エントリー

タグ「ソロツー」の検索結果は以下のとおりです。

実戦投入

IMG_0347.jpg

朝からソロツーリング。コーティングは乾いたと見てカルドを装着。Newヘルメットで初走行してきた。

桜ソロツー2020

C125からStreet Tripleに乗り換え、毎年行っている峠へ。満開。

DSC00365-2.jpg

DSC00393-2.jpg

DSC00418-2.jpg

DSC00370.jpg

弾丸ソロツー

予報に反してバイク日和となったので、急遽思い立ってクシタニ岡山までソロツーリング。本日の目的は3つ。

まずは、ジャケットのカスタマイズ依頼。ずっと気になっていた箇所の仕様変更をお願いしてきた。単純なことだが、これで使い勝手が良くなるはず。詳しくは戻ってきてから改めて。

続いて、数年がかりでようやく溜まったCBMのスタンプカードをマグカップに交換。最近はキーホルダーも選べるようになっているが、この赤いマグカップが欲しかった。そして、ここ数年ヘビロテ中のニットキャップを追加購入(通算3枚目)。昨年Ver.のワインレッド。

DSC00307.JPG

移転準備でバックヤードを整理していたら出てきたという、古いロゴの袋に入れてもらった。10年以上前の品だそうだ。貴重!

DSC00309a.JPG

ゴーゴーカレーに寄って帰路についたがトラブル発生。高速走行中にクラッチペダルの表面がどうも滑る・・・与島PAに寄ってチェックすると、アンダーカウルにオイルが付着しており、これが走行風で靴底に飛んだものと思われる。

近々長い距離を乗る予定があり、どうにも気持ちが悪いので急遽ディーラーに寄ってみることに。慎重に走行し18:45分ごろ到着。閉店15分前ではあったが快く対応頂き、すぐさま点検してもらった。

結果はドライブスプロケットから飛んだチェーンオイルがエンジン付近に貯まり、熱で溶けて流れ出た可能性が高いとのこと。昨年11月にチェーンメンテを行い、距離こそ乗っていたが、その間、高速走行していなかったり、最近使い始めたセミウエットルブの癖を掴めてなかったり、指摘されると思い当たる節が多々ある。

とにかく、原因がはっきりして一安心。飛び込みで、こちら側の問題だったにも関わらず、丁寧に対応をしてもらって非常に助かった。定期点検や車検など、今後も末永くお世話になりたい。

200213.jpg

本日の走行距離:261km

装備○:レイジャケット+インサレーションコットンシャツ

増税寸前ソロツー

予約していた秋冬ジャケットの回収に針テラスまで行ってきた。金曜の段階では大雨の予報で、見送りの構えだったが、土曜の夜の予報で「一時雨」に変化したのを見計らって決断。一応、念を入れてジャケットはGORE-TEX。エクスプローラージーンズとアウトドライグローブで雨対策を万全にして出発。

徳島市内に入ると路面こそ濡れていたが雨は降らず、AM5:30のフェリーに乗って和歌山へ。到着する頃には晴れ間も見えて気温が上昇。京奈和道を北上し、ナビの指示する通りに進むと、見知らぬ峠道へ出た。いつもと違うルートに戸惑いつつも予定通りのAM10:00に到着。

早速、カフェで朝食。

DSC00207.JPG

予約していたK-2685T ウインターウィルジャケットと、5月にリミテッドでオーダーをかけていたK-3578ZLD 2ウェイレッグバッグII LDを購入。ジャケットは入荷連絡をもらっていたが、レッグバッグは本店のブログから入荷日を察知。読みが当たって無事増税前に最後の買い物が出来た。ベンチで一服して出発。

DSC00213.JPG

帰りは陸路。京橋まで一気に走って長めの休憩。

DSC00214.JPG

淡路島で停まったのは緑PAのみ。上りPAから大音量で延々とループ再生される「淡路島たまねぎのうた」が耳に残る。

PM4:00前に帰宅。結局雨は一滴も降らず、装備が完全に裏目。気温が高く、体力を奪われた。

本日の走行距離:359km

RX0IIテストソロツー

大型連休も終わり、道も空いているだろうと隣県を往復。快晴の中、峠道を流してきた。

今回はRX0IIのテストが目的。起動が速く、レンズカバーも無いので、ポケットから出して数秒でシャッターが切れる手軽さは、旅のメモ用カメラとして最適。

DSC00027.JPG

帰りはハンドルにマウントして動画撮影。4K/30fpsで撮った動画は鮮明で、切り出した静止画が実用に耐えうる。電子ブレ補正がONの状態でも画角は十分広い。

但し、iPadやiPhoneへ取り込み、専用アプリで追加ブレ補正を掛けた場合、画角は狭くなる。また、ハンドルから伝わる微振動とは相性が良くないようで、ヘルメットや体にマウントしたほうが、よりスムーズな映像になると思われる。

それから、バッテリーの減りが速いので、給電しながらの撮影か、予備の電池と充電器が必須になるだろう。

普段は写真中心、稀に動画という使い方にはピッタリ嵌まるカメラということで、当初の目論見通りだった。

B07Q6CVCGT
ソニー(SONY)
Cyber-shot DSC-RX0M2
価格:¥ 80,101
(2019年11月現在)
評価:5つ星のうち3.9 3.9

Amazonで見る

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

過去ログ