エントリー

タグ「クシタニ」の検索結果は以下のとおりです。

DSC00114.JPG

この夏の秘密兵器、メッシュベストを購入。硬めで目の荒いメッシュ生地は、厚さが4~5mmあり、シャツとジャケットの間に風の逃げ道を作ってくれる。

本来、クシタニのレザージャケットと連結して使うものだが、一般的なテキスタイルジャケットと組み合わせて使うこともできる。特にアメニタジャケットなど、防水生地でベンチレーション機構が付いているモデルに使うのが効果的だろう。

-----

久々の長距離ドライブで静岡まで行ってきた。夜10時過ぎに出発し、淡路SAと鈴鹿PAで休憩。浜松SAで仮眠。翌朝の10時過ぎにNEOPASA清水に到着した。

今回の目的は、元MOTO NAVI編集長の河西啓介氏と、モータージャーナリストYou TuberのREI氏が主催するオンライサロン”バイク部”初のオフ会に参加するため。70人超が各地から集まり、中には大分や島根、広島からバイクで!というツワモノも居た。

DSC00012.jpg

クシタニパフォーマンスストア清水店では、昨年末から狙っていたスニーカー(AK-SNK01)を購入。

DSC00016.JPG

昼食はクシタニカフェのホットドッグ。午後3時頃までゆっくり過ごした。

DSC00015.JPG

帰りは休憩を多めに設定。静岡SAで給油し、掛川PAと浜松SAに停車。鈴鹿PAで夕食の予定だったが、ピークの時間帯に重なってフードコートが満杯。結局、コンビニでパンだけ買って西宮名塩SAにて遅めの食事。夜11時半に帰宅。

約25時間で丁度1000kmを走ったことになるが、前に407で浜松まで行ったときより疲労感は少ない。燃費も17km/Lに迫る数値を記録した。

IMG_0163_1.jpg

着心地が良く、動きやすい薄手のパーカーを購入。

防風機能は無く、ポロシャツやTシャツと同じ”普段着”のカテゴリで販売されている商品ではあるが、ジャケットのインナーとしても活用できるように、フード裏に消臭テープが装備されている。

前面にベンチレーションホール。背面にリフレクトプリント。ポケットのファスナーも便利。カラーは同色系プリントが施されたライトグレーを選んだ。

-----

KUSHITANI クシタニ/レブロフーディー

昨年までエドウィンとのコラボモデルだったが、今年はオリジナル設計。見た目は普通のジーンズながら、ライディング用の小技が随所に効いている。

HVWP6480.JPG

耐摩耗性に優れたコーデュラを織り込みつつ、ストレッチが効いて動きやすいのは従来どおり。臀部が2重生地で強化されているところも基本的に同じ。新たに加わったのが、内股のレザーパッチ。エクスプローラージーンズで使われている革が用いられ、シートに対して滑り止めの効果があるそうだ。

膝パッドの収納袋にも改良が見られ、ここもEXPジーンズの裏地ようなメッシュ素材が採用されている。履くときに引っかける心配が無くなっただけでなく、通気性や履き心地が向上した。

TGZO2824.JPG

また、各ポケットは立体裁断が施され、物を入れても突っ張らず、右腰にはカギ等を引っ掛けられるループまで装備されている。

VKUM6311.JPG

最も特徴的なのが、両腿横のエアインテーク。ファスナー開閉式で、走行風を取り入れることができる。

QQGM7424.JPG

ここまで改良、多機能化され、MADE IN JAPANに戻ったにもかかわらず、価格は従来品+500円に抑えられている。

-----

AM6:30集合。朝一のフェリーはバイク満載。道中も多くのバイクを見かけた。

IMG_0966.JPG

快晴の中、ブルーラインで日生へ。ほぼ計画通りの時間に「お好み焼き ほり」に到着すると、運良くお店の駐車場に停めることができた。 店前で40分ほど待って店内に案内され、席について間もなくカキオコが運ばれてきた。事前にオーダーを取ってくれるので提供が早い。

念願のカキオコは、肉厚の牡蠣がタップリで大満足。これにてリベンジ達成。

IMG_0969.JPG

食後は赤穂城跡へ移動。到着と同時に小雨。時折空が明るくなっていたし、予報に無かったのですぐに止むと思っていたら、その後も降ったりやんだり。

IMG_0971.JPG

宇野港を目指して出発したが雨は弱まらず、黒井山グリーンパークに入って休憩。フェリーを一本遅らせる決断をして、土産物を購入するなどして過ごした。

ようやく空模様が落ち着いて再出発。夕食は「えびめしや」を考えていたが、到着してみるとClosedの表示が・・・仕方なく近くのびっくりドンキーへ移動。

食後、急に思いついて、自分だけ別行動を取ってクシタニへ。デニムを試着して購入。裾上げをお願いし、急いで追いかけた。

無事に追いついてフェリー乗り場へ着くと、まさに乗船中。行きに往復チケットを取っていたのが幸いし、スムーズに乗り込むことができた。高松からは高速道路を使い、津田の松原SAに寄って解散。雨に翻弄されたバイク部らしい一日となった。皆様お疲れ様でした。

走行距離:271km

装備(最低気温3度/晴のち雨):レギュレータージャケット+WSベスト、ボードLS、ワークマンインナー、ザイロンジーンズ、アウトドライレザーグローブ

ページ移動



ユーティリティ

calendar

082019/0910
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

archive


ACCESS





AD