エントリー

タグ「カーオーディオ」の検索結果は以下のとおりです。

カクタスのミラーリングシステムを活用し、地デジチューナーを追加してみた。

まずは、フィルムアンテナをフロントガラス上部に貼り、左右のAピラー内を通してセンターコンソールへ。電源はミラーリングシステム用にシガーソケット裏から分岐した配線に接続。リモコン受信部はモニター裏の目立たない場所。

IMG_0172.JPG

ケーブルを運転席下に設置したチューナー本体へ接続して動作確認。

IMG_0171.JPG

続いて、ミラーリング及びFire TVが併用できるよう、HDMIセレクターを設置する。入力1に地デジチューナー、入力2にFire TV Stickを繋げ、ミラーリングシステムへ出力。バスパワーで駆動するため電源配線は無し。リモコンを運転席側小物入れ側壁へマジックテープで貼り付けて、受光部も同じ場所へ。

IMG_0170.JPG

Fire TV Stickはグローブボックスに移動し、マグネット式のUSBケーブルを採用。使用時以外は外しておくことにした。

IMG_0176.JPG

最後にケーブルを整理、収納して完成。

IMG_0177.JPG

今回採用したチューナーはビートソニックHFT2A。ミラーリングシステムのHDMI入力が720p固定ということで、対応が明記されていたのが決め手。1万円前後で買える安い中華チューナーは、仕様が不明だったり、1080p固定だったりするので注意が必要。

ちなみにリモコンはボタンが多くて操作性がイマイチだったので、学習リモコンを使って効率化した。Fire TVのリモコンと並べて小物入れに収納。

IMG_0247a.JPG

-----

カクタスのミラーリングシステムにFire TV Stickを繋いでみた。電源はユニットの+5V OUTから出ているmicroUSB。あとはHDMI端子にFire TVを直挿しするだけ。

IMG_0040a.JPG

先日購入したLTEドングルにWifi接続し、早速テレビストリーミング。Fire TVにインストールしたSlingplayerアプリを使えば、低画質でも色抜けせずスムーズに視聴できた。

IMG_0037.JPG

Android(7.0)とのミラーリングは、LTEドングル無しでもOK。録画したビデオを再生したり、オフライン対応のナビを使う場合は、パケットを気にしなくて済む。
一方、iPhone(iOS11)は、自宅無線LAN圏であればAirReceiverで繋がるが、互いにLTEドングルへ接続するとダメ。 iPhone(iOS11)も同一LANに接続している場合に限って、とりあえずOK。→参照

初期手順が簡素化され、音声入力付きリモコンまで使えて非常に便利になった。iOS対応が「1月予定」などと寝言を言っているQ-CASTはお払い箱。(※2017年11月にiOS11対応とのこと。)

-----

開発中動画を見てから気になっていたミラーリングインターフェイス。開発元から「とりあえず5台限定で発売」とアナウンスがあったので、早速電話をかけて注文した。

IMG_9906.JPG

まずはシフトボタン周辺をバラして配線分岐。ACCとGNDはシガーソケット裏から。リバースは、念のためテスターで確認して、シフトボタンのハーネスから取った。

次にモニター裏のLVDSケーブルに割り込む形でケーブルを差替え。モード切り替えスイッチもモニタ裏中央へ配置した。

IMG_9907.JPG

MVIユニットはセンターコンソール内に収納。面ファスナーを貼ってカーペットに固定している。

IMG_9908.JPG

続いて、グローブボックスのAUX端子周辺を外し、シート下からここまでケーブルを引っ張ってくる。HDMI端子も同様に引き込もうとしたら、ケーブルの長さが足りず断念。Q-CASTはセンターコンソールの助手席側サイドパネル裏に貼り付けることにした。

IMG_9909.JPG

全てのケーブルを助手席シート下へ集めて整理。AV/RGBユニットに繋げて作業完了。少々工程が多いので時間を要するが、少しずつ丁寧に作業すれば大丈夫。

IMG_9940.JPG

◎ Google Map
RIMG17080001.JPG

◎ Slingplayer
RIMG17080006.JPG

※iPhone7 (iOS 10.3.3)使用。

ちなみに、リバースギアに入れると自動的にバックカメラに切り替わり、モード切り替えスイッチを押せば、エアコンや燃費計といった通常の画面に切り替わる。

KENWOOD U585BTを1年使ってきたが、購入当初よりBluetooth関連で不具合(再接続時に音が出ず、デッキの再起動が必要になる。)が出ていた。そのうちファームウエアアップデートで対策されるだろうと思ったが、1年以上放置され、一向に更新される気配がないので、乗り換えることにした。

現在、日本語表示対応でBluetooth連携できる1DINデッキはPIONEERのDEH-970とDEH-7100のみ。ファームウエアの公開そのものがないメーカーということで、ここは、販売実績がある機種の方が安心だろうとDEH-970に決定。出荷時、密かにファクトリーアップデートされているらしいので、常に在庫が回っていそうなAmazonにて購入。

車両側のハーネスは前回ギボシ加工済みで、今回は差し替えるだけ。通話用のマイクだけは流用できるかと思ったら、端子が違ったので引き直した。更にIPバスの変換器も追加。DEH-970は背面にAUX端子を持っており、RCAで繋ぐとナビ/テレビの音が車両側のスピーカーから出力されるようになる。

IMG_7109.JPG

音に関してはこだわらないので、何となく"それなり"に設定してまあ満足。画面は旧デッキより高解像度で情報量が多いし、画面が反射して見づらかった件も解消した。Bluetoothの掴みは速いが音楽のタグ表示は無し。あとは、ラジオの感度が若干落ちた感じ。操作性は少し慣れれば問題なさそう。

USBはBUFFALOの卓上用USBケーブルを使ってセンターコンソール内に一箇所。ここには主にUSBメモリーを刺して使うつもり。

IMG_7107.JPG

もう一箇所はカーマウントに置いたiPhone専用。センターパネルやシフト横も試したが、ケーブルが灰皿(テレビリモコンを収納)の開閉やエアコンボタン操作の邪魔になるので却下。試行錯誤の末、ハンドル左奥にマグネット付きUSBケーブルを出すことにした。

-----

IMG_7066.JPG

パイオニアDEH-480の展示品を処分価格にてGETした。USB端子付きでiPhoneとの接続が可能な1DINオーディオ。

今回は変換ハーネスを使ったので配線の加工は無し。20分程度で取り付けできた。

-----

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3


ユーティリティ

calendar

082019/0910
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

archive


ACCESS





AD