エントリー

スプロケット交換

シフトダウン時のギクシャク感が気になるので、EN125でも有効だったドライブスプロケットの交換を行った。14丁から15丁に交換する。

まずは、シフトペダルとカバーを外し、スプロケットを止めているプレートのボルトを2本外す。予めギアを3速か4速に入れておくと空転しない。

IMG_0156.jpg

チェーンを緩め、新しいスプロケットに交換。ボルトを締める際は、リヤブレーキを踏んだ状態で行う。なお、15丁以上はガイドプレートの交換が推奨されているためキタコのワイドプレートに交換した。

IMG_0157.jpg

軽くオイルを吹いて、チェーンの張りを調整。元通りに組み付けたら作業完了。

早速近所を一周。全てのギアが使いやすくなり、より自然な乗り心地になった。やはり日本の道路事情には、こちらの方がマッチしている感じ。

B001EQO48S
キタコ(KITACO)
ドライブスプロケット(15T/420) 530-1010215
価格:¥892
(2020年03月現在)
評価:5つ星のうち4.5 4.5

Amazonで見る
B07R721YVD
キタコ(KITACO)
ワイドチェーンガイドプレート 683-1300400
価格:¥1,135
(2020年03月現在)
評価:5つ星のうち3.5 3.5

Amazonで見る

カスタムの続き

まずは、積載量UPのカスタム。定番のベトナムキャリアを装備。グローブやタオルを止めておけるバインダーが便利。

IMG_0150.jpg

リヤキャリアは、大型BOXに対応したものに交換。ひとまずGIVIのベースを取り付けて運用。

DSC00329.JPG

このキャリアは、ヘルメットホルダー用のボルトを通す穴が空いていて、Scramblerで使っていたホルダーを流用した。

DSC00327.JPG

USBはハンドル下のネジ穴を利用し、スペーサーを噛ませて設置。左右2個。

DSC00325.JPG

グリップヒーターのスイッチは暫定的にココ。

DSC00324a.JPG


ENDURANCE
スーパーカブC125 リアキャリア EJ800K0GA1
価格:¥ 19,580
(2020年3月現在)

Yahoo!ショッピング

C125カスタム開始

早速、C125のカスタムをスタート。

ひとまず、ハンドル周りとレッグシールドをバラして作業がしやすい状態に。手順はユーザーの多い車種だけに、調べればすぐに見つかった。やや複雑ながら、組付け方は合理的で、パーツの精度も非常に高い。あと、分解しても中華製やインド製のように手が真っ黒にならなかった。

DSC00317.JPG

バッテリーまでの経路が開けたら、USB電源とグリップヒーターを取り付ける。アクセル側は、キタコのスーパースロットルパイプに交換、一割程度ハイスロになるようだ。

DSC00319.JPG

サービスカプラからACCを取り、USB電源のハーネスと接続。途中でリレーの作動用へ分岐。グリップヒーターは、そのリレーを介してバッテリーから電源を取る形とした。

200308.gif

ハンドル周りにUSBやスイッチを出し、グリップを接着。それぞれの動作確認を済ませて、レッグシールドを戻したところで日没。続きは明日。

B07R5Y7QGG
キタコ(KITACO)
スーパースロットルパイプ 901-1300900
価格:¥ 524
(2020年03月現在)
評価:5つ星のうち5.0 5.0

Amazonで見る

B0822N6QZ3
キタコ(KITACO)
電源取り出しハーネス 756-1310900
価格:¥ 1,022
(2020年03月現在)

Amazonで見る

B011NTFKX8
キジマ(Kijima)
GH08 120mm プッシュスイッチ 304-8203
価格:¥ 5,280
(2020年03月現在)
評価:5つ星のうち4.4 4.4

Amazonで見る

 

 

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

過去ログ