エントリー

タグ「スバルR2」の検索結果は以下のとおりです。

IMG_0490.JPG

Vitzの代替車として3年前に中古で購入したR2。近所へのお買い物号として使ったので、我が家での総走行距離は、僅か7,500km。車検がもう一年残っているが、初度登録から14年経過しており、自動車税が重課となっていることから、新年度を前に手放すことにした。

今後はNAVI110がその役割を引き継ぐ。

明日の午後から雨予報だが、黄砂や花粉が堆積して見るに堪えない状態だったので、運動がてら洗車することに。しっかりとワックスがけまで行った。

IMG_8663.JPG

ついでにR2も洗った。

IMG_8664.JPG

IMG_7066.JPG

パイオニアDEH-480の展示品を処分価格にてGETした。USB端子付きでiPhoneとの接続が可能な1DINオーディオ。

今回は変換ハーネスを使ったので配線の加工は無し。20分程度で取り付けできた。

-----

本日R2を引き取ってきた。運転席の狭さや出足のもっさり感は昔の軽自動車そのものだが、意外としっかり走る。下級グレードながら4気筒+CVTでスムーズに加速。スバル伝統の四輪独立懸架サスと、高いボディ剛性のおかげで変なフワフワ感も無く、日常の足としては十分過ぎる性能に思えた。

IMG_7063.JPG

帰るなり、Vitzから外しておいたETCを取り付けた。後から位置を変更できるよう、穴あけ加工はせず、助手席前小物置き場の上に本体を設置。アンテナは運転席側のAピラーから天井を通して、フロントガラスの中央上部に。アクセサリー電源はオーディオ裏から分岐。アースはキッキングカバー内のボルトに共締め。一両日中にカー用品店で再セットアップをお願いしよう。

あと、スペアキーのリモコンドアロックが効かず、どうせ電池切れだろうとキーを分解してみたら、プジョーで使っているのと同型のボタン電池(CR1620)が入っていた。これなら買い置きがあったはず!と交換したが全く反応しない・・・。ひょっとして再登録が必要か?と思って調べてみたら、以下の手順で出来るとのことで即実行。

・キーをイグニッションに3回抜き差しする
・ドア側にあるボタンでドアロック→解除を2回行う
・10秒以内に運転席のドアを開閉する
・ドア側の解除ボタンを押したまま、リモコンキーの解除ボタンを2回押す
・ドア側の解除ボタンは離さず、2本目のキーの解除ボタンを2回押す
(※リセットされてしまうので、持っているキーは同じタイミングで全て登録し直す必要があり、最大で3本まで登録できる。)

これで問題なく動くようになった。ゲームの裏技のようで、成功するとちょっと嬉しい。

10451505_200404.jpg

丸々2日かけて中古車販売店巡り。乗りつぶし前提の格安車に絞ってサーチ。片っ端から実車をチェックしていった。待ったところでヴィッツのエンジン警告灯が消えるでもなく、車検の期日は刻一刻と迫ってくるので即決。

型は古いが年式の割に内外装の状態が良くて低走行な一台。車種自体が絶版となっており、後継が出ない分、鮮度が長続きするのでは?と期待。なかなか面白い選択ができたと思う。

ヴィッツは実働15年で22万5千kmを走破。大きな故障もなくタフな車だった。

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2


ユーティリティ

calendar

082019/0910
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

archive


ACCESS





AD