エントリー

ジャケットカスタマイズ

GORE-TEXジャケットと、エクスパンドアメニタジャケットの仕様変更が仕上がってきた。

といっても、大げさなものではなく、袖の絞りに使われている樹脂のベルクロタブの粘着力が落ち、ちょっと引っ掛けたり、走行風を受けただけで簡単に剥がれてしまうようになってしまったため、プロショップにカスタマイズをお願いしていた。

当初は旧来の布タイプへの変更を希望していたが、袖口を作り変える必要があり、費用がそこそこかかるとのこと。その代わり、粘着力の高い新型の樹脂タブが存在するらしく、そちらはどうか?という提案。少し迷ったが、新型でも駄目なら、その時に考えれば良いと考えて了承した。

粘着力が落ちた樹脂タブは、2015年辺りから採用したモデルが出始めたと記憶している。通常のベルクロに比べて衣服への攻撃性が低かったり、ゴミを拾いにくかったり、水に強いという利点があり、クシタニに限らず、他ブランドでも似たものを採用しているジャケットを多く見かけた。但し、どうしても布タイプに比べて粘着力が弱く、経年により柔軟性が落ちてしまったりという欠点があってか、採用率が下がっている印象。

今回交換してもらった新型のタブは、突起が小さくなって密集しており、粘着力が格段に上がっている。タブ自体も柔らかくなっており、これなら大丈夫そう。

DSC00321.JPG

DSC00322.JPG

C125納車

クシタニに預けていたジャケットの修理が完了。自宅の方に直接送付頂ける旨の連絡があり、14日のリニューアルオープンを待つ理由がなくなった。そうすると、Street Tripleのオイル漏れも早めに直したいし、例の肺炎騒動の状況が悪くならないうちに一気に片付けてしまおうと計画。

まずは、トライアンフ高松に修理入庫。高速に乗らず、4000回転以下に抑えれば、何とか自走可能であることから、漏れ箇所付近にペーパーウエスを突っ込んで慎重に走行。無事預けることができた。

その後、バス~マリンライナー~在来線を乗り継いでバイク店に到着。一通りの丁寧な説明を受け、知識のみで知っていたロータリー式にビビりながら出発。近所のガソリンスタンドで満タン給油し、ミラーに簡易スマホホルダーを装備。モスバーガーで遅めの昼食。

IMG_0140.jpg

帰りは新岡山港からフェリー。宇野~高松が休止となってしまい、岡山から四国への航路は、一旦小豆島(土庄港)を経由する必要がある。フェリー2本、乗り継ぎ時間含めて2時間半。非常にめんどくさい。

新岡山港は初めて利用するが、乗降客が少なく、この便に乗った車両は軽自動車1台と自分だけ。何だか申し訳ない。

IMG_0149.jpg

15時頃に岡山のバイク屋を出て、帰宅したのは21時過ぎ。今日は70km程しか乗ってないが、ロータリー式にはすっかり慣れた。4速のまま停車→ペダルを踏んでニュートラルが非常に便利。一方、ホンダ車あるあるの「ウインカーとホーンの位置が逆」は暫く間違いそう。NAVI110は普通だったのに・・・

200406.jpg

 

ナンバー取得

店舗にバイクが届いたようで、送られてきた販売証明書を手に市役所へナンバーを取りに行ってきた。7年間で3台目の原付登録になるが、仮名は全て「あ」で、未だに3桁の番号。この傾向だと今後100年以上、「あ」で足りる計算になる。

注文していたパーツも一通り揃い、手持ちの余剰部品と一緒に並べてカスタムをイメージ中。あとは納車日を決めるだけ。

DSC00346.JPG

 

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

過去ログ