エントリー

シートバッグ安定化

Street Tripleの純正シートバッグは、専用ハーネスを介して、両サイドのファスナーで車体に固定している形。後方二箇所のナスカンで、万が一の脱落を防いではいるものの高速走行時はファスナーにかなり負荷がかかっている様子。ミラーレス一眼やノートPCを入れる事もあり、少々心もとないので、細工を施してみることに。

まずはPPベルトに穴を開け、12mmのハトメをカシメたものを作成。それをリヤシートのロック棒に通す。(予めゴムのスペーサーは取り除いておく。)

IMG_9858b.JPG

シートを車体に装着し、シートバッグを取り付けたら、バッグ前方にあるD環のループにGフックを噛ませてベルトを締め、適度な長さでカット。抜け防止に折り返してリベットを打てば完成。

IMG_9854.JPG

安定感は相当増したようなので、これで暫く様子を見てみる。

B002NAOSJY
SK11(エスケー11)
両面ハトメパンチ 穴径12.0mm
価格:¥ 669
(2019年11月現在)
評価:5つ星のうち3.9 3.9

Amazonで見る
B00E1BUR8O
ITW
NEXUS Gフック ウェブロック
価格:¥ 374
(2019年11月現在)


Amazonで見る

Lexia3

プジョー、シトロエン、DSのOBDコネクターに接続して、診断やECU書き換えを行うLexia3(PP2000)というツールを導入した。

AmazonやAliExpressにて5,6千円程で販売されており、手軽に入手できるのだが、一緒に使用するDiagboxというソフトウエアが曲者。最近のOSでは動作しないようで、急遽、中古のLOOX Uを手配してWindows XPを復活させた。

また、インストール手順も煩雑で時間がかかる。付属していた動画ファイルを見ながら少しづつ確実にアップデートまで完了。カクタスに接続してみると、多少モッサリしているが、無事認識してくれた。

DSC00123.JPG

国内に導入されたカクタスは、一部の設定を変更しただけで欧州(英国)向けの仕様そのまま。ワイパーの動作パターンなど、少し気に入らない部分があるので、じっくり調整していきたい。

とりあえず手始めに、通常オフに設定されているデイランニングライトを点灯させてみた。イグニッションONでポジションLEDが常時点灯。スモールランプの点灯時とは異なり、テールランプは消えたままで、車内のイルミネーションもデイモードのまま。

B075BW3ZQ2
DingDong
PP2000 lexia3
価格:¥ 6,033
(2019年11月現在)


Amazonで見る

チェーンメンテ

DSC00120.JPG

チェーンの定期メンテ。今回は、先のモーターサイクルショーで購入したAZのセミウェット BCL-005を試してみることに。スプレーしてみると、KM-001と大差ないサラサラ感ではあるが、これが1日置いてみてどう変化するか?

ついでに、ベリーパンとヒートガードを外して、下回りの清掃も行った。

B079TM273D
AZ(エーゼット)
BCL-005 チェーンルブ 420ml (CH175)
価格:¥ 508
(2019年11月現在)
評価:5つ星のうち4.1 4.1

Amazonで見る

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

過去ログ