エントリー

タグ「インディゴソックス」の検索結果は以下のとおりです。

独立リーグGCS 2019

勝った方が2019年の独立リーグ日本一となる大一番を観に行ってきた。

ルートインBCリーグ優勝「栃木ゴールデンブレーブス」を迎え撃つのは、四国IL優勝「徳島インディゴソックス」。ここまでの対戦成績は2勝2敗。4戦全て2点差以内(延長戦2試合)という互角の内容。

18:00のプレイボールに若干遅れて入場すると、既に一死満塁の大ピンチを迎えていた。この場面で、元ヤクルトの飯原誉士がセンターへ犠牲フライを打ち上げ、栃木がアッサリ先制。直後にダブルスチールを決められてピンチが続くと、6番の原田元気に甘く入ったストレートを左中間へ運ばれ二者生還。初回から重い3点が入った。

負けられない徳島は、先発の安藝を諦め、ここでなんと!エース竹内裕太を投入。竹内は2日前に先発し、7回125球を投げて勝ち投手になっている。7番 佐藤を見逃し三振に斬って後続を断った。

DSC00198.JPG

徳島はその裏、ヒットと2つの四球で一死満塁。5番 横溝に期待がかかったが、セカンドへボテボテのゴロ。何とか併殺は免れて1点を返した。

そして2回裏、崎ブライアンと友居の連続二塁打で1点差に詰め寄ると、5回裏は一死一三塁から、またも横溝がボテボテのセカンドゴロを打って同点。続く6番 吉田翼が前進守備のレフト頭上へ鋭い打球。一瞬追いつかれたかと思ったが、これがレフトオーバーのタイムリーツーベースとなって勝ち越し。

栃木のレフトは元阪神の西岡剛。この日は攻守に精彩を欠き、走塁死や落球もあった。

DSC00221.JPG

試合は竹内が無失点のまま最後まで投げ切って、ついに歓喜の瞬間。

DSC00251.jpg

DSC00252.jpg

牧野塁監督は就任1年目で日本一。

DSC00283.JPG

DSC00309.JPG

DSC00310.jpg

マニー・ラミレス

高知FDとの契約が7月で終了するため、前期終了の5月末までのプレーということになる。となれば、徳島の球場でプレーが見られるのは今日と明日が最後。一度は見ておこうということで、蔵本まで行ってきた。

開場時、打撃練習は終了しており、シートノックにも姿がない。ホントに来てるのか?と思っていたら、グランド整備が始まる頃、ベンチに姿を現した。4番DHで先発出場。

DSC04398.JPG

今日は両軍監督の真剣勝負で幕開け。打者 駒田徳広vs投手 養父鉄は、レフト前ヒットで駒田に軍配。

DSC04417.JPG

ラミレスの第一打席は二回表。高めの球を振り抜くと、打球は高い放物線を描いて右中間スタンドの奥へ突き刺さった。早々に肉離れで登録抹消され、10試合程度の出場に留まっていることもあって、これが移籍後初ホーマーとのこと。

DSC04467.JPG

その後の三打席は、好守に阻まれるなどしてヒットは出なかったが、本日終了時点の成績は.432(37-16) 7打点と、そこそこ打っている。

さて試合は、先制を許した直後の二回裏に徳島が満塁のチャンスを作り、押出し→犠飛→タイムリーで逆転。六回表、高知がアンダーソンのタイムリーで1点差まで追い上げるが、徳島が細かく継投。

4番手で投げたカブラルはユニフォームの製作が間に合わず、監督の77番を背負って登場。最後は「出戻り二刀流」ことジェフンが三者三振斬り。引き分けを挟んで六連勝。

DSC04529.JPG

■ 5/10 徳島IS vs 高知FD

独立リーググランドチャンピオンシップ第一戦

夕方5時頃、突然思いついてJAバンク徳島スタジアムへ。試合開始前ギリギリ間に合った。

覇権を争う群馬ダイヤモンドペガサスは、BCリーグ三冠王(打率.396 33HR 87打点)で、元オリックスのカラバイヨを中心とした強打のチーム。アレックス・ラミレスも所属しているが、9月に緊急帰国しており、帯同していない。(出場選手登録はされている。)

試合は、序盤不安定だった相手先発の堤を攻めて、4番大谷がレフト前タイムリー。外野手がボールを弾く間にセカンドランナーも生還。幸先良く2点を先制した。
続く2回もランナーを貯めて二死満塁のチャンス。ここで、またも大谷がライト前へタイムリー。セカンドランナーは本塁憤死で1点止まり。

DSC02884.JPG

徳島インディゴソックスの先発入野も序盤から不安定。再三ランナーを貯めながら何とか凌いだ。そして迎えた7回表、無死二,三塁から、カラバイヨの内野安打で1失点。尚もピンチが続いたが、リリーフの山本が快投。見事後続を斬って逃げ切った。

DSC02970.JPG

両先発が四死球を連発し、試合が長くなりそうだったが、共にリリーフが良く、終盤はテンポが良かった。

DSC02997.JPG

DSC02979.JPG

徳島は上位打線が足でかき回し、中軸で返すパターンが決まったのと、カラバイヨにまともな仕事をさせなかったことが勝因だろう。球審のストライクゾーンにも助けられた。

グランドチャンピオンシップは、明日行われる予定の第2戦までが四国開催。来週から前橋に移動し、全5戦の3戦先勝で行われる。

DSC02919.JPG

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ