エントリー

スタンプラリー (神山~なかがわ+第九の里)

D9#1氏と12:30頃に集合。まずは「煮干ラーメン 天性」で腹ごしらえをして出発。

(26km)-「温泉の里神山」-(38km)-「ひなの里かつうら」-(18km)-「公方の郷なかがわ」と、予定通りの3箇所をクリア。比較的回りにくい内陸部を攻略できた。ちなみに、徳島県内で「〇〇のさと〇〇」という道の駅は、この日回った3箇所だけ。偶然。

道路に疎い地域ということでナビアプリに頼りきり。後からログを見ると、距離ロスが目立つ軌跡となっていた。

191113.jpg

本日の走行距離:136km

装備:△EXPアメニタジャケット+ボードLS(夕方~寒い)

更に翌日、買い物がてら足を伸ばして「第九の里」でスタンプを押してきた。

新たに訪れた道の駅:4駅

これまでに訪れた道の駅:19駅 (全87駅中)

DSC00265.JPG

ANKER PowerCore 10000 PD Redux

モバイルバッテリー買い替えに際して考えたのが容量と重量のバランス。E5は16,000mAhの大容量ではあったが、使い切ることが稀だったし、フル充電まで時間がかかるのもマイナスポイント。そもそも、重いので持ち出すこと自体が減っていった。総合すると、10,000mAh辺りがベストという結論に至り、Amazonタイムセールで10000PD Reduxを購入した。

一昔前の5,000mAhクラスより小さいのではないか?と思うほどコンパクトで、iPhone11と並べると、その小ささが際立つ。

DSC00262-2.jpg

出力はUSB-Aから最大12W、USB-Cから最大18W(同時出力の場合は合計で18W)の高速充電。一方で低電流モードも搭載しており、古いBluetoothイヤホンやワイヤレスマウスを繋いでも途切れること無く充電できるようだ。

本体への給電はUSB-C端子が兼ねる。PD対応の急速充電器があれば、3.5時間ほどでフル充電できるということで、対応品のAnker PowerPort I PDも一緒に購入してみた。

B07PXMF52C
Anker
PowerCore 10000 PD Redux
価格:¥ 4,299
(2019年11月現在)
評価:5つ星のうち4.4 4.4

Amazonで見る
B0721H7J64
Anker
PowerPort I PD - 1 PD & 4 PowerIQ
価格:¥ 3,599
(2019年11月現在)
評価:5つ星のうち4.3 4.3

Amazonで見る

ANKER Soundcore Icon Mini

少し前にANKERが「モバイルバッテリー買い替えキャンペーン」を実施しており、5年前に購入したAstro E5を送って1000ptに替えてもらった。モバイルバッテリーは処分が面倒くさいので、こういう取り組みはありがたい。

当然、ポイントを貰って、新しいモバイルバッテリーを注文したのだが、これが欠品中で自動的にキャンセル。同時に注文していたモバイルスピーカーのみが送られてきた。モバイルバッテリーの方は、またじっくり検討するとして、早速スピーカーを開封。

DSC00260.JPG

Soundcore Icon Miniは、IP67の防水防塵仕様で最大8時間使用できる、手のひらサイズのモバイルスピーカー。iPhoneとペアリングして音楽を再生してみると、見かけによらず低音がしっかり。上位機種のSoundCore Sportと迷ったが、こちらで十分だった。

もう一つ同じものを用意すれば、連携してステレオスピーカー化することも出来るらしい。

B07LCFFW35
Anker
Soundcore Icon Mini
価格:¥ 2,599
(2019年11月現在)
評価:5つ星のうち4.2 4.2

Amazonで見る

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

過去ログ