ったので見送り決定。使用頻度を考えると、ヘルメットから買い換えるのが正解か?と考え、VZ-RAMに決めた!!!

購入したのはORIENTAL2。左右で印象が全く異なる、奇抜で突き抜けたデザインが刺さった。カタログより実物の方が良く見えるパターン。

DSC00313.JPG

DSC00314.JPG

DSC00315.JPG

DSC00316.JPG

頭頂部のベンチレーションがRX-7Xと同様のものになっていたり、バイザーロックが見直され、初見でも簡単に開閉できるようになっていたりと確実に進化。そのバイザーは脱着機構も見直され、よりスムーズな取り替えが可能になっていた。

一方、インカムは工夫すれば何とか付くレベル。安全最優先は分かるが、レース用のRX-7Xですら、最初からインカムの取り付けを想定した内装になっているので、日常用のオープンフェイスなら尚更対応して然るべき。この辺は他メーカーの方が進んでいるので、もう少し頑張ってほしかった。

B07MCWJ5RS
アライ(Arai)
VZ-RAM オリエンタル2 ORIENTAL2
価格:¥ 49,890
(2019年11月現在)
評価:5つ星のうち5.0 5.0

Amazonで見る

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ